カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

魅力がすごいよ

久しぶりにアルバムの感想を書いてみようと思う。
「ゲスの極み乙女。」の1st Full Album、『魅力がすごいよ』の感想を。

ゲスの極み乙女。は、今まで自分が好きになったバンドとは一味違うバンドだ、という事をこのアルバムで確信した。
いや、本当はかなり前に確信していたんだけれど。
でも、改めて確信したという意味で、そうなんです。

まずは曲以外の事の感想なんだけど。
歌詞カードがすごい凝ってるなあ、という印象。
ダウンロードでは手に入らない歌詞カードは、CDならではの特典だと思う。
ゲスくん可愛いなぁ。バンドのマスコット(?)的存在の中では一番好きだなぁ、ゲスくん。



で、曲。
全11曲をぶっ通しで聴いて、やっぱり変わってるバンドだなーって思った。
ゲスの演奏技術は、ここ最近のバンドではかなりすごい方だと個人的には思ってる。
川谷絵音はボーカルギターにしてはかなりの技術だと改めて感じるし。
休日課長のベースは自分の知ってるバンドの中では一番かっこいいと思ってるし。
ちゃんMARIのキーボードもすごい。ゲスの世界観を形成してる。
ほないこかのドラムもバンドの心臓としてしっかりと機能してる。可愛い。
いやー、すごいバンドだな。よくこの四人集まったな!すごいよ。

『列車クラシックさん』や『ruins』、『アソビ』のような少し変わった楽曲も、ゲスの魅力。
『列車クラシックさん』はラヴェルの水の戯れがモチーフだしく、『サリーマリー』はショパンの子犬のワルツ。
楽曲解説のほうでも見たけれど、どうやらクラシックが裏テーマらしい。
やっぱりキーボードがいるって強みだなぁ。

『デジタルモグラ』、『猟奇的なキスを私にして』は既に幾度となく聴いていたけれど、やっぱり良い。
本当に間奏がかっこいいバンドだよね。
『ラスカ』、『星降る夜に花束を』、『光を忘れた』など、ゲスの曲はほんとにメロディアス。
音楽に関する語彙が少ないもんで上手く言い表せないけれど、本当に、すごいよ。

『bye-bye 999』はアルバムを締め括る曲らしく、少し物寂しい雰囲気の曲で。
ストリングスやコーラスがかなり映えてる。

そして、個人的に一番響いた曲は『crying march』。
イントロから一気に引き込まれたのは久しぶりだ。ゲスの曲では『キラーボール』以来かな。
割と自分は、聴けば聴く程好きになるタイプなんだけど、この曲だけは一目惚れ。一耳惚れ?
個人的には『デジタルモグラ』と対になってリード曲にしてもいいと思った。



総括して、『魅力がすごいよ』というタイトルを裏切らない魅力だった。すごい!
美しく仕上がった音楽性、川谷絵音の感情でしっかりと形成された世界観。
本当に粗探ししようとしても欠点がないバンドだよなぁ。いや、粗探ししようだなんて思った事はないけどさ。
自分はまだにわかのため、ゲスの極み乙女。のCDを買ったのは実は初めて。
でもこのアルバムを聴いて、全部揃える気になった。買おう、これはもう買おう。

以上、音楽の知識をあまり有さず語彙も少ないけどとりあえずこの感動を伝えたい聖徳TAISHIの『魅力がすごいよ』の感想でしたー。
スポンサーサイト

余りのカケラ

今更ですが…おととい、Debris最終回投稿いたしました。



中々ハードなED群でした…。
色々と謎が多いけれど、中々考えさせられる作品でした。
そして、最終回仕様のOPも個人的に好きです。いいものが出来たなぁ。

さて、早速次回作の編集に取り掛かっています。
厳密にいうと、今取り掛かってるのはOP制作。本編の編集は一切手を付けてません。
音と映像を合わせるのはすげー難しいなぁ。

どうせこのブログを見てる人はほとんどいないだろうという事で、言ってしまうと
次の実況のOPは、自分の描いた絵を使います。いやー大変だった。
軽はずみで考えた事だったけど、いざ始めたら予想していた以上に大変だった。
どうせこのブログを見てる人はほとんどいないだろうけど、お楽しみに。
コメントが一切ないから全然わかんないんだよね、閲覧者がいるかどうか。
まぁいいや、なんにせよ聖徳TAISHIの実況を誰か応援よろしくお願いしますーそして宣伝してけろー

ROM専の方の多さったら。

Dドライブが空き容量がヤバい。
138GB中8GBぐらいしか空いてないやないかい!!

アマレココで撮った動画の保存先はDドライブに設定してあるわけですが。
何せ二十分程度でも数GBですから。
気付けばすぐに容量がなくなっているんですねー。

外付けHDDなるものもあるみたいですが、一切買う気はナシ。
なくても困る事はない。どうせ人気のない実況者だし。
人気が出て、尚且つ容量不足に困らされたら買うよそりゃ。でも今は買わんのだよ。
Debris実況シリーズがそろそろ終わるので(明日最終回投稿予定)、まぁ大丈夫です。
完成した動画をUSBにうつして、元動画を全部消すので。
ゆめにっきの頃は録画方法違ったからここまで容量食わなかったけどね…。
でも今見返すとゆめにっきの画質の悪さね。赤とかは完全に滲んじゃってたもんなぁ。

あれかな?元動画もエンコードしたほうがいいんかな。
大体いつも、元動画をAviutlで編集した後エンコードして数百MBにした後、つんでれんこで100MB以内にしているのですが。
元動画のサイズをある程度小さくしてから編集したほうがいいかな。
そしたらここまで容量不足になる事はない筈だもんね。
一動画1GBぐらいにしたとしてもだいぶ容量は空きが出来るもんね。
PCに詳しくないもんだから、全然わかんない。ましてやエンコードだなんだって、なんなの?
視聴者が沢山いれば教えてもらえたりするのかもしれんけど、なんか、いないからさぁ。

うん……どうすりゃいいんだろ。見た人が全員コメントくれればいいのになぁ。

好きなゲーム音楽を紹介するぞ!

最近色んな音楽を聴く。

色んな、と言っても主にエレクトロニカ。

動画で使う曲を探してるから、でもあるけれど。
単純に、色んな音楽が聴きたいから、色んな音楽を聴く。

音楽を探すのは、主にyoutube。
ただ、好みの曲を探すのは結構難しいので、他人の作業用の再生リストの曲を聴いたり。
この前凄く趣味の会う他人を見つけ、その人の作業用の再生リストの曲を聴きまくる。

ここ最近、いい曲をたくさん掘り出してしまった。
ここで紹介したいけど、あえて紹介しない(いつかOP曲とかに使うかもしんないので)
というわけで、あえて。
好きなゲーム音楽を紹介(なんで?)。


ロックマン9より、ギャラクシーマンステージBGM
動画でも何回か使いましたが、好きだー。
元々はゆめにっきギャラクシーという動画で知ったBGM。あのMADもいいよね!


パワプロ15より、栄冠ナイン夏のBGM
ボルゾイ企画の栄冠ナイン実況を見て好きになったBGM。イントロのピアノがいい!


ヨッシーアイランドより、アスレチックステージのBGM
ヨッシーアイランドはこの他にも良曲多いですよ。ステージセレクト画面の音楽とかもね!


タッチ!カービィより、マッドメカニズム
カービィ64のこうじょうけんがくのアレンジ。個人的には原曲よりも好き。
子供の頃プレイしてて、唯一このBGMは心に響いた。改めてプレイするとタチカビのBGM全部いい。


…とまぁ、とりあえずこんなとこかな。
他にも好きなゲーム音楽たくさんありますけどねー
そのうち第二弾もやるかもしれない。やらないかもしれない。うん。

悲しい、出来事。

物凄く悲しい出来事がありました。

端的に言います…。

お気に入りのビーフジャーキーが製造終了となりました…。

本当に悲しいです。
石垣食品から出ている、「ビールジャーキー」という名の商品。
これが、非常に美味しく、かなり前から食べていた。
エレ片のコント太郎を聴く際には必ずこれを食べていました。
paparuwa(エレ片の冒頭でかかる曲)が耳に入ると、ビーフジャーキーが食べたくなるくらいでした。

しかし、今日。近くのスーパーに行ってみたら、いつもある筈のそれがない。
調べてみたところ、製造終了したって言うじゃありませんか!!
しかも運悪く、今日の放送を聴く際に食べたビーフジャーキーが最後の一つ。
今日買いためようと思ったら、ない。
もうね…むせび泣きたくなったよ。ここはあえて声は押し殺して。
まぁ実際のところは「あぁ…」みたいな感じになっただけで済みましたけれども。

この悲しみは、小学三年生の時親友が引っ越してしまった時の悲しみに似ているけど、それほどでもないので似てるともいえないといった感じになっています。
ただ、今まで共にしてきたという意味では親友もビーフジャーキーも同じです。
…いや、同じではありません。親友とビーフジャーキーとでは比べ物になりません。
ですが、親友は引っ越しても会える可能性が残っている反面。
ビーフジャーキーは製造終了なので恐らく二度と食べる事は叶いません。
だとすれば、ビーフジャーキーが製造終了した悲しみは親友が引っ越した悲しみを凌駕する筈なんですが、やはり親友とビーフジャーキーとでは比べ物になりませんので、親友が引っ越した悲しみのほうがビーフジャーキーが製造終了した悲しみよりも強いのです。

だいぶまどろっこしい事を書きましたが、とにかく悲しいという事を伝えたい。
これから自分は、エレ片の時何を食べればいいんでしょう(食べないという選択肢はない)
ですがポジティブに考えれば、これは新たな食べ物を開拓するチャンスでもあります。

なので、新たな、おつまみ的存在を、開拓、したいと思いますので、どうかよろしく、お願いいたします。

読点をいっぱい入れると、やや頭のおかしい文章になる。
読点をよく分からない部分に入れると、やや頭のおかしい文章になる。
読点をいっぱい、尚且つよく分からない部分に入れると、最高に頭のおかしい文章になる。
という事を僕は伝えたいです(ビーフジャーキーの事じゃなく?)。
ありがとうございました。

自分の動画が何に誰にどう影響されているのかという話

我ながら、自分のブログのテンプレがかっこよすぎる。

さて、久しぶりに動画のお話でもしようかなーと
最初の内は動画制作でつまづく事が多くてブログにも書きまくってたけど
最近はだいぶ慣れてきて、ブログ、Twitterにはあまり書かなくなりました。

自分の動画の編集は、二つのモノから影響を受けています。
エレキコミック水曜どうでしょう

まぁ水曜どうでしょうはなんとなく分かるでしょう、エレキコミックとは何ぞや?ってな話ですよ
厳密に言えばエレキコミックの映像なので、菊池謙太郎かな?
誰だって話なんだけど、エレキコミック関連の映像を担当されている方です。
この人の編集が、最高なんだよね!なので、かなり影響されています。
初めは水どう色が強かった自分の動画、今じゃほぼ菊池謙太郎に影響された編集になっております。

エレキコミックはコントとコントの間、つまり幕間に映像を流すシステムで単独ライブをやっております。
等等の際、その映像を動画を制作する者として見ている自分がいました。
必死で勉強しています、自分。もはや、自分の肩書を動画制作者にしたいです。

そして幕間映像だけじゃなく、OPもいいんだ。
自分の実況動画のOPは、意外と菊池謙太郎に影響されています。
というのも。自分は実況するゲームの「タイトル」、その回の「ナンバリング」、OP、EDの「テキスト」。
なるべく、フォントや装飾を揃えるようにしています。
これは菊池謙太郎の影響だと思う。
例えば「NaNoNi」や「と、或る人が云っていた。」は公演タイトルとエレキの二人の名前のフォントデザインが一緒でした。
「Right Right Right Right」も、エレキの二人の名前とコントタイトルのフォントデザイン、装飾が一緒。
こういうところが、なんか綺麗で、真似したくなるんだよなー。

フリーソフトのAviUtlで出来る事なんてたかが知れてるかもしれない。
でも、頑張り次第で可能性は無限に限り無く近いと思う。
無限に限り無く近いってかっこいいな

シソンヌ・ウーヴェルト・アン・デヴェロッペ

昨日の、キングオブコント2014の、感想だよ!

今年は決勝初進出のコンビが6組。
芸人は詳しいほうだと思う自分でも、半数程度はコントを見た事がなかった。
世間的に見ると、今年の大会は…まぁ申し訳ないけど、申し訳ないので小さい文字にするけど、相当地味な大会だったと思う。
だがしかし!蓋を開けてみれば、中々にレベルの高い大会だったと、僕は思う。

のっけから、変なタイミングでCMに行くというハプニングに見舞われた第一試合。
シソンヌ巨匠は、相当ハイレベルな戦いだったと思う。
どちらもギャンブル関連と甘かぶり。
実はこの時、自分は巨匠かなぁ、と思った。だが接戦で、シソンヌの勝利。
「まぁ、ま、そんなもんか…」と思った自分だったけど、数時間後に考え方が変わる。

第二試合はラバーガールリンゴスター。人力舎の先輩後輩対決。
やはりラバーは面白い。リンゴスターも、若手ながら健闘したと思う。小川くんが好青年ぽい。

第三試合バンビーノさらば青春の光
バンビーノ、非常にくだらなくて面白かった。エレキ好きとしてはこういうくだらないの、好きだ。
さらばのコントを見て、「やっぱ下ネタってダメなんだな」って思いました。

そして、戦慄の第四試合ラブレターズ犬の心
ここの勝負、どちらも応援していたので、出来れば第一試合のような接戦が見たかった。
しかし現実は残酷で、7票対94票で犬の心が圧勝。つまり、ラブレターズが惨敗した。
ラブレも悪くはなかったけど…やっぱり、犬の心がかなり面白かったという事かな。
今年はシステムが変わり「最下位」は生まれなかったが、事実上の最下位はラブレだろうね。

最後の第五試合、チョコレートプラネットアキナ
決勝進出予想にほとんど食い込んでこなかったため何かと色々言われてたチョコプラだったけど、ネタは相当仕上がっていたので妥当かと。
アキナはまぁ…普通かな。

そして2回戦。宣言通りまさかのチョコプラがトップ。
バンビーノ、キリンスマッシュ以来の感情を覚えた。なんですか、あれ。
この2回戦で思った事なんだけど、「一辺倒」なコンビは弱い傾向にある。
ラバー、犬の心。敗因は一辺倒だったからかなぁ、と。
どちらも面白いコンビだけど、1つ目のコントと似ていたような気がする。
その点チョコプラは少し趣向を変えてきたので、ラバーや犬の心という強豪にも勝てたのかな?
あと、これは他の人の感想を読んで納得した事なんだけど、万遍なくウケるだけではダメなんだな、と。大爆発がないと。
その方は例にキンコメをあげていたが、まさにそうだな、と。
キンコメも割と一辺倒なタイプだけど、2つ目では大爆発(バックのとこ)があったし。

そして最後。チョコプラ対シソンヌ。ユニットを組んでいる彼らが戦うというのは、結構胸アツな展開でした。
ここで僕は、シソンヌのコントの完成度には驚いた。
1つ目がピンと来ていなかった自分だったけど、2つ目でシソンヌの見方が分かった気がする。
1つ目のコントと2つ目のコントのオチが繋がるというのも、粋な演出だ。
トップバッターが番組を締め括るというのもこれまた粋。
シソンヌの演技力、観察力は目を瞠るものがあった。人間を上手く再現できてるなぁ、と。

キングオブコント2014は、シソンヌの優勝で幕を閉じた。
正直やや地味なんだけど、優勝に相応しかったと思う。
有名になれるかとか、テレビに出れるかとかは、よく分からんけど…。
少なくとも、立派なコント師だったと素人目に見て思いました。以上、感想でした。





今年も、エレキコミックがコメントを振られました。
やつい、まさかの声がサンドペーパー。等等最終日&打ち上げでやっちゃったんだな。
今立も見事に顔がパンパン。なんだこのコンビは。

口笛を練習しているハナシ。

どうも。朝起きたら、何故か腹筋が死ぬほど痛かった聖徳TAISHIでございます。
昨日、エレキコミックで笑いすぎた。これがほんとの腹筋崩壊ですな。

さて。実は一昨日程から僕、ある事を練習しているんです。
では、僕が一昨日から練習している事とはなんでしょう。百五十二択からお選び下さい。

1:スケボー
2:コインマジック
3:エレクトーン
4:西田敏行の物真似
5:嘘泣き
6:秋川雅史の物真似
7:人物デッサン
8:キックボクシング
9:ロボットダンス
10:阿藤快の物真似
11:つぶやきシローの物真似
12:中尾彬の物真似
13:犬の物真似
14:猫の物真似
15:パグの物真似
16:ゴールデンレトリバーの物真似
17:



………。



…はい。もう思いつかないので、やめます。
では改めて…僕が一昨日から練習している事とはなんでしょう、一択からお選び下さい。

1:口笛

どうでしょう?分かったかな?
では正解発表。正解は………。

1の口笛でした!!!!
実は僕、今まで口笛が全然吹けなかったんですよ。
でも最近吹けない事が嫌になってきて、思い切って決断しました。
口笛の、練習しよう。…って。
早速調べて、口の形。舌の位置などを学ぶ。
で、やってみる。最初は音がならない。ただ、息が出るだけ。
しかし。しかし!!!徐々に、「ピュフフ…」的なややかすれた音が出てくる。
ポッフフ…ピホホホ…ヒュフホ…。徐々に口笛らしくなってくる。

そして、現在。

「ヒュフホーッ」っていう、音が出ます。
しっかりと上達してきています。これはもう、今月末には完璧になっているに違いない!
というわけで、聖徳TAISHIの今後の活躍にご注目ください。

エレキコミック第24回発表会「等等」感想

エレキコミック第24回発表会「等等」を観た。
今回の公演は、前回の「Right Right Right Right」から半年程度しか経っていない。
ここ最近、エレキコミック発表会は一年に一度というのが当たり前となっていた。
そんな矢先、今年はエレキコミック発表会が二回行われる事となった。

そして、「等等」はDVDにならないらしい。
だが、エレキコミックのメールマガジン「エレマガ。」で配信するらしい。
今でも初心を一切忘れずに、新たな試みに挑戦していくエレキコミックは流石だ。

彼らの「くだらなさ」は、衰える事を知らない。どころか、彼らは日に日にくだらなくなっていく。
くだらない事こそが、至高。

そんな「等等」。

追記にて、ネタバレ感想(備忘録?)。まだ観劇していない方は閲覧注意です。






続きを読む »

聖徳、エレキ関連のステマをするの巻

エレ片コントライブ「エレ片 コントの人9」の開催が決定になったみたいです!
お笑いナタリーの記事になってますので是非そちらのご確認を! →この記事だよ
昨日から始まったエレキ発表会「等等」で、チラシが配られたみたいですね。
ジャパンツアーもあるらしいです。これから、ライブ続きになるみたいだ。
コントの人8のDVDも含め、コントの人9が楽しみでなりませんな。

さて、今台風19号ってのが来てるそうじゃないですか。
なんでもそろそろ上陸するんですかね?ちょっとわかんないんですけど。
…僕、12日に「等等」見に行くんですが…。
大丈夫なんだろうか?非常に怖いんですよね。
直撃はないとは思うんだけれど…やっぱり、不安。
あぁ、どうか日曜日に東京に来ないでくれ、台風19号さんよぉ!ていうか日本来ないで!

そういえば、今回の「等等」はDVDにならないそうで。
その代わりツアー終了後すぐに皆さんご存知エレマガ。で配信するそうですよ。
エレマガ。は本当にいいですよ。
どれくらいいいかと言うと、といった具合に、カラフルな文字で書いてしまうくらいです。
でも本当に、あれで月500円だったら凄いと思うんだ。

欲を言えば、映像をもう少し長くしてもらいたいですけどね。

まぁ、そんな欲をかきたくなるぐらいに供給過多なわけです。
自分は「こんなに供給してくれるなら、さらに供給して!」というタイプの強欲人間です。
「こんなに供給してくれるなんて…もうちょっと少なくてもいいのよ?」なんて心理にはなりませんぞ。
10分程度の映像、20分~30分ほどのエレキコミックラジオ「ダンワーランド」、二人のコラム!
これは本当にすごい!エレ片podcastに加えて、余計に月曜日が待ち遠しい!

という事で、一頻りエレキコミック関係のステマをさせていただきました。
皆さん、是非「エレ片 コントの人9」「等等」「エレマガ。」をよろしく!
等等は今更宣伝しても遅いけど!ほぼ即完してるのでね…。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE