カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

何度目の意気込み?

今日から5月ですね。
そしてゴールデンウィーク真っ盛りです。

と言いつつ、今日明日はただの平日。
学生はこの日を休むのは絶対無理として、一体どれだけの社会人がこの日に休暇を取れるんでしょうか。

有能なヤツを休ませたら、今日明日の仕事が回らなくなる。
かと言って、無能なヤツを休ませるのは癪だ。
そんな葛藤の末、結局誰も休むことはないという顛末が目に浮かびます。

プレミアムフレイデーを入れれば最大9.5連休とかって言ってましたよ。
プレ金を開催できる会社って、どれだけのゆとりがある会社なんだろう?

先月はともかく、先々月は年度末だったもんね。
あの日にプレ金発動できた会社は相当ホワイトだと思います。
ホワイトすぎて逆に会社の今後が心配になりそう。


ゴールデンウィークに旅行行くフットワーク、ありますか?

たまに無性に知らない街を探索したいと思うことはあるのですが、実行には移さないよね。
すぐ旅行に行っちゃう人って、凄くフットワーク軽いなぁと尊敬します。

この前アメトーークでも「ひとり旅芸人」を放送してましたけどね。
スケジュールが空けば何も気にせず国内でも海外でもひとっ飛びできるって凄いなぁ、と。
全員のスケジュール合わせて複数人で旅行く人も凄いなぁと思うけどね。

自分はそんなフットワーク持ち合わせておりませんから。
毎年のようにテレビ観るかゲームやるかPCやるかという超インドア生活。

ただ、それが楽しいんだからそれで良いんじゃないか!

自分にとってはかけがえのない、有益な時間なんだ!多分!


ただ、何もしなさすぎるのもどうかと思うので、部屋の掃除や整理ぐらいはしよう。
もはや手の付けようがないぐらい散らかってるので、どっから手を付けようか。

綺麗好きなのに、定期的に掃除をしなかったばっかりにこんなことに。。
綺麗好きであるが故に、掃除をして自分の身体が汚れるのが嫌なんですよ。

綺麗好きというよりは潔癖症ってやつだろうか?
この悪循環により、片付いてるのが好きなのにもかかわらずどんどん散らかっていく…

埃もどんどん溜まっていく。でも拭きたくない!
手に付着するたびに手を洗うのが面倒だし。埃を吸いたくないし!
その結果、埃だらけの部屋に。これ、結局間接的に吸ってるんだろうな。

皆、埃ってどうしてんの?
掃除機かけられないところって、ティッシュとかで定期的に拭くのかい?

テレビとか掃除機かけられないじゃないか~どこもかしこも。
テレビが綺麗な人はなんなんだ?まやかしか?まやかしなんじゃないか?
家具や家電が綺麗な人って、一体どういう生活をしてるんだ…

とりあえず、せめて他人に見せられるような部屋にしたいよね。。。


ミニマリストを「意識高い」と馬鹿にしていたが、アレは良く考えれば凄いんだな。
俺は見習うよ。その徹底した管理力とストイックさを。

でも、ミニマリストって本来金持ちがすることだからね。
そもそも金無いくせにミニマリストを名乗る意識高い大学生は、やっぱり馬鹿にしよう!

ひどい結論を叩きだしてしまった。
スポンサーサイト

抗酸化

高校三年生になりました。
信じられないことですが、本当です。

自覚が無いので、自分でも信じられない部分があります。
そもそも自分は高校生なんでしょうか?
いや!違う。俺はまだ中学生だ!小学生程は遡らない!

でも事実なんです。
今年自分は18歳になり、車の免許の取得権と選挙権を得て、“立派な大人”という人種になるのです。

とは言いつつ、大人になんてなれません。
四十不惑とは言いますが、四十歳になっても人は惑います。
無理に大人になろうとせず、ありのままで生きよう。


これからのこと、何も決まっていません。
未来がさっぱり見えません。

とりあえず、マイペースに生きます。

やりたくないことをやって生きるために、やりたくないことをやるのは嫌です。

やりたいことをやって生きるために、やりたくないことをやる人生を歩みます。

適度にワガママに生きていきます。
嫌がったり、ふざけたり、文句言ったり〜。

そして適度にダメ人間として生きていきます。
怠けたり、だらけたり、踏み止まったり〜。


頑張るわー。

4じげんぼう Pポコ

Pポコ

藤子先生の「4じげんぼう Pポコ」という漫画。
その主人公であるPポコが有り得ないぐらい愛くるしい。

昨日、父親が買った藤子・F・不二雄全集を色々読み漁っていたところ発見。
とにかく超可愛い。スーパー可愛い。一発で虜になった。

調べてみるとこの漫画、かなりマイナーらしい。
自分も全く知らなかったし、恐らく大半の人が知らない漫画だと思う。
単行本にもなってなかったらしく、全集で初めて纏められたっぽい。

載っていた雑誌は「幼稚園」と「小学一年生」と、子供向け。
時期は1975~76年の一年間…この漫画以外にも一年単位ぐらいの漫画は多いので、恐らく初めから一年契約なのかしら?


なんにせよ、とにかく可愛いね。

このPポコ、特徴は「なんにでも化けられる」こと。
一年間ブレずに変化能力だけで漫画を突き通した猛者です。

化けられる、というとなんといってもオバケ…
造形もどことなくO次郎やドロンパに似ています、ていうか同類です。

しかもこのPポコ、基本的に「ピーポコ」しか喋れません。
となると、もはや完全にO次郎です。「バケラッタ」だね。
いや、自分の名前しか言えないという意味ではむしろピカチュウに近いか?

しかし!このPポコ、連載のかなり初期で衝撃の進化を遂げます。

なんと、喋れるようになります。

読んでいてビックリしました。
だって、連載三回目で突然言葉を覚えてるんだから。

しかも、「言葉を覚える」ことがメインの回でもなんでもなく、1コマ目で「ことば、おぼえた。」と答えるだけでそのクダリは終了。
最初はちょっとカタコトでしたが、後半は完全に普通に喋ってます。

O次郎と差別化を図った結果なんでしょうかね。
因みに、幼稚園版だとそのことに一度も触れずに話が進みます。

基本的にはドラえもんやオバQと似た構成なんですが、ちょっと面白い点が。
なんと、主人公のたけしに姉が居ます。藤子作品では珍しい!たぶん。

しかもこれが、物凄く暴力的な姉ちゃんでね。
一応ガキ大将キャラも居るんだけど、作中では姉ちゃんの方が暴力を振るってます。
恰好からしていわゆる女学生かなあ。かなり特殊なキャラでございました。


この漫画、話数も二雑誌合わせて20話ほど。
しかも何せ子供向けですんで、一つ一つの話のサイズが短い。

小学一年生版の一番長かった話で8P、幼稚園版は始めは4Pでしたが最終的には2Pに。
ですが、幼稚園版では一応最終回が描かれてます。
こういう一年契約みたいな子供向け漫画では割と珍しいかと。

そんな最終回、内容は「Pポコが行っちゃう」というもの。
どこに行っちゃうのかも分からないし、そもそもどこから来たのかも分からない。

幼稚園版では突然出現。小学一年生版では森にて次元を突き破って出現。
連載前の資料によると、「架空世界からの来訪者」らしいです…

何せ短いので、Pポコの正体もさっぱり分からぬまま…
そんな中でPポコとのお別れが描かれているのですが、謎ばかりを残して去ってしまった姿は何処か物凄く悲壮感が漂っているように思えました。

とにかく、きっとまた出会えたであろうことを願うばかりです。
藤子作品の別れはどれも悲しいけど、物語が詳細に描かれていない漫画での別れの方が却って悲しく感じたのでした…。


Pポコはマイナーすぎてグッズも全くありません。
しかも、調べてもほとんど情報が出てきません。これは大変だ。

一発でハマってしまった自分がなんとかして推していかなければ。
Pポコ、可愛いし面白いし最高なんで是非読んでみてくだされ。

藤子・F・不二雄全集の「モッコロくん」の巻に収録されています。
他にも未単行本化の漫画が収録されているので貴重ですよ。

読んでみてね!ピーポコ!

(゚д゚)

また体調を崩した。

風邪にかかりにくいスーパー健康体と自負していた自分だったが、今年は例年より外に居る時間が長かったためか普通に体調を崩す。
風邪を引かなかったのは、単純に出不精だからだったんだな。

数日前から喉は痛かったんだけど、特に生活に支障をきたすほどではなく…
ただ、一昨日ポケモンGOの記事にも書いたように吐きかけたりして体調が芳しくないということは認知していた。

でもそれを乗り越えたので、もうこれで大丈夫かなーと思っていたら…

昨日帰宅した際、何故かドッと疲れたのですぐさま横になるとやけに頭が痛い。
でも疲れてる時の頭痛はたまにあることなので特に気にもせず…
その後もテレビ観たり夕食食べたり漫画読んだりと日常生活を謳歌。

しかし!風呂に入ろうかなーと思った頃。
妙に頭がぐわんぐわんするので、確認程度に熱を測ることに。

自分は37度あるかないかぐらいかなーと思っていたが…
測ってみたところ、なんと37.8度あるではないか!

予想以上にあった。そして、それを知った瞬間ぶっ倒れる。
「病は気から」とはよく言ったもので、病気だ!と思うと途端に具合が悪くなるね。


スマホで調べたら「38度以下ならお風呂に入っても大丈夫」とのこと。
なので、パブロン飲んで暫く横になってから風呂入ろー、ということに…

スマホでyoutubeを鑑賞しながら一時間ほど布団の中…
そろそろ熱が引いたかなーと思い熱を測るとまさかの大台の38度

意外とわからないものだ。
確かに頭はぐわんぐわんするとはいえ、普通に起き上がってられるレベルだったし…
正直、38度ぐらいだったら会社に来い!と言われても無理ないのかなーと思ってしまった。

でもその後パブロンが効いたのか熱はみるみる下がっていきました。
37.4度まで下がった時にお風呂に入りました。沸かしてから3時間近く経っていたためバカぬるくなっていた。因みに一番風呂。

そして0時には就寝…体調のせいか、珍しくすぐに眠りに入った。
そして10時間以上眠りまくって今日の11時過ぎに起床、起きて早速熱測定。
ようやく37度を割り、36.8度になってた。今日一日無理をしなければ明日には治ってるだろう。


とりあえず、今は頭痛も無いし喉の痛みも引いた。
その代り鼻が詰まり始めてくしゃみを多発するようになった。

もしかして、花粉症?

(゚д゚)

今夜はファスト・ユーチューバー

今日知った言葉。

“ファストファッション”

観れていなかった随分前のロンハーを観たら、GENKINGが言ってた。
GENKINGはもてなしが上手だった。


今日の午前1時ぐらいに、久しぶりにHIKAKINさんの動画をいくつか観た。
暫く観れてなかったが、久しぶりに観てもほんとに面白い人だ。

あの人の引っ越し動画が好きだ。
あの人の住んでいる家にとても憧れて生きてる。

HIKAKINさんの動画は莫大にある。自分はまだその一部しか観れていない。
暫く観ないとめちゃくちゃ動画が増えてる。毎日更新してるから凄いよなー。
これが仕事だからにしても、本当に血の滲むような努力の結晶だなあ。


小沢健二とスチャダラパーの名曲「今夜はブギー・バック」を聴きながらこのブログを書いた。
最近、小沢健二の「ドアをノックするのは誰だ?」もよく聴いてる。

昔の曲には昔の曲の良さがある。
その時代を生きていないのに、まるでその時代に自分が生きていたかのような気持ちにさせてくれる。

過去にタイムトリップ出来る、一番手っ取り早い方法だな。
「懐かしい」という感情をもっとも引き出せる概念は、音楽なんじゃないかっていつも思ってる。
産まれる前の曲すら「懐かしい」と感じる。錯覚だ。



そんな一日だった。

THINK

夜、いつも寝付くまでに時間がかかるタイプだ。
基本的にどんなに眠い状態で布団の中に入っても、そこから一時間ぐらいは眠りに入ることができない。

で、その一時間は何をしているかというと、考え事。
とにかく、色んなことを考える。ピンからキリまで色んなこと。

「考え事してるから寝られないんじゃないの?」とお思いの貴方。
考え事をしなくても寝られないんです。じゃあ、考え事しなきゃ時間が損じゃないか!
何も考えず40分で寝付くのと、考え事して一時間で寝付くのとだと、後者のが良い。


先程ピンからキリまでと言ったが、どんな考え事をしているかというと。

例えば。
ふと自分の手なんかを見て、すぐに目を閉じて脳内で今見た手を描く。
この場合の「描く」は、「えがく」と読んでいただきたい。

これをすることによって、想像力がアップし、それに伴い画力も少々アップする…と思い込んでいる。
なにせ完全独学なので、効果があるか全くわからない。
ただ、この小さな努力で手の形状を記憶する技術が向上してるはずなので。

初っ端からいきなり考え事でもなんでもなかった。

自分が寝る前に主に何を考えてるか、改めて振り返ってみると…
恐らく、自分が考案した架空のバンドのことが多い。

それは、過去に書いていた小説(微黒歴史)から派生したキャラクター達。
自分の好きなバンド像をこれでもかと言うほど投影し、日々妄想してどんどん設定を肉付けしている。

思い付いた設定や、思い付いた良さげな楽曲のタイトルはPCのメモ帳に書き溜めている。
これが莫大な量。いつか創作能力が身についたら一気に放出したい。
以前、実況動画内で言った「ハリボテロマンス」は彼らの楽曲のひとつ(勝手に言ってるだけ)

今のところの設定は男性四人・女性一人の五人バンド。
もう一人ライブでのみ登場するサポートメンバーを追加するか迷っている…
五人バンドもそこまでいないので、六人は流石に多いよなーと迷い中。

とにかく日々考えているので語り出したら止まらない。
いつか形にしたいな。出来るのかな。出来たいなー。頑張る。


あと、その日Twitterで見かけた超絶腹立つツイートのことをよく考えてしまう。
あまりにも自分と相容れない思想を持っている人は怖い。

寝る前に、そんな人間にもしリプライを送るとしたら何を送るかを考えたりする。
これが意外と面白い。自分が不快感を覚える意見に対しての反論を考えることは、自分の持っている意見や価値観を見つめ直す機会になるからだ。

「何故これが嫌いなのか」は、「何故これが好きなのか」を考えるきっかけになる。
感情剥き出しで怒るのをなんとか抑えて、何故こんなにも腹が立つのかを考えると、今まで気付かなかった自分の一面を知れるときがあるよ。

時には、自分のことを棚に上げていることにも気付く。
そんな時はしっかり反省し、しかしそれでいてしっかり腹を立てる。
冷静になりつつ、自分が本当に不快感を覚える意見を突き詰めるのです。

コレ、なんとか纏めて自己啓発本的なノリに出来ないですかね?
駄目だなー文章が纏まらなくて。これじゃなんかただのヤバいやつみたいだもんな。
でも考えることは凄く大事なので、皆さんも自分を見つめ直してみよう!

で、夜に考え事をすると急にやる気が出たりする。
そっから数日間だけは異常に早起きして、時間を大切に行動できるぞ!

ただすぐにやらなくなる。なんで長続きしないんだろうなー。
あと、時間を大切に行動してるつもりでも結局何もせずに一日は終わる。

あー。

有意義な一日を過ごしたい。

2017ちゃん

2017年になりました。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


こんなに実感のない正月は初めてです。
ボーっと「笑ってはいけない」を眺めているうちに気付けば時刻は23時50分台、そして59分になったところでチャンネルを回しCDTVに…
なんだかさっぱりわからないうちに年を越した感覚だった。

2017年という西暦に、暫く馴染めそうにない。
というか、もしかしたら馴染めないまま2018年に到達してしまうかも…
そして2018にも馴染めないまま2019年に…いやあ、本当にそうなりそうで怖い。

そうならないように早く2017年に適応したい。

数ヶ月後には、「2017年って最初はしっくり来なかったけど、すげー良いよね!」と言えるぐらい適応しよう。
そして今年の大晦日に「2017年とお別れしたくない!」と言えるぐらい適応しよう。

なんだか、そうなるビジョンがあまり湧かない…
別に、「2016年とお別れしたくない!」なんて思わなかったしな。
でも、「2016年ってすげー良いよね」とは思ってたから、その域までは行きたい。


今年は自分も18歳になる。
それも考えられないことだ。でも、気付いたらなってるんだろうな。

自動車免許も取れるし、選挙権もある。
そんな18歳に、今年自分も…いやあ、にわかには信じ難いことだ。
18歳になる年なんだから、良い年にしないとな。しっくり来ないとか言ってないで。

とりあえず今年は去年より色々と努力しよう!
この前のエレマガ。のダンワーランドでやつい氏が「今年、努力を何もしてない」と言っていて、「自分のほうが努力してないよ」と思ったので…

今年一年でスーパー絵が上手くなろう!よし!
でも、そのためには毎日描かなきゃだよなー。当たり前だけど。
全然毎日なんか描いてないもんなー。それじゃダメだな。

そして、今こんだけ息巻いてても、すぐその火は消えるからなー。
なんででしょう。何故人は、すぐに面倒になるのか。
三日坊主な自分の性格を直そうなんて気はさらさらないけど、ある程度日々努力はしないとあかんなーと思った次第です。



嗚呼。

百億円欲しい。

2016、完。

2016年もとうとう終わりです。

大晦日という実感が一切ありません。毎年こんな感じだったっけ?
なんか今年一年ってどうだったんだろうなー。良い年だったと言いたいですがねー。


とりあえず過去の記事をパッと読んでどんな一年だったか想起してみました。

思い返せば、今年はスマートフォンとの関係がより密接になった一年だった。
今年2月にWi-fiが我が家に繋がり、とにかくWi-fiを使い倒した。最先端を生きてる気がした。

さらに、できるだけ流行に乗っかろうと思った。
「流行についてけないわ〜」とか言ってるのって結局ただのバカなので、それだったらとことん流行に乗ってやろうじゃないか!!と。

流行に乗っかるといっても、大したことはしてないけどね。
とりあえず、App Storeで人気のあるアプリはとことんインストールしてみるという運動。

miitomoやスーパーマリオランもインストールしたが、その中でもやっぱり密接なのはポケモンGOだな。
まさか五ヶ月経った今でもやってるとは…いやーもはや惰性ですが、なんだかんだ面白いっちゃ面白いです。

ポケモンGOのおかげで、今年はだいぶ外に出たな。
いや、今は通学中にやってるだけだけど、夏休みは毎日自主的に外に出てたし。
今年の夏休みは出不精の自分では有り得ない稼働率だった。最も外出した夏休みだったな。


今年はライブも沢山見た。
いつものエレ片コントライブ、エレキコミック発表会は勿論のこと、「カジャラ」を観たのは良い思い出だ。

KANA-BOONのめざましライブも観に行った。
アーティストのライブに行ったのは初めてで、慣れないこともあったが生で見る演奏は凄かったなー。

さらに年末に見たエレ片in両国国技館。国技館の迫力凄かったなー。
夜に見るライブという意味でも新鮮だったし、いつも見るコントライブとは違う大イベントっぷりも新鮮だった。
今年のライブ納めとしては最高のライブだったなー。今年ライブ5回観たんだね。

しかも映画も観た。「君の名は。」を観た。
良い映画だったなー。この映画を見たってのが、さっきの流行に乗るにも繋がってるね。
普段本当に映画観ないので、色んな映画観てみたいなーと思いました。有名な映画観たい。


CDもいっぱい聴いたー。
KANA-BOON「Origin」、サニーデイ・サービス「DANCE TO YOU」が特に名盤だったなー。

クリープハイプの「世界観」も良かったが、今年ようやく買った「踊り場から愛を込めて」と「待ちくたびれて朝がくる」が良すぎた。
なんかタイミングを逃し続けていて、今まで買えてなかったんだけど今年やっと買ったのだ。
これが最高。知らなかった曲もやっと聴けたが全部最高だ。尾崎の声も全盛期で良い。

クリープハイプ繋がりで言うと、尾崎の小説「祐介」も良かった。
尾崎のあの黄色いバックのブログが大好きなんだけど、そこで綴られていたようなバンドマンの泥臭い青春がふんだんに詰まってる小説だった。

残念だったのは、ゲスの極み乙女。の「両成敗」だけだな。
不倫するわ反省しないわ、自粛するわ事務所追い出されるわ、肝心の音楽も今年は微妙だわ。
もうあの頃のゲスの極み乙女。は戻ってこないんでしょうか。あーあ。



まーとにかく、色んなことがあった一年ではありました。
特になんか努力したり身に付けたりしたりはしなかったなー。絵も描いてはいたけど、努力したと言えるほどは描いてないから全く上手くならなかったし。

でも毎年そんなもんだよね。
特に何もしてなくても、数年も経てば「良い年だった」と感じるはずだ。
でも、思い出補正もいつまでされるかなー。もしかしたらそろそろされなくなる頃かも。

とにかく今は2012年、13年、14年あたりが凄い懐かしいよ。
たった数年前だけど、妙に懐かしくて恋しくなる。もし一年という概念が形あるものならば抱きしめたい。


なんかもう何を書いてるかも何を書いたらいいかも分からないけど、来年も良い一年にしたい。

土壇場のクリスマスブログ

クリスマスにブログを書いていないことに気付いたので、書く。

クリスマスだ。あと20分で終わってしまうけど。
スマホで文字を丹精込めて打ち込み、この記事を書き上げる頃にはあと何分になっているだろう?

今日は昼にココイチを食べた。
夜は昨日と同じ骨付きチキンと、ツナマヨのおにぎりを食べた。ケーキも食べた。
ささやかだけど良かったよ。今年は23、24、25と三日間クリスマスをやったな。


そして、クリスマスということは来週は元日だという方程式が出来上がる。

来週はもう2017年だ。慣れないわー。
今年もとうとう終わるんだなーと思うと、特に今年なんにもしてねえなーという気持ちになる。

短いようだったけど、1月や2月に起こった出来事なんかを思い出してみると、なんだかんだ懐かしかったりする。
短いようで長い。長いようで短い。なんなんだろう、この掴み所のない変な感じは。

いつもクリスマスは、「来週は元日だ」という目安になってくれる。
自分にとってクリスマスはそのためのイベントだ。あと一週間だから、チキンやケーキを食べようぜ!という。


ええと、もう特に書くことがないので早めに切り上げる。

これでも、考えながら書いていると10分くらいはかかるんだなあ。
今日もあと10分で終わる。今年もあと一週間で終わる。

トケルについて

雪が解ける?

雪が溶ける?

雪が融ける?

どれなんだ?


調べてみたが、いまいちよく分からんな。

一応、“融ける”が正しくて、“解ける”も正しいみたい。
で、“溶ける”は違くって、“溶かす”だと良いらしい。
まぁ、“雪解け”って書くからそうなんだろうけど、なんで“解ける”なんだろ。

色々調べてるが、いまいち腑に落ちない。
恐らく、“融ける”が常用外なので“解ける”が使われてるってことみたい。
“融”は“ユウ”読みだと常用外じゃないので、“融雪”って言葉は使えるみたい。

因みに、“鎔ける”や“熔ける”もあるみたい。
対象が金属のときに使うみたいで、こちらは文字の雰囲気で大体ピンと来るね。まぁ使うことはないな。

とにかく、“解ける”と書くのがベターな選択なのではないでしょうか。


………


あえて雪が降ったことは特に触れないスタイル。
11月に関東で雪って、大事件だよね。だけど、あえて特に触れないスタイル。

喉はだいぶ治りました。
ただ、たまに鼻の奥から妙な臭いがします。蓄膿症みたいなやつ。

徐々に治るんじゃなくて、スパッと治ってほしい。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE