カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2015も終わりだよ

今日は2015年12月31日です。

繰り返します。

今日は2015年12月31日です。

大晦日。
ついに今日、2015年が終わりを迎えます。
そして、2016年がやってくるのです。

今年の動画活動については振り返り動画で喋ったので、
ここではそれとは違う事をしゃべりたいと思います。


…と思ったのですが、
意外と思いつかないですねコレが。

いや、今年もいろんな事があったんですがね。
今年僕も晴れて高校生になりましたし。
でも…別にその高校で何か特別な事があるわけでもない一年でした。

KOCやM-1も面白かったですけどね。
でも別にそれは毎年だし。

あまりに何も思い出せないので、ブログを振り返る。
しかし、ありえないほど大した事を書いていない。
意味のわかんない記事しか書きやがって、アホ!やめてまえ!

唯一、多少変わったことといえばスマホを買った事。
最初は全然わからんかったけど、今じゃすっかり慣れたねー。
「ガラケーで十分じゃない?」と思ってた自分を殴りたい。めっちゃ良いですスマホ。最高。

……それぐらいかなー。

でも、シンプルイズベストっていうじゃない?
大した事なくても、「なんか楽しかったなー」って感じなので、よくない?


というわけで。
今年も一年ありがとうございました。

来年も、聖徳TAISHIをどうぞよろしくお願いいたします!



……………。



この記事の真実知りたかったら、この記事見たらいいよ。
スポンサーサイト

動画の画像どれにするか迷った。

2015年を振り返りました。



この動画で2015年の動画投稿は終わりです。
実は去年も振り返り動画はやっていたんですが…現在非公開。
その理由は動画内で言ってますのでヨロシク。

2015年も早かったなー、なんて思っていたのですが、
振り返ってみると意外と長かったのかなぁ。
夢語り実況が今年だったのは意外だった。去年の気がしてた!


来年は何をしようかなー。

派生実況に関しては、いろいろ実況してみたい派生も多いです。
来年も色々な派生実況をしていくつもりです。

派生以外の実況も充実させていくつもりです。
とりあえず上半期はSAVE実況ね。長期シリーズになりますよ。
単発動画とかももっと投稿していきたいですしね。

OP集的な動画も作りたいですね。
なんだかんだ、1年半やってきてかなりOP貯まってます。
現在約40個ありますので、とりあえずvol.2までOP集を作れるぐらいありますのでね。
来年も、色々なOP作りたいね。日々構想を考えよう。


来年も、聖徳TAISHIの動画活動を何卒よろしくお願いします!

夢、所詮妄想リメイク

ゆめにっき派生作品「夢、所詮妄想」が一部リメイクされたようです。

この派生作品は僕が一番最初に実況した派生作品です。
それだけに思い入れの強い派生です。

さらに、Twitterで夢、所詮妄想の作者の方と少しお話をさせていただいたのですが、
なんと僕の実況動画を見てた事が判明。

その当時は本当に未熟で(今も未熟ですがそれ以上に)、
今思うと至らないところもかなりあって少し恥ずかしさもありますが…。
でも、それを吹き飛ばすぐらいにめちゃめちゃ嬉しかったです。


いつか、再実況したいです。

最近、自分の過去の動画のいくらかを見返す機会がありまして、
その時に、過去の未熟さを痛感しました(今もですよ、今もですけど)。
なので、機会があれば再実況もしてみたいな、とまさに思っていたところでした。
リメイクされたこの機会に、再び実況してみたいですね。

ただ、現在は別の派生作品を実況していますし、派生作品の実況を並行してやっていくのはなかなか難しいと思うので、実況をするとしたらだいぶ先になるかもしれませんね。

それまでリメイク版をプレイしないのは恐らく我慢できないです。
で、既に今日DLしました。
本当は今日のうちにもプレイしようと思っていたのですが、今日は動画制作やらで忙しくプレイの時間がなかったので明日以降ですね。

あくまで再実況は願望ですし、作者の方にもリメイク版実況に関する明確な許可はまだ取っておりません。
ですが、いずれしたいですね。というお話でした。

キングオブコメディ高橋、逮捕

パーケンこと キングオブコメディの高橋健一が、
高校に侵入して女子高校生の制服などを盗んだとして、窃盗と建造物侵入容疑で逮捕されました。

悲しいです。
才能がある芸人だっただけに。

先週のエレ片のコント太郎にて、彼はゲストとして出ていました。
その時僕は本当に笑わせていただいて、高橋さんの才能を再確認しました。
そんな事があっただけに、このニュースは衝撃的でした。

やついさんのTwitterを見て高橋さんの逮捕に気づいた際には心が痛みました。
今日の放送で、先週の放送を振り返る掴みのトークにて、恐らく高橋さんの名前を言ったであろう部分がカットされていた際にはもっと心が痛みました。


ニュースの記事を見て、最初は1、2年前からやっていた事で、2、3回ほどの犯行だったのかと思いましたが…。
「20年前」からやっていて、「5、60回」やっていたという真実には驚きました。

キングオブコメディになる前、またはなりたての頃ぐらいだと思いますが、
その頃からずっと彼は犯罪者だったというのは少し悲しかったです。


高橋さんは2007年に痴漢冤罪を受けました。
その時の乗客や芸人仲間の支援により、冤罪と証明されました。
しかしこうなってしまうと、本当に冤罪だったのか?と疑ってしまうのは当たり前です。
本当に冤罪だったにしても、窃盗行為自体はしていたわけですから。
「この事で、本当のほうの罪がバレたらどうしよう」、とか思ってたんでしょうか。。。

今回の事は、ファン、芸人仲間、そして相方の今野さんを裏切る形となりました。

痴漢冤罪を乗り越え、2010年にKOCで優勝したキングオブコメディは格好良かったです。
キンコメは本当に面白いのに。これではもう笑いづらいです。


事が事なので、復帰も危ういかもしれません。
キングオブコメディ解散なんて事になったら、悲しいです。

高橋さんは笑いの才能があります。
難しいでしょうが、何かしらの形での復帰を願うばかりです。

聖徳TAISHIは世界一の音痴だったの巻

クリスマスでしたね。昨日は。

クリスマス感が全くなかったです。
何もしませんでした。普通の日でした。

そんなことはさておき、
自分が想像を絶するほどの音痴だと発覚しました。

一応、自分が音痴であることはある程度自覚していました。
そのため、僕は一度もカラオケに行ったことがありません。
誘われた事も何度かあったけど、完全に断りました。

とはいえ、自分の歌唱力を40点ぐらいだと思っていました。

しかし。
最近、0点だと発覚しました。

そもそも最近、自分の音域が異常なまでに狭いことが発覚しました。
恐らく通常の男性はmid2G(ラ)かhiA(シ)が地声の最高音だと思うのですが、
僕は、安定して出る地声の最高音がmid2C(ド)です。

福山雅治の歌が高すぎて歌えないという、驚異の狭音域。
最低音もlowFと、低い声が出るわけでもない。
通常の男性の一回り狭い音域というわけです。


その上。
自分の最高音を確かめるため、SoundEngine Freeというソフトのヴィジュアルという機能を利用し、自分の声の音を確かめている際…。

なんと、50%ぐらいの確率で音が半音ズレている事が発覚。
音域が狭いうえに、そもそも低い音すらまともに出ていなかったのです。

つまり、この世に僕がまともに歌える曲は存在しなかったのです。


恐らく腹式呼吸が出来ていないんでしょうね。

僕は息が14秒ほどしか続きません。
調べたところ、この秒数は病的レベルギリギリアウトだったのです。
さらに僕は腹筋が30回やっただけで次の日の筋肉痛が異常です。
そもそも、身体がボッロボロなので歌も歌えるわけがありません。

とりあえず根本的に鍛えるつもりです。
とりあえず音域うんぬんの前に、音程を外さない事を目標に。

そして最終的にはクリープハイプを地声で歌える音域がほしいです。
目標は高くないとね。hiFとか出る気がしないけど。裏声でもギリだし。

ゆめにっき派生の制作のあり方

ゆめにっき派生の界隈に、新たな問題が起こりました。

その問題が起こった方は、同じゆめにっき派生実況者で、親交があった方でした。
それだけに、この問題に関しては特に僕も考えさせられるものがありました。

その問題の内容については、ここではあえて言及しませんが、
その問題について色々思う事があり、Twitterでも言い尽くせなかったのでここに書かせていただきます。


この問題に関して「本家愛が感じられない」というような意見がありますが、
僕はその方のためにも、それはない、と言いたいです。
その方の実況では、時間をかけて派生の考察をしている様子が何度もうかがえましたし。
その方には本家を愛する心がしっかりとあったと思います。

それと「素材が自作ではない」という点について。
本家ゆめにっきが全て自作の素材でできている以上、確かに派生を作る上での素材の自作はベストの方法でしょう。
ですが、一部フリー素材を使用している派生作品があるのも確かです。
そして、僕の知っている限りその作品は素晴らしい作品でした。

もっともそれは極論で、今回の件とは違います。
今回の件では、一部ではなく全てのデザイン・BGM等を別の方に制作してもらっていました。
それに関しては、確かに僕も少し思うところがありました。
ですが、この事が今回の件の最大の問題点だとは思いません。


僕の思っている最大の問題点は、やはり制作過程の報告です。
そこは、やはりオブラートに包むことが必要だったと思います。

その方が派生実況の最後におまけとして派生の制作過程を報告する動画をつけた際には、僕も疑問を感じました。
派生作品の制作過程を報告すること自体に対しての疑問もそうですし、
それを派生実況の最後に挿入したことに対して一番疑問を感じました。
その行為は、僕には便乗行為のように見えてしまいました。

その後、制作過程を報告するためだけの動画を投稿したときにも、僕が抱いた違和感は晴れませんでした。
「ここは意味深です」「ここは考察どころです」といったような発言が見られたからです。

派生を制作する際に、土台となるストーリーを考えるのは自由です。
ただ、それをあまりにも開けっ広げにする行為に対しては、僕は反対派です。
「ここが重要だ」というのは受け手が思う事です。
それを作者自ら説明してしまうのは、ゆめにっき派生としては如何なものか、と。


本家ゆめにっきには、必要最低限な説明しかありません。
説明されているのはプレイのしかたのみ。
主人公の名前すら明確にされていない世界観です。
明確な説明がない以上、「窓付き」が名前とも限らない、そんな世界観です。

それに感銘を受けたゆめにっき派生作品も、また然り。
その派生によって多少の例外はあれど、過度な説明はありません。

ゆめにっき派生作品のあり方はそれなり自由だと思います。
ベースは本家を尊重しつつ、そこに自分ならではのアクセントを加えるのは自由だと僕は思っています。
現に、その方法でたくさんの素晴らしい派生作品が生まれています。

ただ、稀に本家とかけ離れすぎたベースを持つ派生作品もあります。
それは、その作者が本家を愛していたとしても起こりうる事です。

今回の件もそうです。
その方は僕の見る限り、きっと本家を愛していたはずです。
ですが、制作に対しての思いに、少しボタンの掛け違えがあったようです。



今回の問題について、その方に問題点があったのは事実です。
ですが、僕はその方を嫌いになったりはしません。
僕は、今でもその方を尊敬しています。
今回の件で、自分自身の問題をしっかりと把握し、そして考え直し、制作していたその派生作品を別の形で完成させてほしいです。

こんな事を偉そうに言っていますが、僕にだって問題はある筈です。
今回のことで、僕も改めて派生作品のあり方や、派生実況のあり方を考え直しました。

僕も本家ゆめにっき、及びゆめにっき派生を愛する者として。
細心の注意を払って行動していこうと思います。
一歩踏み外すと、愛は冒涜に変わってしまいます。

残り二週間侍

2015年も、残り二週間。

ありえないです。早すぎます。
個人的にはまだ9月ぐらいのテンション。
「まだ年始のテンションだよ!」って書こうとしたけど、
さすがにそれはないので、しっかりとリアルを書きました。

ところで、今これをPCで描いているのですが、
PCが異常に重いです。本当に異常です。

僕のPCは動画とかを見ていると、あるとき急にありえないぐらい重くなることがあります。
動画を止めた後もしばらく重いのでお手上げです。

今回も動画のせいで死ぬほど重くなってしまい、動画を止めた今でも死ぬほど重いのです。
文字を打つスピーオが遅すぎます。1秒に2文字ぐらいしか打てません。
スピードをスピーオと打ち間違えてしまいましたが、あまりにも打つのが遅いので直すのも面倒なもんで、直さないです。もういや。


話を戻します。

今年も残り二週間なんですよ。
二週間ですよ。二週間ってアンタ、すぐ経っちゃうがな。
因みに、今やっとPCがだいぶ軽くなってまいりました。

二週間後に大掃除とかしてると思うと、怖いね。
大掃除といっても、具体的な片付けはしないんだろうなー。
何年前から「本格的に片付けしよう」と思っているんだろう、僕は。

敷いてあるカーペットみたいなんが、30cm×30cmぐらいのヤツをパズルみたいに組み合わせる式のヤツなんですけど、それがズレてきてるんです。
直したいけど、勉強机があるもんで、総取っ替えが出来ない。
仕方ないので、勉強机のない部分の上にカーペットを敷いたろうかなと思ってます。
因みにそれを思ったのは2年前。いつやるんだろ。

残り二週間も満喫シマショ。
それでは。

ついに

お久しぶりです。

ついに新派生実況を投稿しました。
海外のゆめにっき派生、「Someday」です。



リクエストも頂いておりましたし、
さらに僕がかなり気になっていた派生だったので、
今回実況してみる事にしました。

割と先まで貯め撮りしていますが、かなり長くなると思います。
part10以上には確実になるでしょう。お楽しみに。


たぶん、今までで一番動画投稿の間隔が空いてしまいましたね。
二週間以上。時が経つのはやいです。
一日が30時間ぐらいあってくれ!と何度思ったことかね。

この二週間、色んなことがありました。
動画投稿が遅れたのにはいろいろな訳がありまして。

僕は、OP制作・その派生の特徴をとらえる事などを目的に、割と貯め撮りをします。
今回も、先ほど言いました通り、割と先まで貯め撮りをしております。

そしてその貯め撮りは、今月の3日には終わっておりました。
ではその後の10日間、何をしてたんだ、っていう。

貯め撮りを終え、さっそくOP制作に取り掛かりました。
僕の動画制作は、まずOP制作から始まります。
これを作り終えて、そのシリーズでの編集の全体のデザインを決めるからです。

しかしそんなOP制作中に…。

「vvvウイルス」の噂が。。

僕は情弱な上に、ものすごい心配性です。
vvvウイルスが怖すぎて、一切インターネットを開けない日々が3日続きました。

インターネットができないと、割と編集も進みません。
画像素材や動画素材を集めることができないんですもの。
今ある素材だけで…とも思いましたがやはり厳しかった。

そんな事がありつつ、vvvウイルスの噂が拡散されてから3日後。
ようやっとインターネットを開き始めました。
デマではないものの、アップデート等の対策をしてれば大丈夫だと心に言い聞かせ、
バックアップはしっかり取りつつインターネットを。

そしてついに12月8日にOP完成。

その後、即動画本編の編集に取り掛かりました。
デザインさえ決まればそこからは割と早い。
動画自体の編集は10日に完成。

その後、おまけコーナーの編集。
これが意外と時間がかかりました。
おまけにこんなに時間がかかるって、本末転倒のような気も。

今回はあの人気占い師の皆良田オーギュストさんにオファーをしまして。
特別に今回のシリーズで出ていただけることになりました。いやぁ、有難い。

そしておまけコーナーの編集は12日に終わりました。
そう、いよいよ動画が出来上がったのです。

…しかし。

エンコードが全く上手くいかない事態が発生。
動画編集ソフトAviUtlがエラー吐きまくるのなんの。
昨日5回エンコードを試みましたが、すべて途中でエラー。
結局昨日の投稿は断念されたのです。


そして今日。なんとかエンコード成功。
ニコニコの投稿画面の変更に戸惑いつつも、なんとか投稿できたのです。

…思ったより長文になっちゃったね。
とにかく、そんだけ頑張ったので是非見てくださいね!

修造だけが心の拠り所

12月です。

今年も、もう完全に佳境です。
未だに、「ちょっと寒い秋」感が抜けません。
完全に冬なんですよね、もう。師も走る季節ですから。


そして今年の流行語大賞が決まりました。

「トリプルスリー」と「爆買い」。

まぁ、皆さん大体おんなじ感想を抱くと思うんだけれど。
納得いかないねえ。いやはや、まったく。
「ドローン」「五郎丸ポーズ」「安心してください」のいずれかは確実に大賞だと思っていたんだけれど…。

そもそも「トリプルスリー」なんて言葉は知らなかったです。
正直野球に興味がないので、一度も目にしたことがなかったし、一度も耳にしたことがなかったし、一度も口にしたことがなかったです。
そんな言葉が大賞だなんて。由々しき事態です。
俺が悪いのか、選考委員会が悪いのか。そんな戦いですね。

そして10位以内には、「マイナンバー」や「火花」すらも入らない始末。
どう考えても今年の流行語水準では上のはずなのに。。
特に「マイナンバー」に至っては、間違いなく今年の新語だし。
なんなら大賞すらも狙える言葉だったはずだが…何故だ。

そして、10位以内に「アベ政治を許さない」みたいな言葉が入っているのも…。
去年の「集団的自衛権」のような臭いはしますなあ。

とにかく、今年は全体的に納得のいかない感じでした。
こういうところに、世間とお偉方のズレを感じるというか。
いや、選んでるのが誰なのか全然知らないんだけど。


……………。


あれ、「オゴッ」は?

| ホーム |


 BLOG TOP