FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

『M-1 2017』感想

M-1が終わった。

キングオブコントと違い、M-1のほうはあまり予選から追っかけてないのでいっつもあっさりと終わってしまうイメージ。
でも、そのあっさりがとんでもなくこってり。しつこい、質濃い。

今年も例年以上にレベルが高かった。
年々レベルが上がってるように思える。どんどん新星が出てきて、その新星がめちゃくちゃ面白い。当たり前のように思えてこれは凄いことだと思う。

優勝はとろサーモン
ラストイヤーにして、悲願の初出場優勝。

今年の最終決戦も去年同様に甲乙つけがたかった。
そんなこと絶対無いから大丈夫なんだけど、もし自分がM-1の審査員に選ばれたら優勝の一組を選べなくてバカ困っちゃう。

そんな中で、あのスーパー泥臭芸人とろサーモンが一夜にして輝くというマジック。素晴らしいことだ。
お笑いにはドラマがあるな。お笑いの賞レースはスポーツよりも予想が付かない摩訶不思議な文化だと思う。

本当におめでとう!とろサーモン!


今年は「笑御籤(えみくじ)」で一組ずつその場で順番を決めていくという恐怖のシステム。そんな笑御籤でトップに選ばれたのがゆにばーす。
ルールが変更したとはいえトップは結局不利で決して最後の三組に絡みやすい位置ではないんだけど、ゆにばーすがトップだったのは自分は良い方に転んだと思えた。

その独特な出で立ち。しかし実は繊細に作り上げられた漫才。自分はなんとなくトップで漫才を披露したメイプル超合金を思い出した。
トップに相応しいウケ。勿論出番順がもう少し後ならもっと点数は伸びていただろうけど、今大会の幕を切ったのがゆにばーすだったってのは、すげえ良かった。

次にカミナリ。まさかの二年連続二番手。
去年の基本スタイルを受け継ぎつつ、さらに綿密にネタを作ってきてる感じで良かった。やっぱり面白い茨城人だ。

そして、三番手が優勝者とろサーモンだった。かまいたちもKOCでは三番手だったので、この辺の順番って意外といいんだろうか。
ラストイヤー、当たって砕けろ!って感じで吹っ切れてたので最高だった。寄生虫のくだりは久保田の人生全てが表されてるような気がした。

四番目は敗者復活枠、スーパーマラドーナ。そもそも10位通過で、敗者復活大本命と言われていたコンビがそのまんま決勝入り。
敗者復活の下から順番に呼ばれてくやつ、めっちゃ怖いな。テレビ見てて一番手が震えたのが敗者復活でした…。

相変わらず田中のヤバさが前面に出てて好きだ。古今東西のイヤホンのくだりなんて最高だ。
でも個人的には、最後がややあっさりしてて、ネタバラシの衝撃がもっと強かった去年のほうが好きだったかなあという印象。

お次はKOC王者かまいたち。野良猫のスターを見返すべく、二冠を狙う鼬。
どんどんヒートアップしていく喧嘩漫才で、かなり尻上がりに盛り上がっていく漫才でめちゃくちゃ笑った。
残念ながら一歩届かなかったようだけど、自分はお気に入りの漫才だ。ラストチャンスまでしっかり粘ってほしい。

ここで前半戦五組が終了。
とろサ1位。スーマラ・かまいたちが同点2位につき、トップを担ったゆにばーすは残念ながら押し出される形に。


後半戦突入の鐘を鳴らしたのはマヂカルラブリー。頭おかしいコンビ。
大好きなコンビなんだけど、正直優勝は難しいだろうなと思ってたので全力で記憶に残る漫才をしてほしいなと思ってたらそうなった。

ここで一つ。巷でとろサ優勝と同列レベルで扱われてる(そうなのか?)、“上沼恵美子激怒”について。

まず、野田が「点数次第で態度を変える」とフリを入れて、伸びなかった点数に対しあからさまに不貞腐れる(…という仕草を見せた)。
上沼さんは、このボケに対し即興での“説教コント”を放り込んだ形だろう。つまりプロレスだ。

点数が伸びなかったマヂラブに対して、変に慰めつつのコメントをしても仕方ないと思っての、愛の鞭みたいなもんだ。
現に、野田が上半身裸になる地獄ボケで一番笑ってたのが上沼さんらしい。そして、その後の「大恥かいた」という野田の呟きまでひっくるめて一連の流れ。

上沼さんがあぁいう風に説教じみたトーンで喋るのはいつもの事なので、自分はマヂラブを引き立たせるための優しさを随所に感じたな。
現にトレンドで暫く名前が残ってたし。自己紹介の「のーだーです!」も相変わらず面白いので、絶対にこのスタイルを突き通してほしい。

続いて、さや香。正直、今回のメンバーで唯一本当に知らなかったコンビ。準々決勝あたりでなんとなく目にした名前が、気付いたら決勝に来てた。
最初、石井が少し噛んで大丈夫か?と心配になるも、そこからの新山の予想外のハイテンションボケでどんどん漫才がヒートアップしていって痛快だった。初めて見たが良い漫才師だった。

残る三組…どの漫才師も優勝候補レベルの漫才師ばかりに。

そんな中で八番目に呼ばれたのがミキ。中川家以来の兄弟漫才師。本当に仲が良さそうに漫才をするので非常に微笑ましい。
とにかくスピード感が凄い。鈴木という苗字の書き方を全力で表現していく。そのスピードについていけない!って人も居るかもしれないけど、乗りこなしてみるとめちゃ良いマシンだ。

九番目。大本命、和牛登板。前半は少し「あれっ?」と思わせておいて、その全てが後半から活きてくる絶妙なバランス感の漫才。
相変わらず川西は女性役でのツッコミが上手いし、サラッとウェディングプランナーから旦那に役柄を変える水田も凄い。ここで和牛が先程高得点を叩き出して決勝進出確定となっていたミキを抜いて1位に。

そしてトリはジャルジャル。稀代のコント師が、予測不能の独特な漫才を繰り広げていく姿はやはりカッコいい。
“変な校内放送”という変な前提に始まり、福徳の放ったチャイム音にリズム良く決まったフレーズをツッコんでいく不思議なゲームが展開されていく。

その場でどんどんと構築されていくミニマルテクノ漫才。漫才か漫才ではないか、ギリギリのところを上手く攻めていたと思う。
評価が割れたのも納得。もう一展開欲しかったという人もいれば、ミニマルだから良いという人もいる。めちゃくちゃ笑った人もいれば全く笑わなかった人もいるだろう。自分は大好きだ。


10組全ての漫才が終了し、最終決戦は和牛・ミキ・とろサーモン。この時点で、自分は三連単予想を外している(和牛・敗者復活・かまいたちと予想していた)。

トップは暫定3位とろサーモン。
噛みタバコをするように漫才を拡げていく久保田の姿が、とても泥臭く、そしてキラキラ輝いて見えた。不思議なものだ。

ラッパー・MCサーモンとしても活躍し、キャッチセールスとしても活躍(?)した久保田による、流れるような教祖様のお言葉は芸術的だった。
超イル。ドープ。そんな言葉がこの漫才にはよく嵌る。15年の思い全てを会場に預けるかの如くの漫才を披露した二人はとても素晴らしかった。

二番手はミキ。スターウォーズをテーマに、一本目以上に白熱していく漫才を繰り広げる。でも、バカ兄弟がじゃれ合ってるようでとても心地良い。
題材が特定の洋画なのはどうなんだ?とも思ったが、出る話題はあくまでも常識の範疇の話まで。亜生に対して耳をつんざくような、マイクをハウリングさせるような金切り声でツッコむ昴生がめちゃくちゃ面白かったなー。

大トリは和牛、一本目同様手堅い漫才。スーパー理屈野郎水田と、おばあちゃんが上手すぎる川西。二泊目に突入し、一泊目の工程を振り返るように回収していくのが気持ちいい。
しかし、一部取りこぼしているように見えたのと、一本目ほど盛り上がりきらなかった印象は受けた。勿論圧巻の漫才だったんだけど、構成が完璧すぎる分、泥臭いとろサーモンに及ばなかったイメージ。


誰が優勝するか…今年も全く分からなかった。

三組で割れるだろうなあと思ったら、とろサ4票・和牛3票と、ミキに1票も入らなかったのは少し意外だった。
4対3という、かなり拮抗した勝負をとろサーモンが制した。これは和牛悔しかっただろうなあ…。

とろサーモンは、とにかく人間臭かった。
人間だ。二人の人間だ。だから、優勝した時の“報われた”感もめちゃくちゃ強くて、なんだかジンと来てしまう。

ドラマ『火花』にも出演した売れない芸人村田の、心からの「売れたい」という気持ちがお笑いの神様に届いたと思うと、なんかすげえ話だなーと思う。

本当におめでとうございます!
テレビで活躍してほしい!昼とかに出てるの想像できないけど!

和牛とミキも、最終決戦に残れなかった7組の漫才師も、来年優勝目指してまた頑張ってくれ!!
そして売れてくれ!みんな大ブレイクしてほしいって心から願ってます!
スポンサーサイト

<< ボールペン地獄 | ホーム | 師走でもポケ森 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP