カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

エレキコミック第27回発表会『LEMON LIME 100%GIRL』備忘録

今日はエレキコミックやつい氏の誕生日。
43歳。おめでとうございます。

さて、そんなエレキコミックの話題をば。
『LEMON LIME 100%GIRL』が先日無事終演いたしました。

名古屋の売り上げは結局最後までいまいち伸びなかったようですが、来年もやるっぽいですね。
また五都市ぐらい廻ってほしいけど難しいんだろうなあ。

ツアーが終了したということで、ネタバレ解禁。
備忘録として、込み入った感想を書いていこうと思います。







開演前諸注意
恒例、今立アナウンス。名古屋に友人がいる方へのチケット購入お勧め。笑いをこらえるといった迷惑行為は禁止とのこと。グッズは千秋楽でほぼ売り切れていたためそこまで推さず。

コント#1:LEMON LIME 100%GIRL
表題コント。レモン色とライム色に分かれた衣装を着た女装やついによるショー。今立が無言で舞台上を歩き客席を煽る、煽る。そのショーとは、“レモンとライムどちらかの果汁を目に搾られて、どちらかを当てる”というもの。チョイスはレモン。台上に寝かされて、レモン果汁を思い切り搾られ悶絶するやつい。無事?に正解し、ライブ開幕。前回の『金星!!』同様、短いイントロダクションのようなコント。しかし、馬鹿馬鹿しいライブを始めるにあたり最高の駆け出し。

映像#1:オープニング
LEMON LIME 100%GLAPE「Ballad of an old mirror ~古い鏡のバラード~」。曽我部恵一作詞作曲・蒼川愛歌唱の最高に爽やかな曲。それに合わせた、これまた爽やかな映像がたまらない。エレキコミックは0%GIRL。やつい氏がインスタに載せてたエレキ&愛ちゃんの映像も出たり。歌詞(世界は眠っている~の辺り)に合わせた映像も、懐かしいエレキのオープニングを感じさせた。

コント#2:やち子とだち子
インスタグラマーを題材としたコント。インスタを始めたばかりでフォロワー5人のだち子に、フォロワー105人のやち子が極意三箇条を伝授。つらみ~!かなしみ~!石原良純~!と、語尾をみで終わらせる若者言葉や、自らを可愛く撮るべく良い角度を知る・はにかんだ表情など。ただ、一箇条終わるごとにだち子が全速力で走り出そうとして、それをやち子が何度も止める。「特訓ガール」を彷彿とさせる、バカ強いタックル。広島弁で「ナイトプール行くんじゃー!」と叫ぶ今立に対し、「俺今日電気当ててきたんだぞ!」と身体ボロボロのやつい。その着膨れっぷりに「かっこいい担当だったのに」と嘆かれると、「結婚したからイケメンでいる必要ない!」と開き直り。勿論本筋も最高なんだけど、このタックルのくだりのふざけっぷりが最高だ。あと、今立アドリブのシグルイのくだりで一人だけ爆笑してて面白かった。「ウケてると調子に乗ってやっちゃうから!」

映像#2:マインドシーカー
今立新居での初ロケ。今回はクソゲーと名高いファミコンソフト「マインドシーカー」に挑戦。エスパーキヨタに師事し超能力者になるための特訓を行うというスーパー胡散臭いソフト。全身に力を入れてから一気に抜いて挑むやついだったが、何せ運なので2時間かけてもクリア出来ず。試しに今立がプレイしてみると、あっさりと17点を超え怒涛の20点で卒業。

コント#3:適正振り分け相談所
激ヤバコント。恒例のやっつん店舗系コントで、就職先が決まらない人が何に向いてるかを教えてくれるお店の話。やりたいことは無いがやりたくないことは多い今立に対し、最適と出たのはYouTuber。やついがYouTuber流の「どうも~やついです!今日は公園で企画をやりたいと思うんですけど~」という挨拶を伝授。自分を親指で指し示す動きが強いか弱いかでYouTuberかどうかが見分けられるらしく、今立にYouTuberかYouTuberじゃないかのクイズを出すくだりがまーしつこい!とっとと本筋に戻そうとする今立に反して、延々動きをやり続けるやついの姿に会場は大湧き。コントを通じて伝えたい事よりも、その場の笑いを優先するやついの姿がかっこよかった。「YouTuberじゃない、YouTuberじゃない、YouTuber…じゃない!」ってやつ。もう言葉で表せないんだけど、とにかくとんでもなく馬鹿馬鹿しいコントに仕上がってた。「言い過ぎちゃった…と言う訳で、やついです!」

映像#3:カヨちゃんトレーニング
鳥貴族でどれだけ飲めるか?という企画…かと思いきや、横のジムから騒がしい声が。覗いてみると、やついと大女優岸本加世子が戯れている。岸本加世子をカヨちゃんと呼ぶやつい、只事ではないとカメラが潜入。なんとやついはカヨちゃんを殺人マシーンにするべく鍛えていた様子。やつい提唱の“愛嬌ボクシング”では、トレーニング中に「愛嬌!」と傍から言われるとキュートなポーズを取らないといけない。愛嬌を見せることで相手を油断させ殺すテクニック。今立も挑戦し、愛嬌アッパーを見せつけた。

コント#4:ヤツーレッスン
PSVRソフト「サマーレッスン」を購入した今立…しかしそのソフトは「ヤツーレッスン」。ゲームにはやつ美というブスな女の子しか登場せず…というあらましだが、やつ美の衣装がかなり可愛いことも相俟って割と普通の女の子に見えた。衣装の柳、ナイス。ゲームをクリアしないとVRを外す事ができず仕方なくプレイ、しかし一日目からゲームがバグってやつ美が壁に突き進む。そして何故か壁にぶつけるとクリアというプログラミングになっている。鎌倉旅行や雪山遭難イベントをすっ飛ばし最終日の花火大会、デバッグ不足で思い切り見えちゃいけない人(裏方)が見えちゃう。結局最後も壁にぶつけてクリアしてしまった今立、しかし現実に訪れるやつ美。でも現実でも壁にぶつけるとクリア扱い。懐かしのバグ一直線のコント。

映像#4:スサキ荘 2017
第一回発表会でも訪れた、やついが大学時代に住んでいた激安アパートスサキ荘。当時廃棄弁当にお世話になっていた(時効)セブンイレブンの上にスーパースサキ荘があり、若気の至りで騒いでいると「この貧乏人が!」と怒鳴られた思い出も。そんなスサキ荘が今年取り壊しに。やついが住んでいた35号室に向かうが開かず、27号室に住んでいた住人に話を聞くともう何年も誰も住み着かず電気も止められているとか。ハンガーを持ってきて無理矢理こじ開けようとする手慣れた住人に、「そもそもここの住人ですよね?」と不信感。最後に、GAP風CMを何の思い入れもない現落研メンバーと撮影。塀から顔を出し手を振るシーンは木が生い茂って撮影不可能に。

コント#5:スパーン!!
自転車の鍵を無くした今立の元に、「スパーン!!」の掛け声と共になんでも手刀で割る奇妙なおじさんが現れる。衣装が民族的で良い感じだったなー。チェーンを手刀で割ってもらうも、「ンーパス」と言って戻してしまう。それを糾弾するとおじさんは泣き顔になって、挙句今立の腹を手刀で割ってしまう。でも戻せる。そんなことを繰り返していたら腹の傷を戻せなくなっちゃって、どっか行っちゃう。だけど、今立が「ンーパス」と言ってみたら戻せちゃう。結局なんだったんだ?という不思議な馬鹿コント。

映像#5:上田PK大作戦 前編
「と、或る人が云っていた。」で行った、上田PKのリベンジ。サッカー大国静岡出身だが、五軍の補欠GKだったマネージャー上田。出た試合では10点以上取られてから記憶消失。そんな上田に守るべきものが出来たとか。なんと上田には5月に彼女が出来て、結婚も視野に入れている状態。そこで、もしエレキのシュートを止められたら彼女にサプライズプロポーズを決行。プロポーズするべく、ゴールが通常サイズの半分程度しかないミニサッカー場を押さえたを卑怯な上田。しかし今立のシュートはあっさりとゴールイン。ただただ遠くからゴールを見ただけの彼女…泣きの一回につづく。

コント#6:くーちゃん 2017
「東京」で披露したコント「くーちゃん」の最新版。電車に乗り込んできて乗車券を出さないくーちゃん。無くしたから精巧に絵に描くと言い出すくーちゃんに、「より精巧にやればやるほど罪になるんだよ!」とツッコむ車掌。業を煮やしたくーちゃん、松山千春の如く車内で歌い出そうとする時事ネタぶり。そんなくーちゃんはアイドル志望でJR就職希望。付加価値が大事なこの世の中で、おのののか・篠田麻里子パターンを目指す。引退する安室奈美恵の穴を埋めるべく芸名は“ナムル・アロエ”。ナムル哲也率いるナームル・ネットワークの「ナムルワイルド」を歌唱。間奏のベースでふざける二人。でも車掌に膝でベース割られちゃう。「木根さんのベースが!」「そこ普通じゃねえか!」「木根ナムルの!」

映像#6:上田PK大作戦 後編
上田、泣きの一回。彼女を上田の背後に置き、文字通り彼女を守らないといけない状況に。のっぴきならない状況の上田、やついのシュートを見事セーブ!「彼女には当てないだろう」という心理戦に勝利し、ある種彼女を犠牲にした形で勝利。ここでプロポーズ…と思いきや、実は彼女は全てを知っており上田の告白を完膚なきまでに断るという逆ドッキリ。たどたどしいながら「これからは君を守りたい」とプロポーズし満足げな上田。だが、彼女の返答の雲行きが怪しくなってくると表情が一変、ヤバい顔になってくる上田。やつい考案の「一緒に住んでみて違うなーと思った」という言葉でフラれる上田。絶望感漂う上田の泣き顔に、この日一番レベルの大爆笑が。エレキにどうするか聞かれると「帰りましょう…」と返答。そんな絶望上田にドッキリを明かすと「なんだよ~ふざけんなよ~!」と憤懣、からのOKが出たことに対するニヤニヤ。婚約おめでとう!彼女可愛くて腹立つー。

コント#7:やっつんだっつん
つらみ~!かなしみ~!石原良純~!でお馴染みの石原良純キャラ弁を食べるやっつん。批判するテンションでインスタグラムを語るやっつんだったが、インスタグラマー大好き。サイバージャパンダンサーズ大好き。大好きな犬も入ったら完璧、石原良純も入ってほしい。そんな能天気なやっつんと反対に、恋焦がれるだっつん。そんなだっつんのために、“レモンとライムどちらかの果汁を目に搾られて、どちらかを当てる”というおまじないを教える。成功すると付き合えるけど、失敗すると死ぬ。命を懸けた挑戦、客席にレモンとライムどちらかを委ねるやっつん。まさかの両方搾りも過ったが、ライムに。台上に寝かされて、ライム果汁を思い切り搾られ悶絶するだっつん。無事?に正解し、ライブ閉幕。最後の最後まで馬鹿馬鹿しく終わる平和空間。

映像#7:エンディング
LEMON LIME 100%GLAPE「born again」。これもめっちゃ良い曲。映像ネタの模様やコント稽古の風景が映し出される。何のコントの練習風景が流れたかなあ。「スパーン!!」とかだったかな?

アフタートーク
「名古屋はもういいです」と諦めムード。ただ、売り切れたTシャツは名古屋で買える!と宣伝。さらに物販のCDに収録された幻の表題曲を会場で再生。爽やかながらハイテンポの曲に合わせ、エレキがエアギタープレイ。話題は移り、今回のコントについて。レモンとライムどちらも搾ろうと思ったと打ち明けるやついに対し、「そんなこと言うなら次最初にやるぞ!」と今立。最初からやるとコントが壊れると説明するがもう壊れてもいいと自棄に。今度はタックルやめてほしいやついとYoutuberやめてほしい今立の話。YouTuberの動きはかなり身体に効くらしく、マッサージで腕だけ異常に張ってると言われたそうな。DJばかりやって芸人全然してないと言われるという話題では、「お前の好きな芸人の方がネタ作ってない!」と憤慨。今度コントに入れようと奮い立つのであった。



総評
おじさんの臭いを柑橘類の匂いと100%の女の子で打ち消し、フレッシュな気持ちを取り戻すべく『LEMON LIME 100%GIRL』と銘打った今回。その言葉通りか、笑いの原点とも言える馬鹿馬鹿しさが非常に強かった。とにかく全力で面白いことをやっていた。コントを通じて教訓を垂れるといった事を完全にかなぐり捨てて、最高に馬鹿なコントを演じていた。良い意味で、第27回・芸歴20年とは思えないライブだ。

やはり、特に凄かったのは「適正振り分け相談所」だろうか。どう転ぶか分からないライブ感が詰まったコント。ライブだからこそのワクワクが最高に良かった。「スパーン!!」のように、単純な構造ながら今まであまり演じてこられなかった不思議なキャラクターコントも良かった。現代ならではの素材を生かした「やち子とだち子」、それに付随するかの如くの「やっつんだっつん」も最高。そんな「やっつんだっつん」はオープニングコント「LEMON LIME 100%GIRL」と同じ展開に収束していき、ライブ全体の馬鹿馬鹿しさを最後の最後でさらに加速させていて素晴らしかった。

まさに“発表会”という感じ。エレキコミックならではのライブ感を改めて味わった。

レモンの爽やかさと、ライムの酸っぱさと、女の子の愛くるしさ。
そして、ジジイの濃い味付けによるしつこさ。

全てを持ち合わせた、芸歴20年だからこそのコント群。

爽快感100%。

劇場を後にして、とても清々しい気分の自分がいた。
スポンサーサイト

エレキコミック第27回発表会『LEMON LIME 100%GIRL』感想

エレキコミック第27回発表会『LEMON LIME 100%GIRL』東京千秋楽を観た。

レモンとライムを絞ったような爽やかさ。
100%な女の子のような爽やかさ。

そんな爽やかさを、コントで体現するということは、こういうことなのかもしれない。

爽快に馬鹿馬鹿しい。
第27回とも芸歴20年とも思えぬようなフレッシュさ。

しかし基盤には、27回やってきた積み上げがあり、20年間やってきた経験がある。
しっかりした土台の上にある、どうしょうもないくだらなさ。


今日は東京最終日だったからか、とあるシーンが異常にしつこかった。
そのしつこさがたまらなかった。しつこいのにとても爽やか。

たぶん、初日とまるで違う作品になってることだろう。
でも、それがいい。どんな作品だってそうなんだけど、初日と千秋楽じゃ全然違う。それがライブだ。

エレキがライブで行っていく作品の修正は、“改善”というより“飽きたから変えてる”感があっていい。

いや、勿論「もっと良くしていこう」って気持ちはあるだろうけど。
結局エレキの発表会の土台にあるのは、「飽きてきたからぶっ壊しちゃおう」みたいなフレッシュさなんじゃないかなあ。

熟練だからこその若さ。
それが本当にたまらないライブだった。

馬鹿馬鹿しいコントに馬鹿馬鹿しい映像。
馬鹿馬鹿しすぎるからこそ、お洒落な音楽に乗せたお洒落なオープニング映像とエンディング映像が引き立つ。

洒脱なアートビジュアルに対して、純度100%の馬鹿。
それがエレキコミックの答えなのだろう。

いやほんとに、曽我部恵一氏作詞作曲・藍川愛氏歌唱の楽曲が最高。
「LEMON LIME 100%GRAPE」というユニットでCDを出していたので、購入して帰宅後即聴いたが本当に素晴らしい。

グッズも可愛いのだらけだった。
Tシャツが売り切れてて買えなかったのが心残りだったけど。
残り一枚だったライナーノーツ付きDVDが買えて本当に良かった。

グッズは名古屋公演から再び仕入れられるそうなので是非。
本当に爽やかなライブなんで是非名古屋公演に足を運んでみてください。
名古屋の方でこのブログ読んでる方いたらお願いします。


詳しい感想、というか備忘録は、全公演終了後に。

とにかく気持ちよく笑いました。
何も考えずに笑える、そんな素晴らしさを改めて体感。

終演後、エレキのお二人に送ったリプライも返事が来て嬉しくなった。

ファンと芸能人との関わり合いは親密になりすぎるのもどうかという節があって、リプライは送りたくなった時だけ送る。
だからこそ、返事が来た時の感動も一入なんだよ。

「誰も笑わなくなるまでやるつもりだったけど自分が飽きちゃった」というやつい氏の返信にとても感動した。

何が巻き起こるか一切分からないライブ感。
その時の演者の感情で作品が作られていくという楽しさ。
そこに客として混じれたことが幸せだ。ライブ会場の一体感。


10年後も20年後も、なんだったら50年後もこんなくだらないことやっててくださいね。

『エレ片コントの人 傑作選』にまつわる色々

エレ片コントの人 傑作選』を観に行ってきた。

10作に及ぶ過去のエレ片コントの人のベストコントライブ。
端的に言って、めちゃくちゃ最高に面白いライブだった。

今回は「エレ片のくせに」という言葉が連発されるほどのプレミアチケットぶりでしたが、自分はしっかりチケットを獲得。
いつも通り、「どうせ取れんだろ!」と思ってたら、まさかのかなりシビア!

エレ片ハッシュタグやタイムラインが、「チケットをご用意できませんでした」の阿鼻叫喚の地獄絵図と化するのを見て、ブルブルと震えたものです。
最右端とはいえD席という前の席を取れたことは幸運だったんですね。

当日券もめちゃくちゃ並んでたみたいです。
確実に用意できるのが3席、キャンセル待ちが5席とかで…
集まった方々が27人もいたそうです。エレ片、人気やな!


でも、どうやら各所の映画館で上映会をするということで…
今回観れなかった方も一応映像として見ることができるみたいです。

というわけで、今回はネタバレ無しで!
備忘録はたっぷりiPhoneのメモ帳に書き込んだので!
そのうち内容のこととかも書くかもしれませんー。

今回はネタバレ無しでライブと関係ないことばっかり書こうと思います。
ライブの感想は追記とかじゃなく、別の記事で書くかな。

まず、日経ホールに行くのが初めてで緊張した。
未だに東京は緊張する。ていうか電車が緊張する。
出不精だった時代が長すぎて、今でも本当に慣れないのだ。

大手町駅なんか全く降りたことないし。
でも、地下鉄からそのまま日経ビルに繋がる経路があるということで、それを利用することに。

そしたら、大手町の地下めちゃ広い!
若干迷いつつ、なんとか10分もかからず日経ホールへ…


今回のライブでは、初めてフォロワーの方とご挨拶した。

今まで、ネットで知り合った人と現実で出会ったことがなかった。
そもそも、エレ片という趣味を話せる人と出会ったことがない。

そんな中で初めてご挨拶させて頂き、会場でお話させて頂いた。
そして抱いた感想は、物凄く月並みだが「趣味を共有できるのっていいなあ」です。

人見知りな僕ですが、趣味が合うだけで自然と口が動くものです。
趣味が合うって、自然と会話を弾ませる魔法のカードだね。
「あれ?会話ってこんなに楽しかったっけ?」と再確認ですわ!

今まで一人で寂しく参戦していた自分に存在していた固定観念みたいなものが、綺麗に打ち砕かれていく瞬間でした。
あーもっと色んな人と話してみてー。成人したら飲んで話してみたりしてー。
俺、酒飲めるんだろうか。「バカにげえから飲めねえ」とか言いそう。

今日も、チケットの譲渡とか目にして寂しく佇んてたもんです。
フォロワーの方とも中々遭遇できず、とりあえず席の確認に行ったりしてて。
そうこうしてたら「ここにいます」と連絡もらい無事エンカウント…

今日は、両国以来のエレ片ファン達が一堂に会する日だったんで、ほかにもいっぱいフォロワーさんがあの会場にいたんだなあ。。
もっと連絡取って会う約束とかすればよかったです。今度からはそうしてみます。引っ込み思案な自分におさらばするんじゃ。


そんな訳で、ライブもそれ以外も充実した一日だったんです。

そして、ここでお知らせ!

なんと、ワタクシ聖徳TAISHI『instagram』を始めました!
下のリンクからプロフィールに飛べると思います!

http://instagram.com/shotoku721

どんどん新しいことに挑戦していこうという信念のもと。
絶妙に微妙なタイミングでインスタを始めてみる。

今までも、見る専で登録はしていたんですが。
投稿することも特にねえなと何も投稿してなかったわけですが、これからはたまーにですがなんか投稿してみようかなと思います。

インスタはなんだかんだでオシャレなツールだ!
インスタ映えにこだわりすぎるあまり変な人も居るけど!
なんだかんだで大抵の人はオシャレだよ!スーパーオシャレ!

よかったらフォローしてね!いえーい!

採用されるということ

昨日は焼肉を食べた。

よく行っていた近くの焼肉屋に行ったら、潰れていた。
でも過去にも一度閉業してて、気付いたら再開していた事もあったので今後の再開を期待する。

なので、その近くにあるもう一個のほうの焼肉屋行ったのだ。
単純に考えると、この焼肉屋が出来たことによって閉業に追い込まれた気がする。
まぁ、ここは安くて美味しいので良いけど。美味しかったよー。


で、その夜。
まぁ、焼肉食べたのも夜なんだけど。今からのは深夜の話ね。

夜はいつものようにエレ片のコント太郎を聴いていました。
最近少ない数とはいえ毎週メールを送るようにしているんだけど、全然読まれない。
毎週毎週、読まれずに2時間が終了。いつも意気消沈。

昨日の放送も案の定全然読まれず、「あー今週もダメだー」と諦めかけたその時、メールが読まれた!
久しぶりにメールが読まれたけど、なんだあの嬉しさは!今までの数ヶ月の意気消沈ぶりを全て吹き飛ばすような爽快感と達成感がそこにはあった。

読まれたのは毎週お馴染み最後のコーナー「ツッコミハイライト」。
お題に対してのネタコーナーのため、結果が確実にその週に出るので良いのです。

本当に毎週毎週読まれなかったんですが、超久しぶりに読まれました。
しかもトリ!トリだったから尚緊張した!「あーもう読まれなかったー」と思った頃だったし。
そこそこウケたんで良かったです。読まれても、バカ滑ってショック受ける時もあるので。

そういえば最近今までに読まれたメールの数を纏め始めたんですが、一番送ってるので当たり前だけどツッコミハイライトのメール採用数が一番多かったです。
でも3通。少ねい!採用総数は12通でした。100通目指すぞー。

採用されるって難しいね!本当に心の底から面白いと思ったメールも全然読まれないし。
案外、力を抜いて送ったメールのほうが読まれるし。そんなもんだよね。
創作を生業にされてる方々って、そういう世界を生きてるんだなーと思うとやっぱ尊敬と憧憬。

いや、ほんと読まれなくって、放送中にTwitterで愚痴ってしまってフォロワーさんに励まされてたので…
その後すぐ読まれたので本当に感動したし、フォロワーさんと感動を共有出来て良かった。

最近、趣味を共有できるフォロワーさんとのTwitter上でのやりとりが楽しいです。
昔はよく色んな人と絡んでたのに、最近はほぼTwitterに浮上もしなくなって人との絡みも少なくなって…
そんな中、しっかり絡むことのできるフォロワーさんが居るのは本当に有難いです。

薄い仲の100人より、厚い仲の10人だなー!
でも本当は、厚い仲の100人がいいなー!一人は好きだけど孤独は嫌い。byセカオザ。

ディアクソティーニ

いやはや。

エレ片がENGEIグランドスラムに出演しましたね!!

ラジオの中だけでの幻の如くの存在であるエレ片が。
ついにテレビでコントを披露しましたよ、凄いことですね。

TBSラジオで10年頑張ってきたエレ片のテレビ初登場が、何故フジテレビなのかはよく分かりませんが。
まぁ、TBSとしては「99.9」で共演してるから、いいのか。


ということで昨日は21時からテレビにかぶりつきました。
ほんとは最初から見たかったけど、エレ片は21時台の出演ということだったので。
録画はしてるので、あとでフルで見るとして…まずはエレ片だ!と。

とりあえずエレ片が出るまで静観…
いやー皆面白いですね。そして自分がお笑い好きだなってことも改めて実感。

特に、ナイツと千鳥の漫才は最高に笑ったなー。
特に特に、千鳥!千鳥はまさに無冠の帝王だな。

そんなこんなで気付けば21時も40分頃になり、いよいよエレ片の番が!
いやー焦らすねー。焦らす!「あせらす」じゃなくて「じらす」ですよ、この場合。
玉置浩二の気持ちが分かりましたよ。「じれったい」。

エレ片が今回披露したコントは「同窓会」。
コントの人10で披露された最高のコントです。

簡単に内容を説明すると、やついさんがウンコを漏らすコントです。
簡単に説明しすぎたとは思いますが、大体そんな感じです。

もうちょっと詳しく説明しましょう。
舞台は小学校の同窓会、授業中に漏らしたエピソードを片桐にイジられる今立。
しかし実は今立はやついが漏らしたのをかばっていたのだった!

そしてなんやかんやあり、やついが漏らしてしまい…
なんだかんだで片桐にもバレて、てんやわんやになるというコント。
これだけ聞くとアレかもしれませんが、最高に面白いコントです。

しかし!最高に面白いとはいえ、題材が題材。
このコントをやると事前に知った時、「マジで大丈夫か?」と思いました。

果たして、ホーム以外で演じてもウケるのか…こっちがハラハラ、大緊張。


ですが、蓋を開けてみれば大ウケ!
客層がお笑いを見に来ている客であるだけに、暖かかったですね。

まぁ、KOCでのだーりんずの「童貞」ぐらいまで行っちゃうと引くのかもしれないけど…
少なくともこういう小学生レベルの下ネタは「くだらない」で昇華されそう。
でも、「童貞」が万人にウケる時代も来てほしいな。だーりんず面白かったもんなー。

まーその話は置いといて、エレ片ですよ。
かなりアウェーな状況ではあったと思いますが、かなりウケて安心しました。

もっと短い時間かと思いましたが、なんだかんだ6、7分は演じてましたし。
それでも元が10分超えのコントですから、だいぶカットしてたけどねー。

オチは改変されてましたが、あのオチはあのオチで良かったね。
でも、やっぱりオリジナル版のオチが最高だなー。やっぱり「徳川家康!」だよね。

オリジナル版は、あそこからやついがさらに暴走して、謎の少年漫画的展開になるっていう最高にくだらないコントなんですけどね。
あと、無理だろうなーとは思ってたけど「YES CURRY RICE」もカットでしたね。
「ディアゴスティーニ」のくだりとかも面白かったんだけど、そりゃ無理だわな!

でも、あのコントはとにかくエレ片らしいコントなので良かったです。
三人の雰囲気や立ち位置があのコントだけでなんとなくわかるかと。
片桐さんのスプレーでマジで滑っちゃう感じとかも、エレ片っぽかったな。


というわけで、エレ片のテレビ初コント、とにかく最高にDOPEでした。
まさにDOPE&CHILL&DUDE!!!って感じでした。

これを機に、様々なメディアでのエレ片の活躍を期待しております。

『エレ片in両国国技館』感想

昨日12月28日、ついにあの大イベントが行われた。
皆さんもご存じの、そう…

エレ片in両国国技館!!!

いやーついにです。
年末というから、ずいぶん後のことだなーなんて思ってたら昨日やっちゃったよ。
あ、本当に年の瀬なんだな、と改めて思いました。

夜のライブを観に行くのは初めてだったし、両国国技館という場所も当然初めて。
しかも、いつも観に行くコントライブとは一味違った趣向…
いやー緊張しました。毎度のことながらだけど、特に緊張した。


一抹の不安を抱え(自分のメンタルの問題)、いざ両国へ。
家を出たのが2時半だったのだが、物販の時間は3時から行うということを家を出てから知った。

てっきり開場時間の5時からだと勘違いしていた自分…
あー何らかのグッズ売り切れてたら嫌だなーと早速凹む(事前チェックの甘さの問題)
しかも4時半でいったん閉めるとのこと…間に合うのかー

そして初めての両国駅を降り…ちょっと迷いつつ両国国技館に到着。
この時点で4時10分、4時半には間に合いましたが果たしてグッズはあるのか?

普通にありました。
座布団・引き出物袋・クリアファイルセット・お守りをゲット!Tシャツは断念…
おっぱいパンも売っていたけど、勇気が出ず断念…

なんとかグッズをゲットし、いったん近くのマックで食事。
ちょっとポケモンGOやりましたがポケストップの数すげー!流石です。


そして5時が近付き再び両国国技館…ちょっとマックへ行ってた隙に大行列!
四列になって並びましたが人、人、人…流石の人の多さ。
そして「館技国」の文字!いいねー左からの文字!当然写真を撮ってしまいます。

そして再び国技館へ入館。とにかくロビーの広さ、そしてごった返す人の群れ…
この人の群れのほとんどがエレ片リスナーであるということが驚愕です。
引き出物のお酒は未成年なので貰えず…まーでも岩下の新生姜は貰ったので良し!

自分は二階席の最前中央という位置を陣取りました。
何の気なしに安い二階席を買ってしまって、「ちゃんと見えないかも、やっぱアリーナのほうが良かったのか?」と後悔したりしていたのですが…

何せ最前中央が当たったので、見やすかったです!
声も聞き取れる、出演者も確認できる、そして映像も見やすかった!
最初に出た年表とかは文字が小さくて読めなかったけど…十分見れた!


さて肝心の内容ですが、とにかく最高!!!
トークあり、映像あり、結婚式あり、披露宴あり、コントあり、歌ありの3時間半…
ほんと、めちゃくちゃ楽しかったです。最高のライブだ!

今までやついフェスやDJイベントには参加したことのなかった自分。
今回のライブで、そういうイベントにも足を運びたくなった!!
FPM田中さんのウェルカムDJも最高すぎたし!コントの人10OP映像も見れたし。

そして開演、OP映像も最高!「サイコパス」の文字があったな。
客席を見渡して「満員じゃん!」と言うやついさん、確かにほんとに満員だった!
なんだかんだここまでチケット売れたんだなーと感動。

そしてオーケン、ゲッターズ飯田を迎えての歴史を振り返るコーナー!
いやー、トークも映像も最高だった。見たいのいっぱい見れた!

自分が初めて見たコントの人7で流れ、ずっと見たかったエレ片キャンプ&アネロス映像もついに見れたし!!
自分が見たことのなかった桃太郎神社の映像も見れて最高だった。

さらに権利問題でDVDに絶対に入ることのないCM映像も見れた!
「崖の上のジン」は見たことなかったけど、最高だなー。昔のエレ片って感じ。

釧路や湘南の地方FMにハマり、「最近はあまり聴いていない」と言っていたオーケン。
アネロス映像を見て「あんなに攻めていいの!?生島ヒロシさんに言ったの!?」と。
ラジオの限界突破を目撃し、オーケン、エレ片にカムバック宣言。


そしてついに、今立進×麻衣ちゃんの結婚式を開催!!
布施明の「君は薔薇より美しい」で新郎新婦登場、今立「変わったー!」と熱唱。

まさかの牧師は片桐仁!その名もアネロス牧師。
誓いの言葉のときも普通の結婚式じゃ有り得ないぐらいふざけてて最高だ。
そして新郎新婦のキス。今立キスしながら目を見開き、舌なめずり!!

最後はまさかの片桐VS麻衣ちゃんの相撲対決!行司は川尻。
アネロス牧師、新婦に思いきり触れようとするも力でねじ伏せられる…

そして披露宴、ここ一番笑って感動したなー。
披露宴までの繋ぎに流れた生い立ちVTRの最後に出た、「Thankyou Facebook!」をザッカーバーグ氏に捧げる今立。

トゥインクルを代表しての上田係長のスピーチ、マジで笑ったなー。
ガチ緊張で噛みまくる上田に、キレキレのツッコミを入れるバケモノ今立…良い縮図だ。

一徹&月野のスピーチは、披露宴にそぐわぬ大下ネタ。
その後の岩下の新生姜ウエディングケーキへのペンライト挿入も含めて最高だった。

そして氏神一番の生声OEDO!まさかの氏神一番の登場にビックリ。生で見る氏神さんもいつもの絡み辛さ。
その後に銀杏峯田くん&オーケンの名曲「BABY BABY」!!二人の歌声、ほんとに最高だ…感動。

歌が終わり、号泣する片桐からのスピーチは感動的だった。
片桐さんの今立さんへの思いがここぞとばかりに詰まっていた。

そして麻衣さんのスピーチで爆笑。本当に不思議で面白い人だ。
「人の不幸を笑い」や「別の人生を歩んでください」、最高だった。
改めて、今立さん麻衣さん本当にご結婚おめでとうございます!!


そしてその後は合同コント!
エレ片&レキシ池ちゃんの「シトラスラベンダーキシ」。
シトンダー最初の曲「松潤」、やりーぱこぱこの「チンコに見えちゃう」を披露。

最後に「サタデーナイト」を披露。さらに、流れからレキシの名曲「狩りから稲作へ」に!
わちゃわちゃしてたけど最高だった。池ちゃん面白いなー。

そしてNegicco&峯田くん&池ちゃんの全員合同コントは「BAD」!
とことん片桐さんを疲れさせまくってて笑った。このコントほんとに面白い。
特に峯田くんが中学生エレキの世界観にばっちりハマってて凄く良かった。


そして最後はキケチャレ!ジジィが歌って踊る!
「純情エクスタシィ」と「ONE NIGHT SENSATION!!!」を披露。

そして新メンバーはまさかの手島優!確かに椎名林檎に見える出で立ち。
「キケチャレ!寿」としてビクターからメジャーデビューとのこと、すげーなー。

そして手島優と共に「FUNKY FUN!」を披露。
てじーに煽られてアリーナ席の人は立ち上がってた。いいなーあの感じ。
大サビ前に全員登場、壮大な大団円の感じになんか感動した。

約3時間半に及んだライブの締めは、峯田くんが名曲「キラキラいいにおい」を熱唱…
最後の方で譜面台を倒してしまうの峯田くんらしかったなー。
最高に良い曲で締め括られたエレ片in両国国技館…読後感みたいなものを味わった。

そして来年2月5日に大阪で「エレ片大新年会」開催決定とのこと!
いやーこれは行けないかなー…両国の映像流したりするのかな?行きたいなー。



いやー、とにっかく最高のライブでした。
ゲッターズ飯田が「あと10年続きます」と言っていたので、10年後も何も変わらずふざけているエレ片の姿を見たい!

これからもエレ片よ、永遠に!!!

地獄までついていきます

『金星‼︎』大千秋楽。
そして、恐らく全て解禁?だと思われるので、この事を書かせていただきます。


今立進さん、ご婚約本当におめでとうございます!!!


今回の発表会内にて、今立氏がプロポーズをするという映像がありました。とにかくドキュメンタリー。
映像にてプロポーズが成功したその瞬間、散々ラジオ等で「絶対に見に来た方がいい」と言われていた理由が分かりました。全てが繋がった。
これで、エレ片が全員既婚者トリオとなるのです…さらに言えば、トゥインクルビッグ4も全員既婚者!コバケンが離婚してなければ!

まぁ映像の内容は詳しく今度書きます。この前書いた記事の追記にて。
いやぁ、これをずっとネタバレしないために今回は感想を書かなかったと思うと、なんだか感慨深いですねぇ…

ほんとに、とうとう最後までネタバレなくて凄かった!
皆良い人なんだなー。皆言いたくてウズウズしてたんだろうけどなー。


ただ、気になる事が一つ。

何故か当人の今立氏が、「婚約しました」ツイートを削除!そしてその後にその部分をすっぽり抜かしたツイートを投稿!
なんでだー!何の諸事情なんだ!全部解禁なんじゃないのか!自分も結構ハッシュタグつけて呟いちゃったけど、言っちゃダメだったのか!?

そんな感じでやや不穏な空気が広がりつつありますが、まぁ特に深い真意はないと思いたいです。
今日のアフタートークでゲッターズ飯田氏に「破談の可能性がある」と占われたらしいので、もしや…いやいや、そんな事考えちゃダメだ!
いや、それか、両国国技館の方の都合でなんらかの問題が…いやいや、そんな事は一切ないと願うばかりです。

とにかく!今立さん本当におめでとうございます!とうとうだよ!
エレ片in両国国技館も楽しみです!どうなることやら!

エレキコミック第26回発表会『金星!!』感想

本日のエレキコミック第26回発表会『金星!!』の昼公演を見た。

凄かった。
話に聞いていた通り、凄いライブだった。

コントは当然面白いのだが、なんといっても今回の目玉は映像だ。
勿論コントライブだからコントがメインなのだけど。
だけども、今回は映像がコントに食って掛かってたなぁ。凄かった!


とにかく早く言いたいのだけど、ネタバレ禁止。
特に今回の、とある映像で語られた“ある事実”は完全に他言無用。

今まで、自分は感想を書く時、ネタバレ注意!とか言って追記にてだいぶネタバレの感想を書いていたりした。
だけど、今回はそれが出来そうにない。自分もネタバレしたくない。

なので、今回からネタバレなしで感想を書く事にした。
で、大千秋楽が終わった後に、追記にネタバレ有の感想を書く感じで。
というかそのほうが圧倒的にマナー良いので、ちょうど良い機会でした。


というわけで、ネタバレなしで感想を書いてみる。

意外とネタバレなしで感想を書くのは難しい。
だけど、これからはマナーを守り健全に感想を書いてみる事にしましょう。

一言で言うならば、まさに“金星”みたいなライブだった。

キラキラと輝く星であり、そして勝利を収めた星、勝ち星だ。
“金星”という言葉はコント中にも多く登場したが、“キンセイ”であり“キンボシ”だった。一応、タイトルはエレ片in両国国技館にかけてるので“キンボシ”読みですがね。

コントは相も変わらずとにかくバカ。
何も考えずに笑う事が出来る最高にバカみたいなライブだ。

そして前述の通り、今回はコントとコントの合間、つまり幕間にて挿入される映像がとてつもない強者揃いだった。
勿論いつも映像は面白いのだが、今回は面白い、だけじゃなく…
とにかく、今凄い事が水面下で進んでいる。そう、進んでいるのだ。

初日に見た人は良いなぁ。アレを、最も早く知れたわけだから。
そういう意味で初日を推してたんだなぁ。なるほど。
観劇前に知っていた数少ない情報が、観劇後には全てが繋がった感じがしました。


とにかく、エレ片in両国国技館が楽しみすぎます。
何故楽しみなのかは、まだ定かじゃありませんけどねーなんでかなー
前々からチケット取ってたけど、もし取ってなくて『金星!!』見たら観劇後絶対取ってたな!

アフタートークはなかったけど、エレキコミックの大学時代の映像が見れて良かった。
初々しかったですな~エレキの司会と、コロコロコミックスのコントと、ポゲムタの漫才!

エレ片in両国国技館行くなら、絶対見てほしいライブ。
そして、行かない人も見てください。両国に行きたくなりますよ。
君の前前前世から僕は君を探してたんだなー。


大千秋楽終わったら、詳しい感想書きますね。それではー

無事大千秋楽が終わり、あの事も解禁になりましたので、追記にてネタバレ満載の感想です。公演は終わったけど、ネタバレ見たくない人は注意だよー






続きを読む »

「エレ片 コントの人10」感想

エレ片コントの人10の2月21日公演を、観劇しました。

エレ片コントライブ コントの人が、とうとう記念すべき10回目を迎えた。
コントの人は、 今回で最後となる。エレ片というユニットは、より自由な形で笑いを提供してくれる事でしょう。

とはいえ、「三人でのコントライブ」という形は今回で最後。
エレ片といえば、やっぱり片桐仁が醍醐味。今回は最後に相応しい、 片桐仁スペシャルになっております。
そして、最後とはいえ相変わらずバカバカしくて毒のあるコント群になっております。

ここからは、感想を追記にて。ネタバレ多めなのでご了承ください。






続きを読む »

エレキコミック第25回発表会「東京」感想

昨日、エレキコミック第25回発表会「東京」のマチネ公演を見てまいりました。

記念すべき第25回の発表会。
そしてエレキコミックはともに40歳。

色んな節目を迎えたエレキコミック。

タイトルも、さまざまな思いが詰まっていそうな「東京」と。


しかし、エレキコミックはエレキコミック。
節目などお構いなしと言わんばかりに、果てしなくくだらない。
最初から最後まで、果てしなくくだらない。

これでこそエレキコミック。
最高です。

追記にて感想(備忘録?)です。ネタバレ注意!






続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE