カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

聖徳TAISHIの『OP展』Vol.1 キャプション

このたびは聖徳TAISHIの『OP展』Vol.1をご視聴いただきありがとうございます。
この記事は、聖徳TAISHIの『OP展』Vol.1と併せてご一読ください。
途中、幾度となく自画自賛に走る傾向が見られますが、ご了承ください。


↓聖徳TAISHIの『OP展』Vol.1







■僕みたいな人間がゆめにっきをプレイしてスミマセン。 OP 序章

使用曲:徳澤青弦 - うるうびとアナグラム
使用Part:ゆめにっき実況 第一夜

記念すべき初実況動画で使用されたもので、最初の10秒ぐらいのやつのことです。
その時の自分が何を考えていたかは不詳ですが、「序章」という謎のタイトルがファイル名につけられていたので、序章なんだと思います。
『有限にして、無限。幽玄にして、夢幻。』という文言は、恐らく西尾維新氏からのインスパイアだと思われます。今でいうサブタイトルのようなもので、思い付いたときはテンションが上がった筈です。


■僕みたいな人間がゆめにっきをプレイしてスミマセン。 First OP

使用曲:徳澤青弦 - The Opening of “Potsunen”
使用Part:ゆめにっき実況 第一夜~第六夜

OP本編ですね。今見るとだいぶ作りが粗いです。素で使用曲の表示を忘れているのも初々しいですね。
一丁前に出している実況者名のクレジットバックのベッドは、トリミングに失敗しています。
ですが、初めて作ったOPであることを考えると感慨深いものがあります。


■僕みたいな人間がゆめにっきをプレイしてスミマセン。 Second OP(Special Mix Version)

使用曲:mouse on the keys - 最後の晩餐
使用Part:ゆめにっき実況 第七夜~第十二夜

第七夜で使用している特別版と、それ以降使用している通常版をミックスしたものです。なので同じクレジットが二回出てますがご了承ください。
最初のOPと比べるとだいぶ進化が見られますが、まだやや慣れてない感があります。
タイトルに凸エッジをかけていたり、タイトルバックのKALIMBAに綺麗なグローをかけていたり、覚えたエフェクトをとにかく使いまくっていますね。


■夢、所詮妄想 OP(Special Version)

使用曲:KANA-BOON - 1.2. step to you
使用Part:夢、所詮妄想実況 Wahn.1

ゲーム内容とOPの雰囲気がマッチしていないようにも思えますが、ゲームのタイトル画面における純真さや、あどけなさの中に見える重苦しさを考えると、意外とアリだったんじゃないかと。
音楽もポップながら歌詞は意外とマッチしている気がしますし。KANA-BOONはベースが不倫者でしたが本当に良いバンドだなと思います。
地味にタイトルフォントは明朝体をアレンジして自作していたり、意欲作です。


■つくものゆめ OP -牲ハ“こづき”-

使用曲:天地雅楽 - 疾きこと風の如く
使用Part:つくものゆめ実況 犠ノ壱~犠ノ伍

とにかく音楽が最高です。和ロック。音楽が良いと素人が作ったOPも補正されます。
ノイズ映像を合成しているのと画面端に和柄の継接ぎがチラチラと見える以外は、ゲーム画面を拡大等の編集をほぼせず使用しています。デザインが良いですからね。
つくものゆめ実況は編集傾向の大幅な変更を行った実況で、OPもこのあたりからやっと自我流の制作を心掛けていた気がします。心掛けているだけですが。


■つくものゆめ OP -牲ハ“雨付き”-

使用曲:天地雅楽 - 風の王国 ~Kingdom of wind~
使用Part:つくものゆめ実況 犠ノ陸~犠ノ拾弐

まず謝りたいのが、OP中では使用曲が「時空の風」と表示されていますが間違いです。ネットやiTunesインフォでの誤謬を鵜呑みにしてしまいました。申し訳ありません。正しくは「風の王国 ~Kingdom of wind~」です。これも良い曲です。
どうでもいいですが、ここからAVIファイルではなくMP4ファイルでエンコードしています。
つくものゆめの制作者の方とは、後にmy favorite実況のOPでコラボさせていただきました。Vol.1には収録されていませんが今後必ず収録されますのでお楽しみに。


■.B.P. First OP(Special Version)

使用曲:TAKE - Don't Look Now
使用Part:.B.P.実況 .Schlaf.1.

個人的には今まで作ってきたOPの中で三本の指に入る出来です。というか、音楽とゲーム内のドット絵が最高すぎるからであって自分の腕ではないんですけども。
ただ、タイトル画面は結構こだわって作ったつもりです。莫大なアルファベットフォントの中から最良なものを苦心して選びました。
初回のみの特別版で、始めに古き良き電車の音と共にサブタイトルが表示されます。


■懐かしの『おこめゲーム』をやってみよう OP

使用曲:徳澤青弦 - Hachimonji
使用Part:おこめゲーム実況 ※一粒目~※四粒目(完食)

こういう少しふざけたOPは自由気ままに作れるので良いですね。
どんぶり飯、お握り、お餅、ブランド米、米俵、稲を自分で描いたのも楽しかったです。
「おこめゲーム」の「お」と「ゲ」の点が米粒になっていますよ、お米美味しいですね。


■Fleshchild OP -Female-

使用曲:The Field - Over The Ice
使用Part:Fleshchild実況 Parts.1~Parts.7

無機質で音を最小限に抑えたミニマル・ミュージックに乗せた、無機質で最小限のOP。
タイトルフォントは自作です。線が一片ずつ伸びて文字を完成させるというアニメーションはずっと再現したかったものだったのです。
ミスでアンシャープの効果がかかっていますが、これはこれで良かったかもしれないですね。


■Fleshchild OP -Male-

使用曲:The Field - Over The Ice
使用Part:Fleshchild実況 Parts.8~Parts.10

Famale版とあまり変わってない気もしますが、一応ちゃんと変わってますからね。
ミスでかけていたアンシャープ効果を消して、映像もMale版用に差し替えて。
そういえば、Fleshchild実況は初めておまけコーナーを付けた実況シリーズで、このOPの最初におまけコーナーを付随させていたんですよ。


■ゆめあるき First OP(Special Version)

使用曲:Syncopix - Girl Talk
使用Part:ゆめあるき実況 1歩目

このOPもお気に入りです。特別版は様々な異国風味を持ち合わせた映像が付随しているのですが、これが結構好きです。手前味噌ですが。
ゆめあるきが持っているエスニックさが堪らなく好きだったので、それをOPで表現するのがかなり容易ではなかったです。
映像に合成しているのは、主人公の名前にかけて「ツイル生地」のパターン素材をアレンジして作ったものです。


■ゆめあるき Second OP(Special Version)

使用曲:Syncopix - Girl Talk
使用Part:ゆめあるき実況 5歩目

前のOPをアップデートして作ったOPなので、収録するのはこちらだけで良いかなーとも思っていたのですがどちらも好きなのでどちらも収録しました。
因みに、タイトルフォントは既存のフォントをなぞって描いたものを何個か用意してぐにゃぐにゃ動いてる感じを出してます。


■Leave OP

使用曲:Tim Hecker - Virginal II
使用Part:Leave実況 前篇~後篇

怖いOPです。単発動画のOPですから、初めて見た方も多いのでは。
何せ怖いゲームだったので、怖いOPを作って視聴者を自分のプレイ時並みに怖がらせようという魂胆でした。音楽も不安定だし、「彼があたしを待ってる」も怖いです。


■ふにゃ麺道場 OP

使用曲:New Order - Blue Monday
使用Part:ふにゃ麺道場実況

実況一周年記念動画のOPです。一見オシャレなOPが始まりそうな出だしですが、実はだいぶポップなOPという欺瞞。
ふにゃもらけという可愛らしい生物がラーメンを食べる様子、愛くるしいです。


■Debris Second OP

使用曲:Nu:Tone - Jet Stream
使用Part:Debris実況 Bit.6~Bit.9

音楽の疾走感が堪りません。ガラスのように透けた文字に、文字の線が浮かび上がるというフォーマットはお気に入りです。
初期作にしては結構綺麗に作れたOPです。この頃から編集に慣れ出したんですかね。
因みにFirst OPは、まだBPMとの適合に慣れていないため大幅に音ズレしていて見るに堪えない出来だったので未収録です。


■Debris Last OP

使用曲:Nu:Tone - Jet Stream
使用Part:Debris実況 Last Bit.

疾走感より切なさや儚さを重視して、音楽も切なげな部分を切り抜きました。
DebrisはOPもEDも全て同じ音楽でやり通しましたが、この曲の爽やかさはこの派生作品ととてもマッチしていたと思います。


■僕みたいな人間がゆめにっきをプレイしてスミマセン。 Last OP

使用曲:徳澤青弦 - The Last of “Potsunen”
使用Part:ゆめにっき実況 最終夜

ゆめにっき実況を締め括ったOPで、やはりまだ詰めの甘さは散見されますが「それはそれで良い」という方向で昇華していただきたいです。
ただ、タイトル前の二小節部分はシンプルながら不気味さが出ていて、逆に今じゃ作れないだろうなーという感じです。
今だったら手描きイラストを織り込みそうですが、徹底的にゲームその物の素材のみで作っているのがこの頃らしくてシンプルな良さがあります。





ここまでお読みいただきありがとうございました。

聖徳TAISHIの『OP展』Vol.2もご期待ください。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP