FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

『サニーデイ・サービスの世界』に行ってきた

先日、12月19日。
恵比寿リキッドルームにて、『サニーデイ・サービスの世界』を観てきました。

異例の9人編成で行われた今回のライブ。

自分はサニーデイ・サービスのライブを生で観るのは初めてだった。
会場は、サニーデイを再結成以前から追いかけ続けているであろう人達で溢れ返っていた。自分は未成年の新参者だ。

世代的に、周りにサニーデイを知ってる人はほとんど居ない。
そんな中で、そこにいる人全員がサニーデイを愛しているという空間に居ること自体がとても心地よかった。


工場地帯からやって来たようなオジサン達が舞台上に現れる。

ライブは「愛と笑いの夜」で幕を開けた。
「愛と笑いが溢れるそんな夜 きみが恋するこんな夜」と静かに歌う曽我部さんの姿が暗闇の中ほのかに照らされる。

続けざまに披露されたのは、同アルバムの「愛と笑いの夜」の1曲目、「忘れてしまおう」。
1番終わり、一拍空いてギターストロークが鳴り響く場面で、いっせいにオーディエンスがリズムに乗り始める姿が印象的だった。

リズムボックスのビートが鳴り響くと、1stアルバム「若者たち」から「約束」が演奏された。意外な選曲に驚いた。
「さよなら!街の恋人たち」でオーディエンスが早くも最高潮に達すると、再び「愛と笑いの夜」から「知らない街にふたりぼっち」。
石畳の街の情景が鮮明に浮かぶ。「街」をテーマに詩を作って来たサニーデイの本領とも言える。

MCを挟み、曽我部さんがバンジョーに持ち替えると「24時」から「カーニバルの灯」。
再びリズムボックスのビートが鳴り響き、「スロウライダー」。「Hey 集金旅行」という歌詞がやっぱりとても印象的だ。

「夢見るようなくちびるに」のカップリング、バスクリンソフレCMソングでもあった「テーマ」も披露された。
「しゅっしゅ ぽっぽ ゆこう」のリフレインが本当に心地良い。「見に行くよ 紅い葉に落ちる雨」と歌う曽我部さん、乳白色の光を放ってるようだった。

そんな乳白色の光とは正反対に、ギラギラとした鈍い光を放つミディアムナンバー「経験」が演奏されると、曽我部さんが「たまにエゴサーチするんだけど、田中のラーメン番組ばかり出てくる」と言ってオーディエンスを和ませる。
そして静かに演奏される「東京」。あのジャケットの桜の写真が脳裏に焼き付く。90年代に戻ったかのような空気感。

ここで、曽我部さんがギター・中村ジョーを紹介。中村さんがかつてボーカルを務めたザ・ハッピーズより「スカッとさわやか」が演奏された。
楽しげな表情でベースプレイを繰り広げる田中さんの姿が印象的だった。

喫茶店立ち並ぶ街の情景をノスタルジックに思い起こさせる「街へ出ようよ」に続き、「恋はいつも」では優しくも何処か寂しげな口笛が会場の空気を包み込んだ。

緩やかなムードが流れる中、それをきっぱりと打ち切るように「ぼくは死ぬのさ」。ノイジーなギターが鳴り響き、「明るい昼にぼくは死ぬのさ」と吐き捨てる。
終盤は、9人編成ならではの狂ったようなインプロに思わず瞠目した。ツイン・ドラムがその狂いっぷりに拍車をかけていた。


とんでもない熱気の中演奏が終了すると、オーディエンスの一人が倒れたという声が聞こえ、一瞬ドキッとさせられる。
「大丈夫ですか?楽屋に連れて行って、ジュースとかあるからね」と優しい声をかけつつ、「後であの人の周りを囲んで今の曲を演奏しましょう」と言い放ちオーディエンスを笑わせる。

「もう立ち見はやめましょう、自分がそっち側だったら嫌だもん」と言いながらも、「こんなに集まるとは思わなかったから。来てくれてありがとう」と感謝の言葉を述べる曽我部さん。
混沌とした空気感の余韻がまだ立ち消えない中、ここでメンバー紹介を挟んだ。

デザイナー小田島等や、初恋の嵐・鈴木正敏を紹介する中で飛び出す昔話には、思わず胸が高鳴った。
大学の先輩(であり、ミュージシャン!)の新井仁を紹介すると、話題は大学時代のエピソードになり、当時のオーディションの秘話などが話された。


和やかなムードになり、いよいよライブも後半戦に突入。
カントリーなムード漂う「シルバー・スター」では、ギラギラした太陽を思わせるような感覚が。

ストリングスを高野勲がメロトロンで再現し繰り広げられた、大正浪漫溢れるナンバー「あじさい」。
梅雨の雨降る情景が「雨の土曜日」に繋がると、「LOVE ALBUM」からのスロウナンバー「うぐいすないてる」も披露された。

ここで、バンド名を模した4thアルバム「サニーデイ・サービス」より「PINK MOON」が披露され、艶めかしいメロウなサウンドに会場がゆらりと揺れる。
「赤い屋根の上」のコーラスが響き渡り、リキッドルームにもまた新しい月が登るようだった。

「あの星砕け散ってあとにはただ風が」と口火を切ると、壮大なバラード「果実」。
ムードはそのままに、高野さんのオルガンプレイが教会での聖歌のような荘厳さを呼び起こす「白い恋人」。

ライブもついに終盤になった。「きみの黒い髪がすこし長くなりすぎたなら 晴れた日の風がきみをさらうのを待てばいい」と歌い、ギターをかき鳴らす曽我部さん。
オジサンたちは、まるで若者に戻ったよう。まさに「若者たち」だった。
演奏終盤には、曽我部さんはギターを手放しハーモニカを吹き鳴らす。若さをもてあそぶ彼らの姿に、この日一番の歓声と拍手が沸き上がった。

本編ラストは、なんと1曲目に演奏された「愛と笑いの夜」のインストゥルメンタルバージョンが披露された。
「愛と笑いの夜」が如何にサニーデイ・サービスにとって重要な存在かを噛み締める。厳かの空気の中、世界は幕を閉じた。


世界は再び幕を開ける。

ここまで、全て再結成以前の楽曲を演奏してきたサニーデイだったが、ここで初めて再結成後にして最新曲の「Christmas of Love」を演奏。
この季節に相応しいクリスマスナンバーで、過去と現在が見事に繋がった瞬間だった。

時は再び20年前に戻り、ロッテガーナミルクチョコレートCMソングにもなったポップソング「NOW」。
「いつだってぼくは道間違って 見当はずれの場所にたどりつく」という言葉は、サニーデイの爽やかで野暮ったい独特な雰囲気を的確に表す歌詞だろう。

ラストには、サニーデイ・サービスというバンドを象徴するナンバー「青春狂走曲」が披露された。
「そっちはどうだいうまくやってるかい こっちはこうさどうにもならんよ 今んとこはまあそんな感じなんだ」という歌詞が、まるで晴茂さんに歌われているようだった。
最後の最後まで、晴茂さんの事には触れられなかったこのライブだったけれど、このライブは間違いなく彼のための夜だった。


この夜は、まさに愛と笑いに溢れた夜だった。

代表曲は控えめに、普段滅多にプレイされない楽曲も多く取り入れられたライブだった。
中でも「テーマ」や「PINK MOON」、「果実」といった選曲に感動した。

このライブを観れたことを、本当に嬉しく思う。
開場前にエレキコミックやつい氏にも一瞬会えたので良かったな。


28日には、渋谷クラブクアトロで追加公演 "1994"が行われた。
こちらのライブは足を運ぶことが出来なかったが、9人編成ライブとは対照的にサニーデイ・サービス正規メンバー2人によるライブとなった。

こちらでは晴茂さんに哀悼の意を表し、献花台がロビー外に設置された。
花に溢れる献花台の写真を見て、サニーデイ・サービスというバンドが、そしてドラマー丸山晴茂が、どれだけ愛されていた存在かが改めて分かった。

26曲・2時間半に及んだ9人編成ライブを超える、36曲・3時間に及ぶかなりのライブとなったようだ。
セットリストは過去と現在が入り混じるものとなっており、「日曜日の恋人たち」といった珍しい楽曲も披露された(個人的に一番聴きたかった!)


サニーデイ・サービスは、来年1月のライブをもって活動を少しおやすみする、とのことだ。
一年間制作に集中するとのことだから、また途轍もない作品が生まれることだろう。

サニーデイ・サービスは、今でも三人だ。
永遠のスリーピース・バンド。

サニーデイ・サービスよ、永遠に。
スポンサーサイト



<< #heisei_saigo_no_oomisoka | ホーム | イヴと月と星と >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP