FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

『エレ片 新コントの人』感想

『エレ片 新コントの人』を観た。

2年ぶりとなる「コントの人」開催。しかし、ただの「コントの人」じゃあない。何せ、“新”なのである。

今回は東京のみの開催とあり、ライブ開催期間も短い。数日前に始まったと思ったら、もう明日で終演。
一瞬で過ぎ去ってしまうそれは、だからこそと言わんばかりに純度の高いものになっていた。

初日から数日経った今日の昼公演。きっと、本来あった形から進化を遂げていたことだろう。そして、今はまだ進化途中。
きっと自分が観た昼公演と、今日の夜公演でもだいぶ違っただろう。さぁ、千秋楽はどうなっていることか。


さて、新と銘打った今回だけど、全てが一新されている訳でもない。
当たり前といえば当たり前だけど、従来のコントライブと雰囲気は一緒だ。

『コントの人10』DVDの副音声でやつい氏は、「三人のコントライブはこれで終わりにしよう」との旨を発言していた。
「これからは別の演者をコントに加えてのコントライブを行いたい」というチャレンジ精神が伺えた。

しかし、新と銘打った今回も結局三人だ。

両国国技館で行った合同コントで満足したか、或いは副音声での発言はその場任せの思い付きだったか。

何にしても、結局三人が一番良いってことなのだ。

個人的にコントは、極めた時一番良いバランス編成が三人だと思っている。
三人コントは台本作りも意思疎通も二人より難しいが、一度極めてしまうと、二人コント師には辿り着けない境地を見せる。

エレ片のコントも、そういった境地に居るんだということが、今回のコントライブでまた一つ確信に変わった。


ただまぁ、当然“新”なんだから新しい面もある。

このままじゃ「新って言ってるくせに全然新しくねえ!」という意見かのように思われてしまう。
そんなことないのです。今回のコントライブは新なのです。

細かいことはまだ終演してないので言えないけど、個人的に今回のコントの幾つかには衝撃を受けた。今まで、エレ片コントライブでは受けたことのない衝撃感だった。まさに新コント。
特に一個、今まで見たことないタイプのコントがあってビックリした。ただ笑えるだけではなく、様々な謎を残すようなそんな感じのコントが。

ライブ全体の演出方法にも少し変化があって瞠目した。フライヤーを基にした、全体的な統一感があった。

映像はいつもの通り、最高に面白かった。だけれど、特に今回の映像はいつも以上にウケていたなあ。会場がぶっ壊れるかと思った。

そんな映像も、今回のOP・ED映像の音楽を提供してくれているのは馬喰町バンド。
民俗音楽を再構築・脱構築して新たな音楽を作り出す不思議な集団。「シャキーン!」番組内にも楽曲が使用されており、恐らくその繋がりもあったと思われる。
これがまた最高で、今回のライブの真新しさにさらに拍車をかける要因となっている。あー早くまた聴きたい。

会場には、赤坂レッドブルボックスカートレースで使用された“アンガーマネージャー片桐号”の展示もされています。そこだけは写真撮影OK。
グッズも良い。シンプルなデザインで着やすいからかパーカーが人気だったらしいけど、サイズが無かったことと予算の都合もあり購入は断念…
とはいえ、一番欲しかったパンフレットが買えたので満足。これは良い。


とにかく、コント・映像・音楽・舞台美術、すべてひっくるめて新コントの人です。

エレ片は、“新”を経てこれから何処へ向かうのか?
言い換えるならば、これからのライブのタイトルどうしていくんだ?そういった点も楽しみです。

備忘録は終演後に。では。
スポンサーサイト

<< | ホーム | ファンタンドミノ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP