カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

栄枯盛衰

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』がリニューアルした。
リニューアルしてしまった、という言い方でもいいかもしれない。


今回のリニューアルは、8年ぶりにダウンタウンのフリートークが復活するという触れ込み。
お二人の立ちトークは本当に好きなので、嬉しかった。

ただ、その収録の様子を伝える記事を見て愕然とした。
セットが一新されている。絶対に変えてはいけない部分だと思った。
しかもダウンタウンお二方ともスーツで、それも違和感を覚えたし。

ちょいダサなんだけど風情がある、ガキ使らしいセットが良かったのに。
凄いありきたりなセットになってしまった。豪華なハリボテという感じだった。

松本さんがスーツで、浜田さんがラフな格好っていうのが良かったのに。
二人ともスーツってのは、なんかガキのフリートークに似合わない。


そして、衣装やセットだけならまだしも、もっと根源的な部分まで変わってしまった。

往年のバラエティ番組らしい、手書きで書かれたであろうロゴがスタイリッシュな雰囲気のロゴに変わってしまった。
個人的には好きなフォントだが、やっぱりガキには似合わない。

そして最もガキ使の象徴だったあのOPも変わってしまった。
これもスタイリッシュで好きだけど、はっきり言ってありきたりだ。
coldcutのあの曲が最高だったのに、こんなにアッサリとリストラするなんて。

“マンネリ化”が最も恐れられるバラエティ番組にとって、“リニューアル”というのは凄く大事な概念だと思う。
ただ、やっぱり変えてはいけない風情もあると思うのだ。

ただただ悲しい。
もう往年のガキ使は絶対に戻ってこないと保証されてしまったようだ。
懐古みたいなことは言いたくなかったけど、やっぱり悲しくなった。


ただ、肝心のトークがとにかく面白くて安心した。
ダウンタウンの面白さだけは変わっていない。本当に安心した。

松本さんはワイドナショーで、フリートークについて「今やっても衰えているから」と言っていたけど、劣化はほとんどしていなかった。
往年のフリートークが戻ってきた。そこだけはほんとによかった。

ただ、ひどかったのは編集。

トークテーマを画面端に出すのは、末期フリートークでも多少行っていたので全く気にならなかったけど…。
ダウンタウンの発言にテロップ付けるのは流石にひどい。

フリートークにテロップ付けるって、一番やっちゃいけないことだと思う。
せっかくのダウンタウンのフリートークが凄くチープに感じる。
着ぐるみトークだってテロップない頃は面白かったよなー。


でも、こういう栄枯盛衰をある程度は受け入れないといけないんだろうな、と改めて感じた。

だってスタッフはほとんど入れ替わってないわけだし。
菅さんが番組からご勇退されたとはいえ、往年の頃のスタッフはほとんど在留してる。

その環境の中、過剰な編集をするようになってしまったのだから何も言えない。
こちらが受け入れるほか手段はないんだと思う。
悲しいことだけど、もう過去のガキ使と切り離して考えたほうがいいらしい。

とりあえず、リニューアル初回で全て決めつけて話すのは悪いことだ。
来週はガキ使の伝統コーナーと化している「七変化」だし。
過去のガキ使らしさも残してくれることを信じて見続けよう。

ただ、去年から「さようなら山崎邦正」もやめちゃったし。
どんどん伝統が崩れていくのは本当に悲しい。

とりあえず、coldcutの出囃子が残ったのは本当によかったよ。
OPも今回だけの特別で、次回からはいつものに戻ってほしいけど…ないんだろうな。
最後の「テッテッテテッテ」もなくなったし。あーあ
スポンサーサイト

<< コックコッエーン | ホーム | 聖徳TAISHIの『OP展』Vol.1 キャプション >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP