FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

KANA-BOON『Origin』感想

相変わらずリリースからめちゃ経ってから感想を書くパターン。
今回はKANA-BOONのアルバム『Origin』の感想を。

前回、ゲスの極み乙女。のアルバム『両成敗』を結構ボロクソに書いた。
自分が書いている文章は、評論とかではありません。
評論みたいにちょっと堅い感じで書いてみたりするだけの、ただの感想。

音楽理論だのなんだの、まるで分からない自分です。
ので、思った事を思ったように書き連ねるだけ。
なので、特に理屈や理論もなく、だいぶ悪く書いてしまったりもするわけです。

そういう感じなので、今回のアルバムも、もしちょっとでも自分の思い描いていた通りのアルバムじゃなかったら、完全にボロクソに言ってやろうか、アホ!と思っていたわけですが…。


はっきりと言いますけど、
今回のアルバム『Origin』、悪いところがマジで一個もないと思う。

「自分の思い描いていた通りのアルバムじゃなかったら~」なんて杞憂すぎて。
期待の遥か上をいかれすぎて、テンションがおかしくなったぐらいです。


突然ですが、僕の一番好きなKANA-BOONのアルバムは『DOPPEL』なんです。
でも、実は最初聴いたときってそこまでピンと来てなかった。
「1.2.step to you」が好きで買ったんですが、それ以外の曲はその時は微妙でした。
でも、段々好きになってって、今じゃ本当に大好きですよ。

今回のアルバムは、最初に聴いた時点で、もう大好きだった。
そういう意味では、衝撃度は『DOPPEL』を超えたし、好き度も肩を並べました。


ちょっと悪い言い方だけど、KANA-BOONって本当に“普通のバンド”なんです。
でも、だからこそ良い。普通だからこそ格好いいバンドなんです。
言わば、シンプル・イズ・ザ・ベストを体現しているバンドだと思っています。

今回のアルバムも、普通ながら、様々なアプローチで切り込んじゃって。
ゲスの『両成敗』で感じた、アルバム全体の似たかよったか感は一切ない。

1曲目の「オープンワールド」からフルスロットルですよ。
何なんですか、このフルスロットルさは、と言ってしまうほどにフルスロットル。

その後繰り出されていく、「机上、綴る、思想」や「anger in the mind」は、緊迫感溢れながらも感情が爆発してて最高に格好いい。
「インディファレンス」や「革命」はその系列に並びながらも、今までにない切り口でした。
歌詞の内容や、張り詰めたサビの雰囲気は新たなKANA-BOONの一面。

「グッドバイ」が持つ寂しげなメロディも大好きだ。
ギターストロークから何から、もう褒めるところしかないです。
アウトロでフェードアウトしていくのもKANA-BOONには珍しくて、けれどこの曲の雰囲気にはそれがマッチしていて、最初から最後まで徹底してかなり素敵な曲だった。

「スタンドバイミー」はこのアルバムで重要な役目を担っているであろう曲。
「離れ離れになってしまったものを再び取り戻す」といったような歌詞の内容が、まさに今回のアルバムにおける「原点に戻る」事を表しているような気がしました。

そんな曲から流れ込むように、最後にして表題曲の「Origin」。
原点に戻ったうえで、さらに成長するKANA-BOONを表したような曲。
いつもほど音域も高くないのに盛り上がれる、新しいKANA-BOONロック。


そして、今アルバムの目玉であろう、「KANA-BOONが人間をつくります。」について。
インディーズ時代、2曲入りシングルを5ヶ月連続で出した企画を再現したディスク。

再録された「見たくないもの」から始まり、「目と目と目と目」、「MUSiC」と、もう僕が大好きな曲ばかりが続くラインナップ。
既存曲が三曲続き、ついに新録曲「ピアスを開けた」。
なんと鮪の弾き語り。とにかくエモーショナル。
インディーズ時代から谷口鮪の才能が爆発してた事を証明してる曲です。

そして本編にも収録されている「talking」を挟み、新録「うそばっかり」。
終盤での感情爆発した叫ぶかのような歌い方がスゴイ。
そして「クローン」は再録されても相変わらずユーモア溢れる曲。
「かけぬけて」は相変わらずイントロからアウトロまで最高すぎます。

そして最後の2曲。「僕らはいつまで経ってもさ」と「Construct Connect」は今まで封印されていた事が嘘みたいに良い曲。
でも、そこには何らかの想いがあるんだろうな~。
如何にこの2曲が特別な曲か、っていう事ですね。


曲を通して、人間をつくる。曲を紡いで、人間をつくる。
そんなコンセプトが込められたこの企画、及びこのディスク。

目、耳、口、手足、そして最後に心。
それぞれ丹精込めて作られた曲が一つにまとまる。
KANA-BOONのすべてが詰まった10曲と言っても過言でもないかも。

言うならば、このディスクは『裏Origin』だと思う。
いやぁ、初回限定盤Aを買ってよかった~。
ん?初回限定盤Bも買ったけど。DVDも見たいでしょ、そりゃ。



だいぶ長く書いたけど、とにかく非の打ちどころがないアルバムでした。
これからのKANA-BOONの逞しい成長にますます拍車がかかった気がします。

KANA-BOON、普通に素晴らしくて異常に素晴らしいバンド。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP