カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

気分の悪いPCのコーナー

とうとう我が家に新しいPCがやってきました。
Windows10搭載PCだ。

早速、ひとこと言いたい。

Windows10、最悪です。

悪評は聞いていたけどここまでとは思わなかった。
もはや初日で「今後これに慣れることはないだろう」と匙を投げるレベル。
慣れる・慣れない以前の問題続出で、とにかく使いにくい。


最大の難点が「サイズ調整の気分の悪さ」。

とにかく気分が悪い。
こんな頭のおかしいOSが巷に流布していることが有り得ない。

Windows10は何故か、デフォルトの全体的なサイズが液晶サイズと比べて異常に小さい。
文字は豆粒のようで、こんなものを見ていたら確実に目を壊す。

そのためサイズ変更機能は付いているが、まずデフォルトのサイズが「125%」であったことに驚愕。
一見「50%」程度にしか見えないサイズなのに、100%より大きいのだ。
なので、100%に設定すると文字はもっと見辛くなる。気が違った小ささ。

なのでサイズを150%に設定。
若干違和感があるが辛うじて使用しやすいサイズになる。
しかし暫く使ってみて強烈な違和感に襲われる。

文字や画像が強烈にぼやけている。
あろうことか、最新世代であるはずのWindows10の拡大機能は、画面を無理くり大きくするだけという代物。

内蔵アプリの文字はあまりぼやけないが、ブラウザのぼけっぷりはひどい。
画像も無理くり拡大されているので、気分の悪いぼやけっぷり。
とにかく、見ていてしんどい。目が疲れる上に強烈なストレスが溜まる。

デフォルトであった125%に戻してみるが、この時に125%でも少しぼやけていたことが分かる。
極小サイズの100%に設定しない限り文字や画像を滲ませる最悪仕様。

色々調べて解決法を探っているが、今のところ解決には至っていない。
2016年頃の記事に載っていた、解決に至る過程で使用するコンパネのページが現在は削除されている始末。

もはや、解決法が妥協しかないというガイキチっぷり。
Windows10、話には聞いていたがここまでのひどさとは。
この時点で「製品未満だ」と罵倒したくなるが、ひどいのはこれだけではない。


これはWin10のせいなのか、FMVのせいなのかは不明。
ただ、なんとなく前者のせいな気がする事例。

随所でストレスを溜める、「タッチパッドの反応の悪さ」。

とにかくタッチパッドの感度が悪い。
数年前のPCのほうが明らかに使いやすかった。

タッチパッドの触り始め、ここでは「初動」と呼ぶが、その初動が稀に反応しない。
タッチパッド上で指を滑らせているのにもかかわらず、ポインタが一切反応を示さないといった事例が発生することがある。

先ほど「稀に」と言ったが、数時間使ってみて、「稀に」ではないことがわかった。
初動での反応しなさは、50%を優に超えるレベルだ。

というか、十秒以上触っていなかった場合ほとんどの確率で発生。
ちょっと久々に触るだけで全く反応を示さなくなる意味不明な挙動。
もはや平成二十年代とは思えない地獄っぷりを遺憾なく発揮している。

まぁ、これは付属のワイヤレスマウスを使用すれば解決する話だけど。
ただ、机が狭くてマウスを自由に右往左往させられるスペースが無いんだ。
上下移動は難なく出来るけど、左右移動が地獄ほど出来ない。

それに、タッチパッドが付いている以上、タッチパッドが使えないなんておかしい。
十年前に買ったPCのタッチパッドでよく絵を描いていたが、2016年に出た筈のこのPCで絵を描くことは出来ないだろう。


その他、細かい細かい気分の悪さがストレス因子に繋がる。

キーボードのサイズが微妙に違って打ち辛いのもストレスが溜まる。
無変換を押したいのにAltを押してしまったりして凄く腹が立つ。

スタートメニューやエクスプローラーの真新しさにも腹が立ってくる。
しかも前述のサイズ調整でエクスプローラーやブラウザがいちいちコロコロとウィンドウのサイズ自体を変えるため、面倒くさいことこの上ない。

しかも、Core i7 6700HQを搭載しているにもかかわらずそこそこ重い。
RAMは8GBあるし、スペックはある程度あると思うのだが…
これもWin10のせいなのか。もう悪魔のOSだな。


というわけで、Core i7搭載のWin10ノートパソコンは、Celeron搭載のWin7ノートパソコンより遥かに劣っていると感じた。

いくらCPUがよかろうとも、Win10というだけで台無しに。
Win7が如何に素晴らしいOSだったのかがよく分かる。
そんな素晴らしいOSを蹴ってマイクロソフトは何がしたいのか。

Win10への無償アップグレードをあそこまで推していた気持ちを知りたい。
何故こんな地獄OSを満を持して持ち出したのかさっぱり不明だ。

とりあえず、このままでは慣れることは不可能だと思う。
なんとか五月中にサイズ調整とタッチパッドに関する解決法を見つけ、ストレスの溜まらないPCライフを送らなくては。

動画投稿の復帰はもう少し時間がかかると思う。
さっきAviUtlを起動してみたが、文字が果てしなくぼやけていたので。
このままではまともな作業が出来ないので、今月中は無理かと。

せっかく、業界用語で言ってみれば「完パケ」という状態まで作った編集データがあるのに投稿にこぎつけられないことが悔しい。

フォントを買いなおさなきゃいけないし、音声のノイズカットもやり直し。
おまけコーナーで使用するベースラインも打ち直し。
その他諸々やり直し作業にかなりの時間を費やすことになりそうだ。

だけど、動画ファイルが残っていることを喜ばなくては。
これのバックアップを取っていなければ、せっかく初見での実況を録ったのに泣く泣く再録しなければいけなくなるところだった。

とはいえ、バックアップを取っていなかったデータもある。
幸い、多大な支障をきたすようなことはないけれど…

昨日、ふとSkypeのチャット履歴が消えたことに気づいたときは落胆した。
憧れの実況者がみ氏とのチャットが無に帰したのは非常に残念。
まぁ、記憶には残っているから脳内で大部分を再現できるけども。

まぁ、くよくよしてても仕方ない。
壊れたPCを放置し続けて、挙句の果てに12時間超えというエンコードの遅さに腹が立って軽く殴ってしまっていた自分のせいだ。

自分が殴って壊してしまったんだと胸に刻むしかない。
そして、最悪のOSであるWin10に立ち向かうしかない。

マイクロソフト、一生恨み続ける。
スポンサーサイト

<< 頭を過らす岩 | ホーム | 岩冒険 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP