FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

キングオブ不安

いよいよキングオブコント2018決勝当日。

今回は始まる前から嫌な予感しかしないという、かなり稀有な回である。


去年、個人的には過去10年の中でもトップクラスにレベルの高い回だったにもかかわらず惜しくも視聴率10%を割ってしまう。
そのテコ入れか、今年は奇ッ怪なルールを導入。

まず、今年は2008年以来のコント披露時間5分。

正直、5分というタイムは意外と長い。
東京03やロバートといったベストコント師のネタは10分だろうが20分だろうが見てられるものだが、賞レースの5分は極めて長いものだ。

2008年初代大会が失敗した理由って、実はそこにもあると思っていて、10年経った今そのルールを復活させる意味もよく分からない。

そして5分になった幅寄せで2本目を披露できるのは僅か3組という地獄仕様。
確かに、4位・5位通過って優勝の可能性はほぼ皆無に等しいのだが、近年のかもめんたる「冗談どんぶり」やアンガールズ「追跡」が見られないと思うと惜しいものがある。


そして何と言っても今年の一番の地獄仕様はこちら。

決勝進出者、当日発表のルール。

芸人達には事前に決勝進出者10組を発表してあるのだけど、公には発表されず決勝内で随時判明していくというもの。

これが世紀の大不評で、お笑いファンのみならずライト層からも肯定意見はあまり聞こえてこない。
大会が始まる前から、番組下げ系のネット記事が幾つも上がるなど過去最悪レベルの前評判。

しかもしかも最悪なのが、その10組が決勝前に普通にリークされてしまっている事。
そしてそして何よりも最悪なのが、そのリークが確定したのがキングオブコント運営が流したCMだという事実。

というのも。
元より、2ちゃんねる等で実しやかに囁かれていた10組というのがいて、皆本当か嘘かはさておき面白半分に扱っていた。

しかし、それはある日の水曜日のダウンタウンの放送内にて、不確定から確定に変わってしまう。

先日の水ダウの放送内にて、初めてキングオブコントのCMが流された。
決勝進出者は当日までのトップシークレット、というのを伝えるCMだったのだが…

なんと、そのCM内で、決勝進出者のシルエットが使われていたのだ。

シークレットと言っておきながら、自分からバラしていくスタイル。
当然お笑いファンはそのCMが出てからシルエットを次々暴いていき、瞬く間に10組の全貌が解き明かされていく。

その過程で、我々はとんでもない事に気付く。

過去にリークされていた10組と、シルエットが限りなく一致している。

分かりにくいシルエットも幾つかはあったものの、そのリークと照らし合わせてみると合点が行くシルエットだった。
CMが流れてから実に10分から20分だろうか。あまりにもあっさりと10組が判明。

この時点でも最悪なのだけど、もっと最悪だったのが決勝進出者の選出。

準決勝でウケた組が軒並み落とされているのだ。
お笑いファンが運営するサイトでの準決勝の面白かった組ランキングのアンケート結果と、あまりにもかけ離れた10組。

過去最悪クラスの前評判とのかけ離れっぷりに、お笑いファンは阿鼻叫喚。

あの騒動から暫く経って、流石に自分も納得はし始めてるが、やはりガッカリ感は否めない。
自分が期待していた組や、トップクラスにウケたと評判の組がここまで落とされていると素直に楽しめない。


そして、そんな地獄の運営に追い打ちをかけるのが、日村さんのフライデー。

内容にはもう触れないでおくが、はっきり言って完全に相手方が悪いようなニュース。
フライデーの、「謹慎までは行かないにしてもラジオやKOCを変な空気にしてやろう」という嫌がらせっぷりが伺える。

KOCの公式Twitterを見ていても、スタッフが本当にやる気なさそうで萎える。

準決勝進出者32組の動画を出すと言っておきながら、25組まで投稿したところで何故かストップし現在も残り7組の動画が投稿されていない杜撰ぶり。
しかもその動画も、劇場の踊り場と思われる場所で特に照明もなく蛍光灯の光だけで特技を披露させられるという、キー局とは思えない手抜きっぷり。

極め付きは、子供が書いたとしか思えぬやたら読点の多い読みにくい文章。
もはややる気があるない以前の問題で、むしろわざと印象のよくない番組作りをしようとしているようにすら思える。


本当に、なんとか今からでも「実は水曜日のダウンタウンの壮大な検証でした!」とかならないかなぁと思っている。

でもどうせそんな訳も無いので、現実を見て優勝者を予想しているところである。

10組が誰とは言わないが、一応自分の予想や希望をここに記します。

優勝してほしい組は、さらば青春の光。
やっぱり俺の中のレジェンドはこの2人だ。ラストイヤーと意気込むこの組に、なんとか優勝してほしい。

だーりんずも地味に期待している。
如何せん地味なんだけど、台本の綺麗さはピカイチだと思っているし、もしかしたらもしかしないかな~と。


とりあえず、いよいよ当日。

不安要素はめちゃくちゃあるけども、まぁ楽しみにしているよ。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP