FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016、完。

2016年もとうとう終わりです。

大晦日という実感が一切ありません。毎年こんな感じだったっけ?
なんか今年一年ってどうだったんだろうなー。良い年だったと言いたいですがねー。


とりあえず過去の記事をパッと読んでどんな一年だったか想起してみました。

思い返せば、今年はスマートフォンとの関係がより密接になった一年だった。
今年2月にWi-fiが我が家に繋がり、とにかくWi-fiを使い倒した。最先端を生きてる気がした。

さらに、できるだけ流行に乗っかろうと思った。
「流行についてけないわ〜」とか言ってるのって結局ただのバカなので、それだったらとことん流行に乗ってやろうじゃないか!!と。

流行に乗っかるといっても、大したことはしてないけどね。
とりあえず、App Storeで人気のあるアプリはとことんインストールしてみるという運動。

miitomoやスーパーマリオランもインストールしたが、その中でもやっぱり密接なのはポケモンGOだな。
まさか五ヶ月経った今でもやってるとは…いやーもはや惰性ですが、なんだかんだ面白いっちゃ面白いです。

ポケモンGOのおかげで、今年はだいぶ外に出たな。
いや、今は通学中にやってるだけだけど、夏休みは毎日自主的に外に出てたし。
今年の夏休みは出不精の自分では有り得ない稼働率だった。最も外出した夏休みだったな。


今年はライブも沢山見た。
いつものエレ片コントライブ、エレキコミック発表会は勿論のこと、「カジャラ」を観たのは良い思い出だ。

KANA-BOONのめざましライブも観に行った。
アーティストのライブに行ったのは初めてで、慣れないこともあったが生で見る演奏は凄かったなー。

さらに年末に見たエレ片in両国国技館。国技館の迫力凄かったなー。
夜に見るライブという意味でも新鮮だったし、いつも見るコントライブとは違う大イベントっぷりも新鮮だった。
今年のライブ納めとしては最高のライブだったなー。今年ライブ5回観たんだね。

しかも映画も観た。「君の名は。」を観た。
良い映画だったなー。この映画を見たってのが、さっきの流行に乗るにも繋がってるね。
普段本当に映画観ないので、色んな映画観てみたいなーと思いました。有名な映画観たい。


CDもいっぱい聴いたー。
KANA-BOON「Origin」、サニーデイ・サービス「DANCE TO YOU」が特に名盤だったなー。

クリープハイプの「世界観」も良かったが、今年ようやく買った「踊り場から愛を込めて」と「待ちくたびれて朝がくる」が良すぎた。
なんかタイミングを逃し続けていて、今まで買えてなかったんだけど今年やっと買ったのだ。
これが最高。知らなかった曲もやっと聴けたが全部最高だ。尾崎の声も全盛期で良い。

クリープハイプ繋がりで言うと、尾崎の小説「祐介」も良かった。
尾崎のあの黄色いバックのブログが大好きなんだけど、そこで綴られていたようなバンドマンの泥臭い青春がふんだんに詰まってる小説だった。

残念だったのは、ゲスの極み乙女。の「両成敗」だけだな。
不倫するわ反省しないわ、自粛するわ事務所追い出されるわ、肝心の音楽も今年は微妙だわ。
もうあの頃のゲスの極み乙女。は戻ってこないんでしょうか。あーあ。



まーとにかく、色んなことがあった一年ではありました。
特になんか努力したり身に付けたりしたりはしなかったなー。絵も描いてはいたけど、努力したと言えるほどは描いてないから全く上手くならなかったし。

でも毎年そんなもんだよね。
特に何もしてなくても、数年も経てば「良い年だった」と感じるはずだ。
でも、思い出補正もいつまでされるかなー。もしかしたらそろそろされなくなる頃かも。

とにかく今は2012年、13年、14年あたりが凄い懐かしいよ。
たった数年前だけど、妙に懐かしくて恋しくなる。もし一年という概念が形あるものならば抱きしめたい。


なんかもう何を書いてるかも何を書いたらいいかも分からないけど、来年も良い一年にしたい。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP