FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ラーメンズサントラvol.1感想


かなり前なんですけども。
ラーメンズサントラvol.1!これがいいんですよねー。
vol.2はいつ出るのか…。本公演があれば発売するかなぁ。

鯨の幕間曲、零の箱式の幕間曲、雀の幕間曲に加えて椿のインプレッション作品と鯨の幕間曲に使われなかった曲を収録。
いやー。超いい曲ばかり!!
vol.2も出ないかなぁ(2回目)。とにかく欲しい。
では。感想を追記に書きますよ。
本当にいい曲。本当にいい曲なので皆さんも是非買って聞いてみてください! 1.groovin'椿
ラーメンズ第7回公演「椿」のインプレッション作品。
清々しい雰囲気の曲に仕上がっている。
これを朝に聞いて凄い清々しい朝になったのを覚えています(笑)

2.bowing from distance
ラーメンズ第8回公演「鯨」のOP曲。
まさに鯨の雰囲気を表すような曲。
鯨という穏やかな生き物を題材にした作品群を率いるようなそんな曲。

3.electrocardiogram
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲。
心電図という意味のタイトルの通り、心電図のように大きく揺れる曲。多分。
心電図の波形のように波を立てて泳ぐ鯨を表しているのかも。

4.big swimming
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲。
大きな水泳、つまりは大海を泳ぐ鯨ではないかと。
鯨の幕間曲は本当に鯨を連想させられる曲ばかりね。

5.gentle
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲。
タイトルの通り、温和な曲でbowing from distance同様に鯨の温和さを表している。
あえて環境音のようにカチャカチャと音を入れているのも徳澤さんらしい。

6.shio
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲。
潮、つまりは潮を吹く鯨。ずっと平坦で一定に流れる音に他の音を足して構成されたような曲。
終わったかと思いきや終わってないのも徳澤さんらしい!ww

7.cut the spy hopping
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲。
spy hoppingというのは、鯨が頭を水面に出して周囲を観察する行動の事だそうです。
この曲のテンポが大好き。

8.body attack
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲。
チェロだけでこのエフェクト、奏法の多さ。素晴らしい。
1:18あたりから始まるピチカート(っていうのか?)が好き。

9.Bach's Prelude from Cello Suite No.1
ラーメンズ第8回公演「鯨」で使われた曲。代表的ですね。
千秋楽では徳澤さんが生で演奏。「器用で不器用な男と不器用で器用な男の話」でも使用。
これはかの有名なバッハの曲、無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード。
どうしても器用不器用のイメージが強いなぁww
曲が終わったとき、「近いッ!!」って言ってしまう。

10.old tales
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲として作ったが使われなかった作品群「鯨Extra」の一つ。
タイトル通り、昔話のBGMのような雰囲気の曲。
こういう曲を流して安眠したい…w

11.funny child
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲として作ったが使われなかった作品群「鯨Extra」の一つ。
なんだか奇妙な曲。奇妙というか、面白おかしいというか。
チェロはここまで来たか…と思いましたw

12.return
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲として作ったが使われなかった作品群「鯨Extra」の一つ。
何かの曲を逆再生したかのようにも聞こえる曲。
いや、試してないからわかりませんけど。多分そういう事だと思う。

13.sperm whale sleeps
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲として作ったが使われなかった作品群「鯨Extra」の一つ。
sperm whaleというのは、マッコウクジラの事。
マッコウクジラが眠りにつくような、そんな静かな雰囲気の曲。

14.bowing from distance-w/EP version
ラーメンズ第8回公演「鯨」の幕間曲として作ったが使われなかった作品群「鯨Extra」の一つ。
bowing from distanceのEPversion。
いい曲。ホント、いい曲。コメントのしようがない。とにかく、いい曲。

15.interbox
ラーメンズ特別公演「零の箱式」の幕間曲。
これはかなり印象深い。まさにおもちゃ箱の中のような音楽。
人間の声までも音楽にしてしまった作品。誰の声なんだろう。賢太郎さん?w
とにかく、変な曲!potsunenではありえない、ラーメンズならではの曲。
スティールパン、ヴィブラスラップなど、普段あまり使われない、知られていないような楽器が多め。

16.Netori
ラーメンズ第9回公演「雀」・・・で使われていたらしいが、どこで使われていたのかわからない。
DVDには収録されていない、開演前とかかな?それか、CD限定?
和楽器には本当に詳しくないものでわかりませんが、多分龍笛や琴、太鼓などを使って演奏されている曲。
タイトルからして、「音取」を指す曲。
音調を整えるための序奏というその意味の通り、雀の曲で使われている楽器が多く使われています。

17.Doncho
ラーメンズ第9回公演「雀」の幕間曲。
タイトルは舞台の幕の一つ「緞帳」から。
先ほどのNetoriからスッとこの曲に入っていきました。
機械音のようであり、雅楽である。
雀の曲は和で締めくくられていて、そして和と洋のハーモニーである。

18.Uwajoshi
ラーメンズ第9回公演「雀」の幕間曲。
タイトルは三味線の奏法「上調子」から。ってことは三味線なのか…?わかんない。
これもまた、後ろに流れる機械音が特徴的。

19.Hachimonji
ラーメンズ第9回公演「雀」の幕間曲。
タイトルは揚屋入りの際の歩き方「八文字」から。この曲は雀の中で一番好き。江戸時代みたいな雰囲気。
ただ、この曲もまた和と洋が交わった曲に仕上がってます。お願いだから使ってる楽器を教えてください。

20.Matsubame
ラーメンズ第9回公演「雀」の幕間曲。
タイトルは能舞台の鏡板、「松羽目」から。
その音一つ一つが衝撃音のように響く曲。

21.Hajiki
ラーメンズ第9回公演「雀」の幕間曲。
タイトルは多分土器の一つ「土師器」から。楽器からして弾きではないと思う…
おそらく小鼓を使って演奏されてるんだと思うんだけど、0:25あたりから使われるエフェクトが本当に謎。
ラーメンズの音楽とpotsunenの音楽の違いはエフェクトの違い。
potsunenは代表的な楽器を使って演奏されているけど、ラーメンズは違って何を使ってるのかわからない。
まさに、おもちゃ箱をひっくり返したようなそんな曲ばかり。

22.Sawari
ラーメンズ第9回公演「雀」の幕間曲、ED曲。
タイトルは三味線の音響装置「さわり」、または聞きどころという意味の「さわり」から。
ED曲にしてはなんだか寂しい曲。
一時期この曲が怖かった時期がありました(笑)
今では、かなり気に入ってる曲なんですけれどもね。

23.The Other Side of Yukimishoji
ラーメンズ第9回公演「雀」の幕間曲。
タイトルは「雪見障子の反対側」という意味。
つまりは、日本庭園や日本の住宅を表した音楽だと思われます。
スポンサーサイト



<< 03/06のツイートまとめ | ホーム | 03/05のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP