FC2ブログ

カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

シソンヌ・ウーヴェルト・アン・デヴェロッペ

昨日の、キングオブコント2014の、感想だよ!

今年は決勝初進出のコンビが6組。
芸人は詳しいほうだと思う自分でも、半数程度はコントを見た事がなかった。
世間的に見ると、今年の大会は…まぁ申し訳ないけど、申し訳ないので小さい文字にするけど、相当地味な大会だったと思う。
だがしかし!蓋を開けてみれば、中々にレベルの高い大会だったと、僕は思う。

のっけから、変なタイミングでCMに行くというハプニングに見舞われた第一試合。
シソンヌ巨匠は、相当ハイレベルな戦いだったと思う。
どちらもギャンブル関連と甘かぶり。
実はこの時、自分は巨匠かなぁ、と思った。だが接戦で、シソンヌの勝利。
「まぁ、ま、そんなもんか…」と思った自分だったけど、数時間後に考え方が変わる。

第二試合はラバーガールリンゴスター。人力舎の先輩後輩対決。
やはりラバーは面白い。リンゴスターも、若手ながら健闘したと思う。小川くんが好青年ぽい。

第三試合バンビーノさらば青春の光
バンビーノ、非常にくだらなくて面白かった。エレキ好きとしてはこういうくだらないの、好きだ。
さらばのコントを見て、「やっぱ下ネタってダメなんだな」って思いました。

そして、戦慄の第四試合ラブレターズ犬の心
ここの勝負、どちらも応援していたので、出来れば第一試合のような接戦が見たかった。
しかし現実は残酷で、7票対94票で犬の心が圧勝。つまり、ラブレターズが惨敗した。
ラブレも悪くはなかったけど…やっぱり、犬の心がかなり面白かったという事かな。
今年はシステムが変わり「最下位」は生まれなかったが、事実上の最下位はラブレだろうね。

最後の第五試合、チョコレートプラネットアキナ
決勝進出予想にほとんど食い込んでこなかったため何かと色々言われてたチョコプラだったけど、ネタは相当仕上がっていたので妥当かと。
アキナはまぁ…普通かな。

そして2回戦。宣言通りまさかのチョコプラがトップ。
バンビーノ、キリンスマッシュ以来の感情を覚えた。なんですか、あれ。
この2回戦で思った事なんだけど、「一辺倒」なコンビは弱い傾向にある。
ラバー、犬の心。敗因は一辺倒だったからかなぁ、と。
どちらも面白いコンビだけど、1つ目のコントと似ていたような気がする。
その点チョコプラは少し趣向を変えてきたので、ラバーや犬の心という強豪にも勝てたのかな?
あと、これは他の人の感想を読んで納得した事なんだけど、万遍なくウケるだけではダメなんだな、と。大爆発がないと。
その方は例にキンコメをあげていたが、まさにそうだな、と。
キンコメも割と一辺倒なタイプだけど、2つ目では大爆発(バックのとこ)があったし。

そして最後。チョコプラ対シソンヌ。ユニットを組んでいる彼らが戦うというのは、結構胸アツな展開でした。
ここで僕は、シソンヌのコントの完成度には驚いた。
1つ目がピンと来ていなかった自分だったけど、2つ目でシソンヌの見方が分かった気がする。
1つ目のコントと2つ目のコントのオチが繋がるというのも、粋な演出だ。
トップバッターが番組を締め括るというのもこれまた粋。
シソンヌの演技力、観察力は目を瞠るものがあった。人間を上手く再現できてるなぁ、と。

キングオブコント2014は、シソンヌの優勝で幕を閉じた。
正直やや地味なんだけど、優勝に相応しかったと思う。
有名になれるかとか、テレビに出れるかとかは、よく分からんけど…。
少なくとも、立派なコント師だったと素人目に見て思いました。以上、感想でした。





今年も、エレキコミックがコメントを振られました。
やつい、まさかの声がサンドペーパー。等等最終日&打ち上げでやっちゃったんだな。
今立も見事に顔がパンパン。なんだこのコンビは。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP