FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

エレキコミック第27回発表会『LEMON LIME 100%GIRL』感想

エレキコミック第27回発表会『LEMON LIME 100%GIRL』東京千秋楽を観た。

レモンとライムを絞ったような爽やかさ。
100%な女の子のような爽やかさ。

そんな爽やかさを、コントで体現するということは、こういうことなのかもしれない。

爽快に馬鹿馬鹿しい。
第27回とも芸歴20年とも思えぬようなフレッシュさ。

しかし基盤には、27回やってきた積み上げがあり、20年間やってきた経験がある。
しっかりした土台の上にある、どうしょうもないくだらなさ。


今日は東京最終日だったからか、とあるシーンが異常にしつこかった。
そのしつこさがたまらなかった。しつこいのにとても爽やか。

たぶん、初日とまるで違う作品になってることだろう。
でも、それがいい。どんな作品だってそうなんだけど、初日と千秋楽じゃ全然違う。それがライブだ。

エレキがライブで行っていく作品の修正は、“改善”というより“飽きたから変えてる”感があっていい。

いや、勿論「もっと良くしていこう」って気持ちはあるだろうけど。
結局エレキの発表会の土台にあるのは、「飽きてきたからぶっ壊しちゃおう」みたいなフレッシュさなんじゃないかなあ。

熟練だからこその若さ。
それが本当にたまらないライブだった。

馬鹿馬鹿しいコントに馬鹿馬鹿しい映像。
馬鹿馬鹿しすぎるからこそ、お洒落な音楽に乗せたお洒落なオープニング映像とエンディング映像が引き立つ。

洒脱なアートビジュアルに対して、純度100%の馬鹿。
それがエレキコミックの答えなのだろう。

いやほんとに、曽我部恵一氏作詞作曲・蒼川愛氏歌唱の楽曲が最高。
「LEMON LIME 100%GRAPE」というユニットでCDを出していたので、購入して帰宅後即聴いたが本当に素晴らしい。

グッズも可愛いのだらけだった。
Tシャツが売り切れてて買えなかったのが心残りだったけど。
残り一枚だったライナーノーツ付きDVDが買えて本当に良かった。

グッズは名古屋公演から再び仕入れられるそうなので是非。
本当に爽やかなライブなんで是非名古屋公演に足を運んでみてください。
名古屋の方でこのブログ読んでる方いたらお願いします。


詳しい感想、というか備忘録は、全公演終了後に。

とにかく気持ちよく笑いました。
何も考えずに笑える、そんな素晴らしさを改めて体感。

終演後、エレキのお二人に送ったリプライも返事が来て嬉しくなった。

ファンと芸能人との関わり合いは親密になりすぎるのもどうかという節があって、リプライは送りたくなった時だけ送る。
だからこそ、返事が来た時の感動も一入なんだよ。

「誰も笑わなくなるまでやるつもりだったけど自分が飽きちゃった」というやつい氏の返信にとても感動した。

何が巻き起こるか一切分からないライブ感。
その時の演者の感情で作品が作られていくという楽しさ。
そこに客として混じれたことが幸せだ。ライブ会場の一体感。


10年後も20年後も、なんだったら50年後もこんなくだらないことやっててくださいね。
スポンサーサイト

<< CONPOLA CAN'T LIVE WITHOUT TALKIE. | ホーム | ダック・アップル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP