FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

新島旅行記 -『暑さに任せ、新島へ』編-

1泊3日の新島旅行から帰って参りました。

帰ってきたのは26日です。
昨日はすっかり疲れ果てて、ブログの更新やら何やら、忘れ切ってぐったりとしていたのでした。

24日の夜から船で新島に向かい、25日は朝から夜までガッツリ新島を楽しみ尽くし、26日も朝からジェット船で帰る夕方までガッツリ新島の魅力を体感したのだった。


申し込んだのは5月頃だったから、「いつになる事やら」なんて思ったけど、いつの間にか時は過ぎて、そして過ぎ去っていった。

長いようで短い、素晴らしい旅行だった。

感想は明日以降しっかり書きたいから、今回は自分が専門学校のブログ宛てに書いた旅行記を載せようと思う。






『暑さに任せ、新島へ』


世の中には、上手く行き過ぎない時があってもいいと思う。


今回の新島旅行は、1泊3日。
少し詰め詰めのタイムスケジュールになる事は否めなかった。

しかしどうだろう。
それが悪い事だとは、限らないんじゃないかなあ。


行きの船では、船上での皆とのコミュニケーションを満喫し、日の出こそ見れなかったが朝の海の風景を拝んだ。

島に着けばもうそこは見たことのない景色が広がっていて、何処に行っても綺麗な海が波音を立てるのが聞こえてくる。


沢山の美味しいものを食べた。

今回お世話になった民宿浜庄では夕食と朝食を用意していただき、海の幸を堪能。

レコードが立ち並ぶ和み処で食べた卵かけご飯に、お土産店で食べた清涼感溢れるソフトクリーム。

そして親水公園に併設されたレストハウスでの綺麗なエメラルドグリーンのクリームソーダ。


島の色んな場所を歩いた。

今回の旅行のメインであるガラス工房センターは勿論のこと、行くまでの道中は面白い石像を見つけては写真を撮った。

浜庄を出てすぐに見える海では童心に帰ったようにはしゃぎ、夜は花火をした。
勿論綺麗だったけど、思っていた以上に一瞬で花火は終わる。そんな儚さがたまらなく良く感じた。

その後は湯の浜温泉に行った。一日はしゃいで疲れていたせいか、河童を見た気がする。


新島二日目は自転車を借りて、博物館や勤労会館、フォトジェニックな景色広がる羽伏浦海岸を巡った。

「これなら昨日のうちに自転車を借りれば良かったね」なんて話した。
でも、この行き当たりばったり感が心地良かった。


僅か一日半ほどの滞在時間で、新島をかなり堪能した。

沢山の良い人に出会えた。皆優しい。この場を借りて、新島の皆さんに。ありがとうございました!
あ、引率の内田先生にも。ありがとうございました!


「宿泊日数があと一日長ければ」なんて言っていたけど、実は一番ちょうどいい日数だったのかもしれない。

何にも後先のことを考えずに遊んで、行き当たりばったりに島のスポットを巡って行く。

計画がないだけに上手く行かない事もあったけど、旅行はそれこそが醍醐味なのかも。


世の中には、上手く行き過ぎない時があってもいいと思う。






八月はすぐそこに。

平成最後の夏は、いつの間にか居なくなるみたいに、また何処かに行ってしまうんだろうか。
スポンサーサイト

ジューク・ボックス

19歳になりました。

10代ラストです。来年は成人する年です。
最後の10代を全力で謳歌していくつもりですんで、よろしくです。

Twitterやインスタに、自分の生誕19周年を記念して制作した動画を載せたので、良かったら見てください。
こういう作品もバンバン作っていけるよう頑張りたいね。

これからも、皆さんに面白いと思ってもらえるような作品を作っていくので、よろしくお願いします。


専門学校に入学してかれこれ3ヶ月。

充実した日々を送ってるつもりです。

今まで迎えた誕生日の中では、一番世間から外れぬような人間として迎えた誕生日だったんじゃないだろうか。
やっぱり、引きこもらずに外出るべきだな~。いや、適度に引きこもったほうがいいのだが。今でも出不精だし。

Twitter上でも、何人かの方に祝ってもらえて嬉しいです。

一時は、Twitterに日々密着していて、「相互フォローしましょう!」みたいな人ばっかフォローしてフォロワーを増やしてたりした。
そんで、誕生日には何度も誕生日ってことを呟いて大量にお祝いリプライをもらって満足気になったりしていたなぁ。

今でも承認欲求はとんでもないが、今の方がささやかでいいと思う。

共に誕生日を祝えるような関係性が一番いいと思う。
そういう人間関係を大事にしていきたい。


何にせよ、19歳も頑張ります。
ガツーーーン!!!

それは天気のせいさ

何だ今年の夏は。
暑すぎ。

高気圧だか、チベット高気圧が重なってるだか知らないけれど、こんな暑さってひどすぎると思う。どうにかしてくれ。

そんな中、火曜は学園祭の映画チームの話し合いで学校に行った。

有益な話し合いだったと思う。どういったイメージの映像を作るか、そしてどんな内容にするか、まだまだ漠然とはしているが十分進展があった。
今のうちから、色んな映画の予告編を見ておこうと思う。


一昨日はクサカベ絵の具工場見学。

何より、朝霞台という知らない駅に行くのが怖かった。

朝霞台なんて何処だかさっぱり分からない。現に、今「朝霞台」って検索しようとしたら「朝課題」って出た。
一発で検索できないような駅に行くのは怖い。

結局、本川越から川越市に行ってそこから池袋行に乗るという、一応乗り換え一度の方法で行く事に。
本川越から川越市まで徒歩8、9分ほど。迷わないか?という不安要素はあった。

なんだけど、いざ本川越駅に着いてみると、駅を出るほとんどの人が同じ方向に向かう。恐怖の渡り者という感じだった。
渡り者らについていくと、自然と川越市に到着。あーよかった。

そしてバスに乗り工場に。

工場内を見学し、その後水彩絵の具作り体験。
なんだか上手く行かず、結局雑になっちゃうといういつものやつになってしまったが、とりあえずチューブとしての完成は作れたので良し。


そんなこんなで、絵の具買ったりしつつ朝霞台駅に戻り解散。

しかしここでトラブル。
東武東上線が車両の故障だかなんだかでガッツリスーパーSTOP。完全に電車が止まっていた。

暫く改札前で立ち往生していたが、待っていても仕方なさそうだったので、仕方なく別の方法で帰宅することに。

その場に先生もいたんで、とりあえず横の北朝霞駅に一緒に移動して、新秋津駅まで乗ることに。さすれば西武池袋線に乗り換えられます。

電車内で色々お話して、新秋津駅で別れ今度は秋津駅へと歩いて向かう。
ここでも、新秋津駅を降りる人間は全員秋津駅へ向かうのだった。途中焼き鳥屋の前を通ったとき有り得ないほど良い匂いがした。

そしてそこから所沢駅に行き、無事最寄り駅に到着したのでした…

なんだかんだで、方向音痴ながら電車の乗り換えにも慣れたな~と。まぁ、乗り換えアプリとマップアプリあれば楽勝だよね。


それで昨日は一日家に籠って、今日はダイソー行って床屋行った。
めちゃくちゃ混んでた。しかも、5つ席があるにもかかわらず理髪師が2人しか居ねえだもんで、バカ待たされた。警察呼んでやろうと思った。

暑いとやる気が起きなかったりイライラしたりするけど、なんだかんだでこの気怠い季節は一番の青春なのである。

夏って変な季節だ。

八月の小さな冗談と、真夏の重い病い。
天気のせい、それは暑さのせい、それから先は………。

あー夏休み

そういえば、言ってなかったけど先週金曜日で専門学校の前期が終了しました。
夏休みです。

今日は海の日だったけど、先輩と一緒にジョナサンで学園祭について喋ったりした。
明日は映画チームの話し合い。学園祭で映画やその予告編を作るんですが、映像制作に携わる事になりました。

そして明後日は絵の具工場見学。絵の具を作れるそうです。

夏休みとはいえ、三連続で学校関連で外に出ていますね。昔だったら有り得ない事だな~。
日々とてつもない猛暑が続いていて今日も汗だくになったけど、既に平成最後の夏を楽しんでる感はある。


夏休みの課題もあるしな~。

映像を作ろうと思っていて、なんとなくアイディアは頭の中にありまして、今その音楽を作ってるところです。

学園祭で映像を作ることになるし、その肩慣らしとしてもちょうどいいと思う。
肩慣らしって言い方は良くないな。真剣に作りますよ。

自分の作る映像はvaporwaveみたいなジャンルの物なので、映画みたいな物はあまり作ったことがないけど、多分作れる!

基本的に、バラエティ番組やドキュメンタリー番組の編集の雰囲気を真似たりするのは好きなほうだ。
そういう方式で、既存の映画やその予告編の編集法を真似て作るのは出来ると思う。というか、やるぞ。


ギャーーー!!!

きみがいないことは、きみがいること

サニーデイ・サービスのドラム、丸山晴茂さんが5月が亡くなっていた事が公表された。

まだ47歳だった。それだけど、晴茂さんは死んでしまった。
ずっと入院していた事は勿論知っていたけど、あまりにも実感の湧かない訃報で暫くふわふわとした気持ちが続いた。


僕がサニーデイを聴き始めた頃、既に晴茂さんはバンドの一線から引いていた。

完全に後追いの自分は、はっきり言って今でも三人の中で晴茂さんの印象だけが薄い。
ここ数年、新譜には演奏参加していなかったし、ライブは完全にサポートミュージシャン。そこに晴茂さんの姿は無かった。

だけれど、サニーデイを好きになれば好きになる程、晴茂さんの存在は大きいものに感じていった。

「青春狂走曲」を読んでみると本当によく分かる。リアルタイムでサニーデイを体感していた人の感覚が。分かったつもりになってるだけかもしれないけど。

知れば知るほどはちゃめちゃな人で、だけど晴茂さんの叩くドラムはサニーデイにとって必要不可欠な存在で。


自分は楽器の技術なんて事は全然分からない。

よく、晴茂さんのドラムは「モタモタしてる」と言われたりしてるのを見る。
だけどそれが晴茂さんの味で、それこそがサニーデイの味だったみたいだ。

サニーデイの演奏はその当時下手と言われたりすることもあったらしいけど、そんな部分がサニーデイらしさだったのだと思う。


晴茂さんはアルコールの問題を抱えていて、数年前からバンドから離脱し療養に専念していた。

いつかはまた、サニーデイ・サービスのオリジナルメンバー3人による演奏が蘇る時が来ると思っていた。

自分はそもそもサニーデイのライブをまだ生で観れた事がない。
そんな自分が言うのもなんだけど、晴茂さんのドラム演奏がもう絶対に見れないと思うと悲しい。

『popcorn ballads』に収録されていた「はつこい」は、晴茂さんによるドラムが凄く心地良かったなぁ。
確かにあのドラムは、晴茂さんならではだったんだな〜と今は思う。


最後に。

「桜super love」って曲がある。

曽我部さんが、晴茂さんの事を思って書いた曲だ。

「きみがいないことは、きみがいることだなぁ」なんて言葉を曽我部さんは言った。
曽我部さんにとって晴茂さんはそんな存在で、サニーデイ・サービスは曽我部恵一、田中貴、丸山晴茂が揃わずとも三人がそこに居るような不思議な感覚があった。

晴茂さんはもういないけれど、サニーデイ・サービスはまだまだ続く。

晴茂さん、さようなら。

降雹海

今日は講評会でした。

ずっと自主制作をしてきて、初めての講評会です。先輩方の講評会を拝見したことはありましたが、今回は一年生も初参加。

割と早い段階で制作物の方向性を決めて、二ヶ月間みっちり作り込んだつもりです。

作品は様々なロゴを一枚のイラストボード(B3)に敷き詰めるというものでした。
インスタやTwitterに投稿しましたのでよろしければ観ていただけると嬉しいと思っております。

色々と試行錯誤した部分はあり、自分で納得がいかなかったり結論が出なかった点もあるのですが、制作自体は楽しかったです。
悩んだ事もありつつ、基本的には楽しんで制作できたから良かったかな~と。


ボロッカスに言われたらどうしようかとヒヤヒヤしていましたが、幸い肯定的な評価をしていただき有難かったです。

反省点も幾つかあるので、今回の事を踏まえてこれ以降は制作をしていきたいですね。
こういうロゴ系の作品はこれからも作っていきたいです。夏休みの課題がどうなるかは分からないけど。

あと、絵の中にホワイトファルコンがモデルのギターを描いていたのですが、それに気付いてもらえて凄い嬉しかったです。
地味に一番嬉しかった部分かも。気付く人だけ気付くネタに気付いてもらえた時の喜びって素晴らしいものがある。

今回はプロトタイプという感じで、あまり全体的に共通性のないものにした。

だけど、今後は何かしらもっとはっきりとしたテーマのもとに制作していければいいなと思っているし、見せ方の工夫というのも大事だなと思う。
デザインというのは見せる技術を磨くもので、ある種アート以上に見せ方にこだわらなければいけない。難しいが遣り甲斐がある筈。


明日健康診断があって、明後日に少々のホームルームを受けて前期は終了だ。

課題だったり、或いはフィールドワーク等で、夏休み中も専門学校生活自体は続く。
しかしこんなに嬉しい事はない。あんなに家に居たかった俺が、今は学校に行きたくてたまらないから不思議だ。

合宿もあるしね。何をするか全く考えてないけど、成り行きに任せようと思う。

カラオケまた行きたい。

好言

専門学校の授業が今週で一通り終わりました。

金曜で前期は終わりです。
水曜に講評会があるんで、頑張って間に合わせないとね。

作品自体は一応ほぼ完成してます。あとは最終チェック程度。キャプションも書かないといけないな。
明日は別に何も無い日なんだけど、一応学校に行って自主制作してきます。

そういえば金曜も自主制作しに行ってきたんだ。
いつも金曜は授業が無い休日なんだけど、自主制作が間に合わなさそうだという焦燥感で、午後から登校。

そんなわけで、今週は普段受けてないゼミの様子をちょこっと見れたから良かった。
ゼミ(厳密にはコミュ)受けてるのはいつもは水曜だけだから、木曜と金曜のゼミの雰囲気を少しでも味わえて良かったな。


なんだかんだでもう前期終了か~。

何度も言うようだが、学校生活に馴染めるか心配だったけど無事堪能してます。
良い先輩や講師に恵まれて良かった。同級生とも色々仲良くしていたりしてます。

夏休みは一ヶ月半あるけど、定期券もあるし、夏休み中も学校行っちゃおうかな。

夏休みの課題もあるし、それをやるって意味でも学校行こうと思う。
あんなに近所だった小・中学校ですら夏休み中に登校なんて早々しなかったけど、今はめちゃくちゃしたい。


そういえば、金曜に学校に行った時にいい事があった。

常日頃からサニーデイ・サービス好きを公言していた自分。
講師の方々にはサニーデイを知ってる方も多く、そんな話で盛り上がった事もありました。男子会とかね。

したらばなんと、とある講師の方から、1996年のROCKIN’ON JAPANを頂きました!!

ロッキンオンジャパンといえば言わずと知れた音楽雑誌。
なんとその号では、サニーデイのインタビュー記事がガッツリ組まれています!

写真&インタビューで10ページ!名盤「東京」を世に送り出した頃の貴重過ぎる時代です。
これ、めちゃくちゃプレミアありそう。そんなシロモノを頂いてしまって本当に有難いです。


好きな物って、公言していくべきだな~と思った。

でも実は、好きな物を公言していくことというのは、リスクもある。

「好き」は攻撃材料になる。
嫌われ者が言った「好き」は風評被害を受け兼ねない物となる。だから嫌われ者を自覚している人は気軽に好きな物を言えない。

だから、好きな物を言うのって、「良い人でいよう」っていう覚悟にもなるのだ。
八方美人で居ろって事じゃなくて、自然に振舞おうってこと。自然で振舞った結果、嫌われる人はいるのだけど。

なんにしても、「好き」は創作をしていく過程で最も糧となり活力になる存在なのだ。

そして、人脈なんかの繋がりを広げてくれるのも、「好き」って感情だと思う。
「LOVE」ではなく「LIKE」のほうね。「LOVE」も人脈を繋げるとは思うけど。ここで言ってるのはそういうバカしょっぱいポエムみたいな事じゃないんです。

因みに真逆の話になるけど、人との繋がりをより濃くするのは、共通の好きな物を語る事よりも共通の嫌いな物の話をする事だったりする。

悲しいかな、人の悪口を言う事が友情を深めるキッカケだったりするのです…
夫婦の長持ちのヒケツは、「好きな物が合う」より「嫌いな物が合う」だって何処かで聞いたことがあります。だからなんだって話だけど。

なんか話が逸れたけど、言いたいのは「好きな物をもっと言っていこう!」というポジティブな考えです。

でも、自分が嫌われてるな~って自覚があるなら軽々しく言わないこと!
実際俺もどうだか分かんないけど、しっかり人の目は気にしていこう!

佳境ポリ管

気が付けば7月になっている。

専門学校の前期も気が付けば佳境という感じで、前期の授業が今どんどん前期ラストを迎えている最中です。

デザインの授業は今日・昨日の両日で前期は終了。素描も今日で終わり。

さらに自主制作も昨日で終了。あとは各自居残りするなり家でやるなりして、11日の講評会に間に合わせないとなりません。
ちょっと風呂敷を広げ過ぎてこのままだと間に合わない感がありますんで、なんとか必死こいて頑張ります。

これでも、結構居残りして作業してる方なんですよ。
ほかの一年生はあんまり居残りしないですね。家で作業してるのかしら。

Mac組なんてのは、ほんとにちゃんと作業しているんだろうか?
今回自分はデザインコースだけどMac作業ではなく手描き作業なので、Macルームがどんな感じになってるかはさっぱりわかりませんが。


今日はカウンセリングしてきました。
あ、カウンセリングっていうと精神的に病んでたのかお前?と思われるかもしれませんが、簡単に言えば面談です。

前期の振り返り、そして後期はどうするかというのと、夏休みの課題のお話です。

しかし、こうして前期を振り返ってみると、最初ばかりは緊張していたけど今となってはすっかり緊張しなくなって、不安要素も全然ないの嬉しい限りだ。
こんなに学校生活が楽しいと思わなかったし、こんないい学校を選択出来てよかったな~と思っている。

デザインの授業で、名刺やらCDジャケットやらを制作したので、この場を借りてそれを少しばかりプレゼンさせて頂いた。
名刺も今先輩や講師の方々にちょこっとずつ渡しています。今度からは名前を相手に向けて渡しますね。

夏休みの課題は「時間」をテーマに自由に制作するそうです。何を作ろう?どんな媒体のものを作るかも悩むなぁ。


とりあえず、なんだかんだで専門学校生活も前期終了を迎えようとしているのです。
早いな~。ある程度溶け込めたのかな~。周りから見てどうなんだかさっぱり分からないけど、馴染んでいるといいな~。

後期は文化祭もあるし、頑張ろうっと。

夏は、サニーデイ・サービスの「シルバー・スター」も聴きごたえがありますね。
「さよなら!街の恋人たち」も良いです。

| ホーム |


 BLOG TOP