FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ワイドナ片桐

片桐くんがワイドナショーに出た。
少なくとも、去年の今頃ならば有り得ない夢物語だっただろうな。

ほんと、「99.9」が大きなターニングポイントになったんだな。
個性派俳優として多くの人に認知してもらって、一応“有名人”というものに片足ぐらいは突っ込むことができたのでは…と。

“自分が好きなものが有名になる”という事に対して、自分は抵抗が無い。
よく言うじゃないですか、「あの人メジャーになっちゃったな」とかって。
自分は、好きなものはとことんメジャーになってほしいタイプなので、今の片桐仁の状況は本当に嬉しいし、今後はさらに突っ込まれてエレ片でよく出す面も出してほしい。

そういう意味では、この前のA-studio良かったね。
ラーメンズの話もしっかりとした上に、エレキコミックの証言で片桐さんの正体を暴いていく光景はとても愉快だった。

今までのテレビ出演で、一番評判良かったんじゃないかなぁ。
ラーメンズファンにとっても、エレ片ファンにとっても最高だったと思う。カジャラの写真も出たしなー、DVD化待ち遠しいよ。


さて、気付いたら話がA-studio出演に逸れてしまいましたが、今回言いたかったのはワイドナショー出演ですよ。

先週、起きたらTwitterでそれを知ってビックリ。
録画したワイドナショーを観たら、本当に最後に“片桐仁”の名前が出てやっぱりビックリ。
そして一週間、今日の放送が始まるに至るまで全く信じられなかった。

信じられなかった理由は、ダウンタウンとラーメンズの無縁さに尽きる。

いや、小川菜摘がコバケン好きで、浜ちゃんから花が来てた?的な話は聞いたことあるので、完全なる無縁ではないけどさ。
でも、松ちゃんとラーメンズに関しては関係性が皆無というか。
唯一の関連は、放送室で高須がラーメンズの名前を出した時に松ちゃんが「ラーメンズはあんま知らんけど」と言ったぐらいだ。

いや、正直もしかしたら、片桐さんがプチブレイクしたことでダウンタウンとの共演もあるかな、とは思った。
でも、それは例えばダウンタウンDXとか…そういう番組だと思ったんだよ。
ワイドナショーは管轄外だった。毎週観てるけど、出るとは思ってもみなかった。

だって、片桐さんとコメンテーターという存在が無縁だから。
世間知らずで流行りのニュースも知らないような片桐さんが、タイムリーなニュースばかりを取り上げてわいわい喋る番組に出るなんて。


とにかく色々と信じられなかったが、信じられないうちに今日が来た。

楽しみにしてたんだろうか、いつもならエレ片聴いてから3時に寝て11時ぐらい起きるのに、今日は9時半にスッと起きた。
とにかく眠かったので、きっかり10時まで布団の中で目を瞑った。

そして10時。
ワイドナショーがいつものようにスタートした。

松本人志の横に片桐仁がいた。
夢なのかと思った。10時まで寝ようと思って、気付いたら夢を見てたのかと。
でも現実だった。頬をつねらずとも、はっきりと現実だということはわかる。

そして1時間15分、片桐仁はずーっと居た。

ワイプに映る、ポカンとしないように口をしっかり閉じる片桐さんが滑稽だった。
そしてそれなりに喋った。嫁さんのことも喋ったし、鯛Phoneもややあざとめに登場した。

そして、ジミー・ペイジのニュースでしっかり「エレ片in両国国技館」のことも喋ってて、しかもちゃんと放送されていて嬉しかった。
やついさんの名前も出て、しっかりとやついさんの写真が出た。
「ガラガラの写真を見せられて震え上がった」って話、このライブの写真の話だったのか。


そんなわけで、良かった。うん、良かった。
ラーメンズのことや俳優業のことが触れられなかったのはいささか残念だったが、エレ片の話題が微量ながら出たことが幸甚。
今度はダウンタウン二人との共演があれば良いな、と思った。

秋元アナは本当に離婚協議中なんだなと思った。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP