FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

S.F. colour

最近めっきりブログを更新しなくなってしまった。

文章を書きたい気持ちは常に持っているつもりだけど、最近は学校から帰ってきては疲れて寝るだけの毎日で、すっかりブログに向き合う時間が減った。

最近は学校が閉まるギリギリの時間である7時まで学校に居ることも多くなり、帰ってきたら8時半。
疲れながらも夕飯食べて録画してたテレビ見てPC触って、とかやってたらすぐに寝る時間になっちゃいますもんね。

何せ朝に弱い自分ですから、次の日の授業が朝からなんていう日はなるべく早めに寝なければいけません。
今日も朝から素描で大あくび大連発、涙がツーっと流れるほどのマックス眠みが押し寄せてきて大変でした。


最近なんでそんなに学校に入り浸っているかというと、日々学祭の映画撮影をしているからなのです。

学祭で流す映画チームに参加してまして、しかもその映画の主役をやってます。
そんな訳で午後の授業が終わったら毎日撮影と言った感じの日程を過ごしておりました。

今日は久々に撮影が無く午後の授業が終わったらすぐ帰って来たんで、いつもよりは余裕のある一日になりました。

しかし、映画撮影ってめちゃくちゃ大変なんですね。

台詞を言いながら動くのがこんなに難しいとは思ってませんでした。
本読みの段階では「ナチュラルに読めてるね!」なんて言われてたのに、本番になったら全くこなせず虚しくなりました。

たまたまつけた「赤い霊柩車」、ずーっとワンカットで撮ってるシーンがあってビビりました。
この凄さって、自分達がやってみて初めて気付くんだな~と。ワンカットで出来ねえって、あんな演技。

大村崑がどれだけ偉大かがよく分かりました。あんな自然な演技が出来ればいいなあ。


演じるだけではなく、自分が出演していないシーンのカメラも担当しています。

カメラと言ってもiPhoneのカメラです。最近のiPhoneは性能がバカ高いので、普通にビデオカメラ並みの映像が録れちゃうだよね。

自分が出演してないシーンの撮影はバカ気が楽です。
終始和気藹々とした空気感で楽しかったですね。自分がNG連発した時は、プレッシャーで押し潰されそうになったので。

とはいえ、なんとか多少慣れてきて、台詞とそれに伴う演技の流れをある程度把握できるようになりました。
アクターが如何に凄い存在かよく分かったし、己の向上心に繋がる体験になっていると思う。


それ以外にも学祭はなんやかんやとあって、しかも学祭が終わったらすぐ講評会があるんで、もう大忙しです。

自主制作、全然手を付けてません。アイディアだけ。
なんだか間に合うのか心配ですが多分なんとかなると思うので、まだ焦らないでおこうと思います。

最近毎日ねむい。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP