FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ゲスの極み乙女。「両成敗」感想

まず初めに。
ゲスの極み乙女。のフロントマンは川谷絵音は最低な人間である。

僕は川谷氏の作る音楽が好きだけど、やった事は当然別問題。
不倫するわ、押し黙るわ、かと思えばライブで好き勝手MCするわ。

正直に言って最低。だけどそんな川谷が提供した話題で日々笑っているのも事実。
川谷氏の事が大好きだっていう女性ファンであったり、川谷氏の人間性を信じているファンにとって、連日の報道は笑えないだろうけど。
僕は人間性関係なく彼の作る音楽が好きなので、連日報道に対して笑顔。

なので、今回のアルバムが出る前に、
「不倫したからと言って、アルバムの評価を下げてはならない」
と思っていたのだけど…。


一言でいうと、今回のアルバム「両成敗」は微妙でした。
褒めるところもあるけど、微妙だな、と思うところのほうが多い。

そもそも最近のゲスの方向性に僕は疑問を感じている。
インディーズ時代のゲスの音楽が好きだった自分にとって、「私以外私じゃないの」あたりから違和感が。
百歩譲って「オトナチック」あたりまでは良かったんだけど。

「両成敗でいいじゃない」が発表された時、震えた。
「これ、なんか聴いた事あるよ…」という既視感が。
最近のゲスの音楽は、似たかよったかといった感じがある気がします。

当然同一人物が作っているのだから似ちゃうところはありますよ。仕方ない。
でも最近あまりにも出す曲出す曲似てない?と思うんです。
インディーズ時代のほうがもっと方向性が豊かだったような。

そんな中でもオトナチック/無垢な季節のカップリングが少しインディーズ時代の頃のものに似ていて、安心したりもしたんだけど。
だからこそ今回のアルバムに期待もあったけど、ちょっと違った。
全17曲。通常のアルバムより少し多い曲数に特に期待していた。
だがそれは裏目に出たらしく、余計に「似たかよったか感」が出ちゃってる。

あるインタビューで、今回のアルバムのリード曲を「シリアルシンガー」か「セルマ」にしようとしていた事を知った。
二つともいい曲ではあるのだけど、やっぱり何か微妙。
今までゲスが与えてくれた、「なんだこれ!?」っていう衝撃が薄い。

また、「勤めるリアル」と「Mr.ゲスX」について。
川谷氏のユーモアは、こんなもんじゃないはずなんだけど。
インディーズ時代はもっとユーモラスで、だけれども格好いい、そんな曲を作ってたのに。
決して悪いわけじゃないんだけど、かといって良いとは言えない感じ。

「id1」はゲスとしての新たな方向性を開拓しようとしてるけど、違和感。
nabowaの景山さんの弾くギターは当然めちゃ良いんだけど…。惜しい。


ここまでだいぶ悪く書いてきちゃったけど、良い曲もあります。
「続けざまの両成敗」は、打ち込みを取り入れて他の曲との差別化を図っていてるし、メロディラインもこの曲は突き抜けてる印象。
バズリズムでちょこっと言ってた「心歌舞く」もその言語感覚とサビが素敵。

横アリのオープニング演出を汲んだ「無垢」からの「無垢な季節」も気持ちいい。
そして「いけないダンス」は、イントロからサビまでずーっと良い。
ストリングスやコーラスもかなり活きてて、このアルバムで一番良い曲。

アルバムの最後は「煙る」で締められている。
この曲も良い曲…だけど、やはり爆発力に欠ける。
インディーズ時代が良すぎてゲスに対しての期待値が上がりすぎてるので、このレベルの良い曲でもあまり満足できないんだよねえ…。


こう考えると、良い曲は17曲の半分以上を占めているはずだ。
シングル曲は言わずもがな、「サイデンティティ」と「パラレルスペック(funky ver.)」も良いし。

それでもあまり納得できない。
インディーズ時代のゲスが与えた異常な衝撃は、期待しないほうがいいのかな…。
それか、やはり不倫が影響して良い曲に聴こえないのかな?
不倫うんぬんは抜きにして考えたはずだけど、だとしたら、どうしょうもないね。


よく、「こんなゲス男が作る曲のどこがいいのか」って意見を見るけど、それは違う。
人間性と音楽性は切り離して考えるべき。
だからこそ僕はゲスを応援し続けるつもりだったけど…。

音楽性が微妙になっちゃったら、意味ないじゃん!
でもたまには良い音楽も作るはずだし、応援はし続けます。
とりあえず、今後に期待。
スポンサーサイト



<< シュール | ホーム | ぴぃしぃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP