カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

下北沢を行く。

下北沢に行ってきました。

今月の18日に、ネクライトーキーというバンドのワンマンライブを観に下北沢へ行くのですが、その下調べで。

下北沢自体は何度も来てるんですが、そのライブハウスは行ったことないし。
そもそもライブハウス自体行ったことがないから、ある程度下調べをしておかないとなと思ったんだ。


本当は木曜辺りに行くのが一番良いスケジューリングだったんだけど、木曜の天気が大荒れだっていうから、昨日急に「明日行こう」って思い立って。

それで調べてたら、下北沢駅の南口が閉鎖されたって知ってビックリしました。
自分は南口ばっかり利用してたから、そこが閉鎖とは何事かと思った。

そういう意味でも、今回の下調べは成功だったと思うよ。行ってみて、「南口が閉鎖されたの!?」なんてなった日にはパニックになっちゃう。
新南口が出来るのはいつなのか知らないけど、現段階では南西口ってのがあるからそこから出ることに。


下北沢といえば本多劇場。下北沢に行くというのは、大概本多劇場に行くことを指す。それ以外で下北沢に行ったことなんてなかった。

本多劇場にライブを観に行くとき、毎回池袋で一度降りてお昼ご飯を食べて、そっから下北沢を目指した。
今回は西武新宿線で高田馬場まで行って、そこから山手線に乗り換えて新宿に行って、そこから小田急線で下北沢に行った。

未だに電車はドッキドキだ。どこで間違うか分からない。
PASMOだから別に間違えても辻褄は合うんだけど、やっぱり怖い。でも、駅員に改札のこととか聞けるようになった。偉い。

初めて南西口から出て、とりあえず本多劇場もといマルシェ下北沢を目指したけど、ちょっぴり迷ってしまった。
今考えればそんなに迷うことでもないけど、まるで初めて歩く街みたいに全く分からなかった。

無事に到着して、写真とか撮りつつマルシェ下北沢を散策。ヴィレヴァンが入ってることは知ってたけど、ちゃんと見たことはなかった。

ヴィレヴァンといえばのラーメンズコーナーがあったり、こぐまのケーキ屋さんコーナーがあったり。
店内には、名前はよく聞くけどしっかり曲を聴いたことはないアーティストの新譜が流れている。どこか心地いい感じだ。

そんなことしてたら、サニーデイ・サービスの『青春狂走曲』があった。サニーデイとサニーデイに関わる人物へのインタビューを纏めた本。
実はまだ買っていなくて、欲しいな~と思いつつ気付いたら先送りになっていたんだけど…

なんとそこには“サイン本”なるPOPがあって、どうやら中にサインが書いてあるらしい。
そんなこと知ったら買わずにはいられなかった。ソッコー買った。まさか俺みたいなやつがヴィレヴァンで買い物するとは思わなかった。

買ってすぐ確かめたら、しっかりとサインがあった。大切にしよう。


その後、本題のライブハウス探し。そのライブハウスはベースメントバーという場所で、結構駅から離れた場所にある。

ホームページには南口からのアクセス方法しか書いてなくて困ったんだけど、マップを開いてリアルタイムで経路を確認すると大概分かる。

道なりに歩いていると、気付けば目的地に着いていた。酒のカクヤスという場所の駐輪場に地下へと繋がる階段があった。
割と駅からはずれの場所で、落ち着いた雰囲気。人通りも車通りも穏やかで、良い感じだな~。

因みに、せっかく来たので別のライブハウスもチェックしてきた。

Club Queがあるというのでマップを見ながらウロウロしていたが全然無い。10分近くぐるぐる、ぐるぐると彷徨った。
結局はじめに居た場所にあった。停まってた車で陰になっていて見えなかったんだ。

そのあと、Daisy Barもチェックしてきた。クリープハイプのフライヤーが貼ってあって、流石だなと思った。


2時間近く下北沢にいたが、やったこととしては主にそんな感じ。

あとは適当にほつき歩いていた。

ついつい可愛い女の子に着いて行ったりしてしまいました。申し訳ない。ちょっとした出来心です。

気付いたらエムエムランドというゲームセンターに入っちゃって、すごいセクシーな外国人の女性がホッケーを楽しんでいた。
ついつい見てしまった。下北沢は良い街だな~と思った。スタイルの良い子や可愛い子ばっかり。

女の子の話になっちゃったけど、女の子に限らず歩いてる人みんな下北沢!って感じで良いんですよ。

あと、お笑いライブの客引きやってたね。
なんか見たことあるな~と思ったら、元なんぶ桜の澤山さん。思わず声を掛けてしまった。自然と喋りかけられるようになったな~。

チケットを買ってあげることが出来なくて心苦しかった。お笑い芸人は日夜頑張っているなと思ったよ。

澤山さんはチラシを持って街行く人にちょっと宣伝してるくらいだったけど、もう一人居た芸人の人はだいぶ客引きしてたな~。
結構着いていくの。「売れてる芸人はいないですけど、後悔させませんから!」って言って。結構追いかけるんだよ。

みんな「なんだコイツ」って思うんだろうけど、そんな光景を傍目に見てて、「がんばれ!」って思った。
お笑い芸人の苦労は知ってるつもりだから、白い目で見られようとも頑張るその姿にちょっと感動したりしたのだった。


まぁ、結局総括としては可愛い女の子がいっぱいいました。

東京に住んでる人は、可愛い女の子に耐性があるんだろうか。
街行く人全員可愛くて参ってしまった。何故東京の女の子はみんな可愛いんだろう。そうじゃない人が目についてないだけなんだろうか。

そんな感じでぽわぽわしてたら、帰りの乗り換えが分からなくなって新宿で30分近く足止めを食らっちまいました。
駅がデカすぎて全く分からなくて、完全に閉じ込められて30分。なんとか無事帰ってきました…

とりあえず、サイン付き青春狂走曲買えてよかったです。

帰りもなんとか小雨交じり程度で済みました。というか、むしろ早く帰りすぎてたらもっと降られてたかもしれないらしいので、逆に良かったです。

帰り、小雨交じりの中とうとう我慢できなくて自販機でジュースを買った。
基本的に外で飲み物を飲む文化が無く、もしかしたら人生で初めて自販機を利用したかもしれない。信じちゃもらえないだろうけど。


とにかく下北沢サイコー。

またひとつ東京に慣れた。と思いたい。
スポンサーサイト

スウィンギン・アンド・バップ

めちゃくちゃ久しぶりに床屋に行った。

床屋って未だに慣れない。なんか人見知り出ちゃう。
そういう理由で暫く行ってなくて、なんだったら髪伸びてきたら自分で切ったりしてたんですが、入学式前に久々に床屋に行ってきましたわ。

なんか入るの躊躇してしまった。

床屋の近くで暫くうろうろしてた。入れなくて。
すんなり入ればいいのに、久しぶりな上に人見知り発動して全然入れなかった。何分か佇んでいた。

結局入った。

そしたら別になんてことなかった。
どんぐらいの長さにするか言って、後は目を瞑ってりゃいいだけだから、全くなんてことなかった。


シャンプーは前もやってもらってたけど、顔剃りは初めてやってもらった。
思えば、前に行った時が顔剃りが必要ないような頃だったってことだな~。ヒゲもそんなに生えなかった頃だよ。

顔剃りくすぐったかった~。くすぐったいの苦手。くすぐり。
でも、そのくすぐったい感じがまた小中学生の頃を思い出して懐かしかった。二日続けて小中学生の頃を思い出す懐かしき春。

そして、床屋は安いね。
こんだけやってもらって2050円。税抜き1900円で、税込みでは消費税の端数切り捨てで2050円。シャンプー・顔剃りも最初から含めて2050円ですから、安いですわ。


もうちょっとで入学式。あー緊張するー。
なんか特別な日の前は、3、4日前から緊張しっぱなしになるよねー。

今はボルゾイ企画のブログを遡って気持ちを落ち着かせてます!あー、リアルタイムでふひらじ聴きたかったなー。

懐古本屋

適当に、てきとーに、道なりに歩いてますと、意外と遠くまで来れるもんなんですね~。

それに、いつも行く場所への1kmと、行ったことのない1kmは、全く違うものです。知らない道を歩くのは、いつでも楽しいもんですね。

今日は日曜だし良い感じの涼しい気候ということもあり、特に目的も無く散歩してたんですが、気付いたら歩きでは来たことのないような場所に居ました。
家族で車に乗る時に通ったことは幾度となくある道でも、一人で歩くと全く違う景色が広がっています。いやあ楽しい。


で、久しぶりに昔たまに行ってた古本屋に入ったりしました。そんなつもり全く無かったけど、その場で入りたい場所に入っちゃうのが何も考えない散歩の醍醐味。

で、何の気なしに入ったその古本屋なんですけど、子供の頃は気付かなかった魅力が意外とあった!

というのも、昔は古本屋でゲームソフトを見るにしてもDSなりGBAなり、自分の持ってる携帯ゲーム機のソフトしか見なかったわけです。
でも、今日久々にラインナップを見てみたら、予想以上にレトロゲームあるやないかい!意外と近いとこにレトロゲームの宝庫あるやないかい!

ファミコンやスーファミなどの中古カセットの品揃えが意外と良くて、自分が利用する埼玉県某所のブックオフ以上の量。
家の近くにブックオフが無くて不便なんですが、意外と良い古本屋が近くにあったんですね。ていうか、そこそこ行ってたのに忘れてたね。

あいにく財布も何も持ち出さずに来てたんで、当然何も買えずに5分10分程度でそそくさと店を出たわけですけども…

近々普通にまた行きますわ。歩いてもそんなに時間かからない距離だし、自転車で行きゃSUGUですもん。
そんな距離にある宝庫を今まで見逃してたのが恥ずかしい。入り浸ろう。沢山の宝をあそこで発掘していこう。

あと、いくら何も考えない散歩とはいえ、はした金ぐらいは持っておくべきね!


しかし、古本屋の雰囲気って良いですよね。

そこは一応チェーンの古本屋なんですけど、なんか雰囲気がいわゆる「町の古本屋さん」って感じで良いんですよ。

なんかさ、厚紙で作ったような漫画とかゲームのキャラクターの絵が壁とかに貼ってあるわけ。
で、なんかフキダシが書いてあって、そこに「セール中!」とか書いてんのよ。

もうさ、バカつまんないじゃん!そんなの。
でも、なんかめちゃくちゃ居心地がいいんだよ。その感じがなんだか童心に帰らせてくれるというか…

古本屋は、やっぱり小中学生のたまり場みたいになってる場所なので、今日も子供たちの声がギャーギャーとうるさいわけです。
でもそれが良いんだよね。なんか思い出すんだよ、自分が小中学生だった頃。自分はギャーギャー騒ぐタイプの子供じゃなかったけど。

小中学生の頃、夏休みに暑い日差しの中自転車走らせて行ったりしたんですよ~。そんなこと思い出しました。
あの頃の水色の爽やかな思い出って一生色褪せないんだろうな。たぶん、俺はあの頃の感情を一生引きずって生きると思うよ。

古本屋に居ると、中学生にタイムスリップしたような感覚になります。
気付いたら俺はなんとなく中学生だった、ですよ。あ、NUMBER GIRLの透明少女の替え歌です。


そんなわけで、今日は良い散歩でした。同じような道ばっか歩いてるとマンネリになってきて、全然楽しくなくなるからね。

気候も良かったね。いい感じで涼しくて、ちょっと早歩きしても汗はかかない感じ。

まぁこういう過ごしやすい気候が当然一番いいんだけど、結局小中学生の頃を思い出すのは夏の暑い日なんだよね。
暑いのって本当に嫌だけど、どうしても夏休みの楽しかった思い出が蘇ってきて、不思議と嫌じゃなく感じちゃうんだよな~。

でも、過ごしやすい気候がいいことに変わりはないけども!

それに、俺の夏休みはほとんど家でパソコンいじるか古本屋行くかみたいな日々の繰り返しだけど。


だけど、そんな何気ない日常が俺のかけがえない青春だったんだ!

あー、あの日々よ!戻ってきておくれ!

桃色作戦

なんか何もしないうちにどんどん時間が過ぎていきます。

部屋の片付けと整理も大して進んでないし、美術専門学校に入るにあたって準備しようと思ってたことも何もしてないし。

今、画材等のカタログが来てて、どれを買うか選ばないといけないんですが、それすら後回しになっていたりしてもうひどい有様です。
そういう作業を後回しにして何をしているかというと、特に何もしていないのでもう本当にひどい有様としか言いようがありませんね。


そもそも、入学式にスーツを着ていくべきなのかどうかもよく分からないんですよ。

普通だったら専門学校の入学式でも普通にスーツが当たり前な気がするんですが、美術だとそこら辺もどうなんだ?という。

で、入学する専門のブログとかを遡って読んでたりすると、入学式に普通の服着て来てる人が映ってるように見えるし…
スーツを着て行くことが悪いわけはないんですが、周りがほとんど普通の服で正装が浮くのは怖い。

思えば中学の入学式、学ランが黒だから靴も色を合わせたほうがいいと思ってテッカテカの黒の靴を履いていったら、ほぼ全員白とかの靴を履いてきていました。

黒の靴を履いてきてた数人とは妙な結束力がその場で出来上がりましたが、あぁいう場でファッションで妙に浮くのって怖いですよね。
冠婚葬祭であるとか、そういう行事ごとの時に浮いた服装をしていると本当に恥ずかしいのは羞恥の事実(周知の事実ではなく)です。

どうすりゃいいんだ!と悩みますね。最悪、スーツで行って鞄の中に普段着てる上着でも入れとけば乗り切れるかな。
上着だけ普通だともっと浮くんですかね。それならいっそ、スーツで押し通す予定!(ベッキー)状態のほうがいいんでしょうか。


因みに入学式は12日。木曜です。
ちょっと遅いので、桜は当然完全に散っていると思います。既に散ってるし、今日の強風で完全にオワタと思います。最近みんなオワタって使わなくなったね~。

今日の強風は凄かったね。ここ近年、自分が外で歩いてた中で一番ぐらいに吹いてた。ブワャャャ!!って感じでバカ吹いてた。

新生活、どうなっていくんだって感じですが、あんまり根詰めずマイペースに楽しんでいこうと思います…
あ、別に一人暮らししない場合でも新生活って言うんですかね?

劇的連絡

最近連日ブログ書いてるな。
今日は短め。

昨日連絡を取った小中時代の同級生の仲介で、めちゃくちゃ久しぶりに幼稚園が一緒で、中学高校も一緒だった女子と連絡が取れた。
高一にLINE交換して、そのあと機種変時にsheのアカウントが消えてしまったらしく、連絡が途絶えてしまっていたので、ホントによかった。懐かしい。

勇気を出して行動に移せば、思った以上にあっさりと状況は変わる。

LINE交換ってちょっと躊躇いもあるけど、勇気を出してみるべきだ!
コミュニケーションは本当に大事。それが改めてわかった。

特に元同級生との連絡は大事だな。

花粉症がひどくて食欲もなくて体調的にはすこぶる悪いけど、今めちゃくちゃ楽しいです。

後悔の念に駆られ、暫く立ち直れないかもしれないと思っていた数日間でしたが、たった一日で状況が変化して最高です。


もう自分がやり直すチャンスは無いのかもしれないなんて思ったけど、まだまだこれからですね。

神様、本当にありがとうございます。俺、がんばります。見ててください!きっと失ってしまった青春を取り戻しますから!

懐古しつつ未来見

久しぶりに早起きした。

いつも土曜の夜はエレ片のラジオを聴いて寝る。これはもう習慣。厳密に言えば土曜じゃなく日曜に入ってる時間で、1時から3時のラジオだから、寝るのはいつも3時の後。
自分は寝付くのも遅い方で、大概布団に入ってから30分から一時間ぐらいかかる。つまり寝付くのは3時半から4時。

だから日曜はいつも昼頃に起きる。
でも今日は8時前に起きた。つまり4時間ぐらいしか寝てないということになる。

いつもなら二度寝するけど、ここ数日の俺の情緒は昔を懐古する状態になっていて、突然中学校の辺りを歩きたくなった。

久しぶりに朝散歩。

朝の空気は気持ちいい。昔は朝に外に出るのがめちゃくちゃ憂鬱だったけど、今思うとこんなに晴れやかなものがなんでメランコリーに繋がるのかって感じ。

自分の家から中学校は近い。数分で行ける。因みに小学校はもっと近かった。
だから別に行こうと思わなくても普通に中学校の前通ることもあるんだけど、今回は記録に残すために家から中学までの往路をiPhoneで動画に収めることにした。

田舎だから、町の風景がガラッと変わることも早々ないだろうけど、今のうちに映像として残しておいたほうがいいかなーと思って。
幸い日曜の朝という状況柄、人通りも少なかったので、動画を撮りながら中学校に行った。

懐かしい。あー懐かしい。朝に眠気まなこで学校に向かう時の風景も、学校が終わって友達と駄弁りながら帰路につく風景も、昨日のように憶えてる。


午後もあてもなく無駄に歩いた。久しぶりに歩いた場所もあったけど、あんまり変わってなくて安心した。

ただ、友達の家がどこにあるかってすっかり忘れてるなー。
もともと友達の家に遊びに行く柄でもなかったから、外観も忘れてるし、場所をふわっと憶えてる程度の家がほとんどだなー。

見当のつく場所で表札を一つ一つチェックし出したら流石に終わりだと思うので、偶然の発見を期待しつつ歩いた。
結局、全然見つけられなかった。何個か知ってる家はあるけどね。

ていうか、仮に家を見つけられても4月から上京する人も多いだろうからもうわかんなくなっちゃうなー。あー、皆地元を大切にしてよー。

でも自分の住んでるところは上京するには微妙な位置の田舎なんですよね。どうなんだろう?
ホントに田舎で大したものないけど、クソ田舎でもないし、且つ東京もそこまで遠くないので上京するほどでもないというか…難しいところだ。


何にしても、後悔しまくっても仕方が無いので専門学校での華やかな活躍を見据えて頑張ろう!

今、久しぶりに昔の友達とLINEでやり取りしててちょっと嬉しい!

卒業と後悔とこれからと

昨日の記事の続きになります。


昨日言った通り、今日高校に行ってきました。

そして、高校を卒業してきました。


正直、後悔ばかりしています。

かけがえのない青春の時期を、「なんとなく」で棒に振ってしまった事。
この後悔は、これからどんなに華やかで素晴らしい人生を送ろうとも、一生ついて回るのだろうと思います。

だけど、不幸中の幸いだったのは、すんでのところで学校に行くということの意義に気付けた事。

今日物凄く久しぶりに学校に足を運んだけれど、それはあまりにも簡単なことだったし、簡単すぎて拍子抜けしてしまうぐらいだった。
もう終わりだから、というのもあるかもしれないけど、度を超えた緊張しいである自分が今日ばかりは全く緊張しなかった。

そして思うのは、こんなに学校に行くことが簡単で緊張しないことなのだったら、何故もっと行かなかったのだろうということ。
今回けじめを付けた代償というか、後悔を断つためにさらに大きい後悔を背負ってしまった感じだ。

でも、たぶん学校に行かないまま卒業を迎えたりしていたら、もっと後悔していただろう。

今は達成感よりも今までの後悔の方が大きいけど、きっといつか「せめて最後だけでも学校に行って良かった」と心の底から思える日が来るはずだし、この経験がこれからの人生に活かされるのだと思う。
今まで棒に振った日々は戻ってこないけど、これからの人生で少しくらいなら穴埋めできると思う。穴埋めできなかった後悔も、ある意味大事な思い出の一つになることだろう。


本当に高校生活、いや中学の頃から色々やり直したいし、もっと言えば小学三年生辺りからやり直したい。あの辺りから、自分は曲がった方向に行ってしまった。
虐げられていたわけでもなく、避けられていたわけでもない。そんな恵まれた環境を上手く生きられなかった自分は本当にダメ人間だ。

あの頃仲良くしていた人たちには本当に感謝しかないし、今でもたまに夢に出てくるぐらいはっきり覚えている。
皆より学校に行ってないぶん、一つ一つの思い出は色濃く覚えている。今考えればつまらないようなこともその頃は凄く面白くて、それが凄く今になって愛おしい。

あの頃の皆と連絡が取りたい。ああ、何処かでまた巡り合えないかな。巡り合えないなら巡り合ってやる。きっとリターンはいつかやってくる。

今でも自分は中学生の頃のまま取り残されている。皆大人になったかな。でもきっと、中学生の心は消えてない筈だ。
正直あの頃の同級生たち、自分のことなんて忘れてる人も多いと思うけど、いつか何処かで再会したいよな。


4月から専門学生だ。

もう後戻りできない。これ以上後悔はしたくない。だから、今回こそは全力で楽しんで全力で謳歌してやろうと思う。

思えば、中学に入った頃も「小学校の遅れを取り戻そう」と思ったけど結局休みがちになってしまって、高校に入った頃も「通信制なら大丈夫だ」と思ったけど結局不登校気質は治ることはなかった。
もうこんな事を繰り返すのはごめんだ。今度こそ断ち切らないと。ここで断ち切れなかったらもう後がない。

だけど、だからといって頑張りすぎるのも良くない。気合を入れすぎることが裏目に出るというのは、中学の頃から認識済みの性格だ。

なるべく根詰め過ぎず、ちょっとずつ取り戻していこう。専門学校は自分の好きなことを追求できるし、融通も利きそうな学校だ。

とりあえず、楽しむことを考えよう。
今まで、そこにあまり気付けなかった。自分が楽しいと思える人生を歩めばいいだけだ。そしてその答えが今は学校に行くことになったのだから、全力で楽しもう。


中学校生活を十分謳歌できなかった自分は、未だに中学生のままの心でいる。そして、それでいい。中学生の心を一生保ちながら生きていこうと思う。
結局、中学生の心が一番大切なんだよ。このストレス社会の中で、中学生の生き方をなぞる事が実は何よりも大切なんじゃないかな。

色々書いたけど、何にせよ高校卒業。

今はただただ全てに感謝です。

懺悔

ブログとかTwitterとかで、なんとなく有耶無耶にしていたけど、正直学校は不登校がちな人間でした。

小学校の途中辺りから、学校行事もあまり出ていなかったり、全く学校に行っていなかった空白期間だらけです。

一応、自律神経失調症という一つの病気みたいな感じで、朝起きるのが不自由なために小学校の頃はたびたび遅刻して登校したりいたりしました。
でもそれも、実は心の奥底には「学校に行きたくない」という感情があったりして、身体の病気と言うより心の病気に近かったように思います。

その時は、家で遊んでるほうが楽しいと思ってたし、出不精で人見知りな自分にとって外で人とコミュニケーションを取ることはどうもストレスになりがちで避けてばかりでした。


そのままズルズルと進んで、高校もあまり行けなかった。でも、正直もうそれでいいとも思ってました。

そんな中で、昨日今まで高校から月一で送られてきた学校通信のプリントをまとめ、気まぐれでそのプリントを順番に眺めていました。

すると、楽しそうにスクーリングをこなしたり旅行に行ったりする同級生たちの姿。
今まではっきり見ていなかったそれが、突然輝いて見えた。同時に、なんでこんな楽しそうな空間に自分がほとんど映っていないんだと思うと、後悔の念に苛まれるのだった。

気付いた時にはもう遅い。全ては後の祭りだった。

今思えば、小学校の頃。軽い気持ちであまり学校に行かなくなって、そのまま中学校でも休み休みの日々が続いた。
何が嫌だったのかと問われると、はっきりと答えられない。何かが嫌だったんだろうけど、それが何か分からないし、今考えれば何が嫌だったわけでもないのかもしれない。

一度休んでしまうと、周りの目が気になってしまう自分の性格的に、そのまま怖くて行けなくなってしまうのだった。

小学校を卒業して、中学校は心機一転頑張ろうと思った。現に、最初の数ヶ月は毎日学校に行って、授業もしっかり受ければ部活もしっかりこなし、友達とのコミュニケーションも本当に楽しかった。

それなのに、「なんとなく」で行かなくなった。

中学校は、大概小学校の時の同級生と一緒だった。だから小学校の頃の自分を知ってる人は、そんな自分の様子を別に奇妙に思うこともなかったのかもしれないけど、別の小学校からやってきた人が何を思うのだろうと考えると怖くて不安になっていった。

自分がそういう性格だと知っていても、「なんとなく」で休んでしまう。
その結果、人生の有数の思い出になり得たであろう中学の修学旅行といった行事にも参加することができなかった。


そして高校は、実は通信制を選択していた。不登校の人が集まる学校だから、これなら大丈夫だろうと思った。

だけどそれもあまり行けなくなってしまった。周りは元不登校ばかりだから、皆勝手が分かってる筈だ。そう自分に言い聞かせても休む期間が空けば空くほど比例するように周りに何を思われるかという不安が倍増した。

もうなるべく学校の事は考えないようにした。

そして、結局高校の卒業式に出ることも出来ず、後日登校して卒業するという事になった。
それが明日だ。正直、行かなくても卒業は出来るという話だったから、もう行ってストレスが溜まるくらいなら行かなくてもいいかと考えていた。

でも、昨日の夜突然考えが変わった。

今まで、何故学校に行かなかったのだろう。

後悔しても後悔したりないほどに、色々な損をしてきた。もう二度と戻ってこない青春を、「なんとなく」で捨ててしまった。
勿論青春は人それぞれで、自分にだって青春と呼べる時期はあったけど。でも、皆みたいな青春を送ってみたかった。

明日、自分は学校に行って卒業をしてこようと思う。
普通の人からすれば至極当たり前なことだけれど、高校の卒業式に出ることができなかった自分にとっては、これから専門生になるための試練だと思う。

専門学校は本当に自分の好きな事だけを追求する場だ。特に自分が選択した専門学校はその色が強い。
だから、今回こそ絶対にやり遂げよう。逃げるの無し。もう後から悔やむような事は絶対にしないと心に誓う。


学校に行かなかった自分だけど、だからこそ普通の人が体験したことないような事も体験した。

中学校の時、夕方から学校に行く際に、当時の担任の先生の車に乗せてもらって学校に連れて行ってもらった。
学校に先生の車で送迎された奴なんて早々居ないと思う。その時の担任の先生は本当に優しくて感謝しかないし、同時に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

恩返しするためにも、自分のためにも、これから自分は納得の行く満足の人生を歩みたいと思っている。

いつかはあの頃駄弁ってた人たちとも再会したい。
Twitterでちょこっと調べたら皆大人になっていて、取り残されたのは自分だけだったみたいだ。自分だけ中学生の頃のままだ。

ならば、自分はそれを武器にするしかない。
一生中学生のまま生きる。あまり登校できなかったけど、中学校が一番楽しかった。だから、もっと満喫するために一生中学生でいようと思う。

とりあえず、けじめを付けるために。
明日という人生を、頑張ります。

三寒四温で暗槓しよう

あたたかい!というか暑い!

暑い!順平の誕生日暑いんだよ!

さぁ、雑なネタを放り込んだところで、別に「暑い」以外に書く事は特にないことをここでお伝えしておきます。
とにかく暑い。突然暑いので参っちゃう。ただそれだけ。


気温はもっとグラデーションにしてほしい。
徐々に暑くなる、そして徐々に寒くなる。そうすりゃいいのに、突然暑い日があったり突然寒い日があったりするから体調おかしくなるんだよ。ふざけやがって!気温。

今日サイゼリヤで、いつもなら普通に完食できる柔らかチキンのチーズ焼き&チョリソーで信じられないぐらい腹パンパンになったのも、絶対気温のせいだと思う。夏バテ一歩手前みたいなやつ。

夏になるとホントに飯が食べられなくなる。アレは本当に困る。いっぱい食べたいという気持ちとは裏腹に、全然食べさせてくれない身体。

たぶん自分は相当気温の変化に体調を左右される人間なんだと思う。

最近は“春眠暁を覚えず”ということなのか、やたら眠い。二度寝が半端じゃない。なんだったら、二度寝をし終えた後のほうが眠い。
とにかく永久的に眠い。12時間寝ても飽き足らない眠さ。なんだけど、なんせ夜型人間だから夜はいつになっても眠くならない。朝眠くなくて夜眠くなる、なんでそんな簡単なことが出来ないんだ俺の脳は。

それでも最近は割とよくなったほうで、ちょっと前は毎日のように布団に入ってから寝付くまで2時間近くかかる時があった。
最近はハナから床に就いたら考え事をすると決めている。「寝よう、寝よう」と思えば思う程、かえって眠れなくなるという事が分かったので。自分は横になりながら考え事をしてたほうが眠くなりやすい。

なので、基本的にアイディアが思いつくタイミングが寝るときになりつつある。
あとは歩いてる時かな。色々な物が目に映るので、自然と面白いことが思いつきやすくなる。まぁ、思いついたところで今のところ全く形にしてないんだけど。いずれなるだろう。

4月から美術専門生。色々と面白いことを形にしていこう。

わたしたちの歩き方で

3月になっちまいました。
2月全然ブログ更新しなかったね。ただでさえ短いのに、例年以上に特にこれといって何もしなかった2月でした。

もう花粉症の波が着てます。

ここ数日もう目がめちゃくちゃ痒くて、今日目覚めたら鼻がムズムズする。もうこれは鼻が詰まる前兆だ!と思い薬を飲む。
その結果、目の痒みや鼻のジュクジュク感は無くなったけど、薬の副作用なのか一日中スーパー眠くてスーパーかったるかったですわ。

食欲も大して出ねえし。ホント花粉症とか風邪とか嫌。
世界中の善良の市民がかかった花粉症を全て集めて、クソみたいな元国会議員の炎上タレントとかに注入したいですわ。

マジで花粉症とかインフルエンザとか、悪い事したやつだけなれよ!ふざけやがって。俺が神様に成り代わって因果応報の何たるかを決めたいぐらいだ。

インフルエンザとか、曲がり角を前後左右確認も何もせずに自転車で全速力で曲がってきやがる馬鹿が率先してなれ!

あと、Twitterだのヤフコメだのに地獄みたいな文句書いてるやつとか。
何が気に食わないのか、にゃんこスターに未だに粘着して叩いてるやつとか、マジで顔に得体の知れない吹き出物とかできてほしい。

あ、この文章だけ見るとさぞ怒りのエンジンかかってるんだろうなとお思いかもしれませんが、意外と今冷静です。そこまで怒ってもなく、冷静に書いてます。本当に腹立ってる時は、こういう事すら書けないのです。


最後に。

馬喰町バンド「わたしたち」、良い曲ですね。何拍子なんだろ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE