カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

09/29のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

color chaos R 第7色 リスナーとスタッフよ集え

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

09/28のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

09/27のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

09/26のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

09/25のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Color Chaos R 第6色 ジングルを操る男

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

09/24のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

小林賢太郎 ライブポツネン in ヨーロッパ感想

学校から帰って真っ先に見ました。
素晴らしかった!!3回も見てしまったww

今回賢太郎さんがよく使っているあの枠、簡単な仕掛けなのになんだか不思議で面白い。
ガラスに書かれた「ノールシツノームセ」の文字が「イラッシャイマセ」になるのにはめちゃくちゃ「おおおー!!」ってなったww
本当にある」フランス語だと思ってたからw

さて。まず最初は「日本検定」。
小林賢太郎テレビ3のOPのように本をめくっているのをモニターに映し出し進むコント。
おなじみの、タングラムを使用して日本を解説します。
ただ、ほとんどは間違った情報。
外国人は、どこまでが本当なのか困惑するかもw
音楽が俺が大好きな「Intermission for Sampling drums of “maru”」ではありませんか!!
飛び上がるくらい喜びましたよwもう使われる機会はないんだろうなーと思ってるもんだから。
このコント、特にお辞儀や折り紙に関しては日本の形を思い出しますねw
最後のぜんぶ本当です。というのは、もしかしたらポツネン氏の中での正解なのかもしれませんね。
ポツネン氏が知る日本は、実はあぁいうものなのかも。
次は、「んあえお」。
ひらがなの「ん」、「あ」、「え」、「お」のみで進むコント。
最初のモニターに映し出されたトランプマジック、アナグラムのあなぐらでやりましたよね。
あれがわかんねぇんだよなぁ…w
言葉というものを縛られたポツネン氏、4文字のみで言葉がなくても人に伝えられるということを発揮しました。
ビンタされて「あ…!」というポツネン氏に萌えた。

そしてなんといってもメイキング映像。
全てのことがコントに活かしてますね。素晴らしい。
日本では当たり前のことも、他国ではおかしいのかもしれない。
そういうものがある中でも、賢太郎さんが資料として使うのは全国共通のもの。
横浜でも、パリでも、モナコでも通用するコントを作るため。
ドアノブや漫画というぜんこく共通の文化を、見事にコントにつなげました。

賢太郎さんのノリツッコミも見れたところでコントに戻りましょう。
コント「しー(勝手に名づけました)」です。
漫画を読んでいると、どこかから物音が。
「しー」と言って口に指をかざすとその物音は止まります。
すると電話が。しかし「先生と電話」の時と同じように目の前まで行くと電話は切れます。
そして、どんどんどこかへ行ってしまう電話。
やっと見つけますが、「しー」と言って電話口から聞こえる声を止めます。
それを繰り返しながら終わります。無限ループって怖いね!
パントマイムと効果音と枠を巧みに使って表現されるコントです。
このコントが終わった後はさまれるやつの賢太郎さんがまぁ嬉しそうだよねwwかわいいww
次のコントは「漫画さん」。
漫画によくある描写を使って物語を描いていきます。
かめはめ波打ちよったww
「しー」とのリンクもあるは賢太郎さんらしい。
ドラムを狂ったように叩く賢太郎さんが何とも言えぬww
集中線はフランス人の漫画家も使うということを踏まえてのコント。
そしてコント終了後にはさまれたスプレー、エレ片のコント太郎で上田マネージャーがやってたモスキート音思い出しちまったwwくっそwww

そして、賢太郎海遊館に行く。
イカ好きだねー賢太郎さん。あああ~こ~く~は~く~か~い~ら~んばん!
ジンベイザメを見ずにダイバーを見るなんてこの人視点が常人と違うんだなーやっぱり。
そして、海遊館のことを踏まえ、作ることにしたコントは「Diver」。
paddleやDropのような映像コント。
水の中ということの表現を追求した賢太郎さん。
ホワイトボードを回して描く円が不思議で面白い。
そして、賢太郎さんが試したことをコントに全て活かします。
コント「Diver」。音楽は「Intermission for Piano and Woodbass of “maru”」ですね。
ホワイトボードに、魚やリンゴのなる木、雲などが描かれていきます。
そして舞台は水中になり、ダイバーのポツネン氏は水中に潜っていきます。
そこでポツネン氏は水中で様々な体験をします。
魚に出会いカニに出会い、さらには潜水艦を見つけます。
しかしどれも触ることはできません。
そして現れたのは巨大なタコ。もしかしたらDropのときのタコかもw
そして舞台はまた変わり、綱渡りをするポツネン氏。
綱から落ちてしまうポツネン氏でしたが、無事に着地。
そして水の上を歩くポツネン氏。大きな魚を見つけますが触ることはやはりできません。
すると、何やら不思議な物体を描くポツネン氏。モニターに映し出された●を実物にしてその物体に通すポツネン氏。
そして最後は、水泡の一つがドアノブとなり、ポツネン氏はドアの先で触手につかまれながらはけていきます。
うーん。素晴らしい。ポツネン氏の映像コントはホントにすごいです。

そしてコントを終えたポツネン氏。「これがコントだよ!」と嬉しそうに言た賢太郎さんがもう!!いい!!
外国人にも通用した賢太郎さん、いやポツネン氏の笑い。
ポツネン氏は進化することを絶対にやめません。
これからもどんどん笑いは進化していくことでしょう。
そして来週の日曜日は「小林賢太郎テレビ4 日本の遊び方」です!!
マジで楽しみだよ。

09/23のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE