FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ろきのんけい。

今現在僕が好きなバンド。いろいろいますけど、ロキノン系に絞りますと。
「クリープハイプ」、「KANA-BOON」、「ゲスの極み乙女。」です。
この中の一つが好きな人は大体この三つが好きだよね。セット的なノリで。

このバンドを知ったきっかけ。
すべて、エレキコミックのやついいちろうがきっかけです。

DJやついいちろう

いつも思うけど、PARTYのDJやついいちろう、普段のやついの面影なくね?
これだけ見たら普通のDJみたいな感じになっちゃうじゃないか。

実際のやついいちろう

正しくはこんな感じの人なんですがね。
せっかくPCが正常に動くようになったわけですから、画像の乱用も辞さないぞ。
エレ片のコント太郎というラジオがありますよね?あのJUNKサタデーの。
エレキコミックのやついいちろうと今立進、そしてラーメンズのラーメンズじゃない方、片桐仁が出ているラジオ。
そのラジオでやついパワープッシュというものがあります。
どういうものかというと、やついいちろうのパワープッシュです。
クリープハイプも、KANA-BOONも、ゲスの極み乙女。も、全てこのやついパワープッシュで知ったのだ!

クリープハイプの「社会の窓」という曲はかなり衝撃を与えられました。
それでもその頃はあまりバンドに興味がなく、「なんとなーくいいなー」ぐらいでした。確か。
その「なんとなーくいいなー」を確信に変えたのがクリープハイプの「憂、燦々」。
この曲を聴いてその日にyoutubeでMVを見て、一瞬にしてクリープハイプのファンになったのをよく覚えています。
その後youtubeで「左耳」を聴いた時もかなり衝撃を受けた。
ここから、自分はバンドというモノが好きになった。

次に。KANA-BOONの「盛者必衰の理、お断り」に衝撃を受けた。
でもまだこの時も、「うおお、いいなこのバンド!」ぐらいでしたかね。
そしてその後、KANA-BOONの「1.2.step to you」で完全にKANA-BOONの虜になりました。
すぐにアルバムを予約した。ミニアルバムもすぐに買ったよ。

そして、ゲスの極み乙女。の「キラーボール」には、今までで最大の衝撃を受けたのだ。
本当に一耳惚れ(?)で、一瞬で好きになった。
MVを見てさらに好きになった。
リリックとか演奏力とかボーカルの声とかMVの感じとか、全て好き。
MVを見たとき、休日課長の存在に驚いたのをよく覚えている。
ほんと、最初「なんだ?この人」ってなったよ!いや、これは大体の人が通る道なんじゃない?
若くてびっくりしたしね。痩せてる写真はかっこよかったけどなー。

そんな感じで、その3組のバンドが、僕が好きなロキノン系バンド。
ほんとうに好きだ。まさか自分がバンドにハマるなんて、思いもよらなかった。
クリープハイプを知るまで、家には徳澤青弦のCDしかなかった!
バンドどころか歌モノ(?)のCDを一つも所持していなかった。
これからも所持しないだろうなーと思っていたので、びっくりですよ。

というわけで皆も「クリープハイプ」、「KANA-BOON」、「ゲスの極み乙女。」聴いてみてね!
スポンサーサイト



<< 小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術 展@9/27 | ホーム | D e b r i s 《 デ ブ リ ー 》 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP