カウンター

プロフィール

聖徳TAISHI

Author:聖徳TAISHI
聖徳TAISHIです。ニコニコ動画で実況をしています。
エレ片とエレキコミックとラーメンズとサニーデイ・サービスとKANA-BOONとクリープハイプが好きな人。
気まぐれにブログ更新してます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクはフリーです。お気軽に。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

DVD『カジャラ #1 大人たるもの』・CD『カジャラの音楽』感想

カジャラの『#1 大人たるもの』のDVDが今日やっと届いた。
CDである『カジャラの音楽』は一昨日届いた。

値段の問題で、DVDはAmazonで、CDはJoshinで買った。
Joshinは発売一日前に届き、Amazonは発売一日後に届く。うーん、この差。

まぁいいや。
映像も音楽も、しっかりと鑑賞いたしました。


とにかく、DVDで見ると改めて作品の緻密さがうかがえた。

しっかり作り込まれたコントは勿論のこと、幕間の統率の取れっぷりも凄い。
コントで使用した小道具及び大道具はメンバーと一人の黒子が片付けるのだけど、その動作がしっかりと決まっているのが面白い。

劇場で見たときも凄いと思ったが、DVDで見るとより分かる。
コントに関しては、劇場で生で目撃するのが一番だけど、勿論DVDで見るのも最高です。
小林賢太郎の久しぶりのガチコントがしっかりと楽しめるね。

正直生で見たときはあまりピンとこないコントも幾つかあったんだけど、DVDで改めて確認するとなんだかんだ笑えた。
特に、「山小屋における同ポジ多重コント」はだいぶ評価が変わった。

しかし、今作のコントタイトル結構ふざけている。
医者コント群も「頭蓋骨」、「BSのドラマみたいな男たち」などというネーミング。
なんとなく初期ラーメンズを匂わせる雰囲気が漂っていて良い。


そして、DVDで見てもやはりベストコントは「カドマツ君」だな。
このコント、キクハシ君とトリカワ君が大活躍するコントなんだけど、コントタイトルはまさかの「カドマツ君」なのは笑ってしまった。

小林賢太郎のコント史上、ここまで「イケてる」と「イケてない」をピックアップしたコントがあっただろうか?
どこかエレ片のような香りを匂わせつつ、バッドエンドを迎えず丸く収まる。

カドマツ君はとにかくカースト上位のイケてるやつ。
女子と平気で喋れるし、二人きりになってもなんてことない。
ネット用語でいうところの「陽キャ」みたいな存在だ。

それに対して、キクハシ君とカドマツ君。
こいつらは、ネット用語でいうところの「陰キャ」グループに近いか?

キクハシ君はちょっとバカなやつで文化系、インドアな感じ。
そしてなんといっても目玉キャラのトリカワ君はネット界隈でそこそこ名を馳せる絵師!
PCにも精通していて、喋り方からも滲み出しすぎるオタクっぷり。

水と油に思われる二つの部類だが、同会社、同年齢などという点から巡り合う。
こういうことは、現実でも本当によくある。そして、そこで陰キャは陽キャのその陽キャっぷりを目の当たりにして自己嫌悪に浸ってしまう。

そんな感じで、関係性や話の流れがとにかくリアルなのだ。
台詞の一つ一つ、動作の一個一個がスムーズに脳を刺激してくれる。

最後には、沖縄料理屋の店員のエールを受けて果敢に立ち向かうトリカワ君。
今まで小林賢太郎作品では味わったことのない、“別種類の感動”を覚えた。


そういえば、カジャラを生で観に行ったとき、サニーデイ・サービスの『DANCE TO YOU』にドハマりしている時期だった。
「カドマツ君」を観ているとき、何故か脳内には微かに「桜 super love」が流れていた。

ストーリーと歌詞、全然関連性は無い。
でもなんとなく紐づけられてしまう。

「桜 super love」が持つキラキラ感、そして春の到来を思わせる前向きでありながら切なくほろ苦い作品性がどことなくマッチしている。
そんなわけで、「カドマツ君」も「桜 super love」も最高に好きだ。

しかも「桜 super love」ガシングルカットされ、カジャラのDVD&CDと全く同じ日に発売されたというのだから、何か運命を感じてしまうよ。
「桜 super love」のレビューも近日中に書きますんで。よろしくー。


さて、DVDを観たあとは一昨日届いたCD。
DVDを観てから聴こう、と二日間封印しておりました。

徳澤青弦氏が作り出す音楽、何故ここまで奇想天外で幻想的なのか?
本当に面白い音楽を作るなあ。本当に小林賢太郎にぴったりだ。

「カジャラのテーマ」はアジアンチックな雰囲気の楽曲。
カジャラの楽曲群はアジアンテイストでエスニックなものが多い。
それらを束ねるこの「カジャラのテーマ」は、独特な圧倒感がある。

このCDには「カジャワ・カジャラン第○番」という作品番号が振り分けられた謎の楽曲群が存在していて、これらも皆アジアンな雰囲気。
コントとコントとの間、“幕間”を盛り上げる良音楽。

その他にも、ジャズの雰囲気漂う独特な楽曲が収録されている。
劇中では一ヵ所が延々とループしているものを使用していたけど、「こうやって展開していくんだ」と楽しめた。

徳澤青弦氏らしい、面白おかしくて良い音楽集でした。
「ラーメンズサントラ Vol.2」も待ってます。

ラーメンズの幕間音楽は、「TEXT」以前はDVDだと「鯨」以外は数秒しか味わえなかったからねー。
早くそれらがどのように続くのかが聴きたいですねえ。



ということで、DVDもCDも最高でござんした。

カジャラ#2は生鑑賞を断念したけれど、行けばよかったかなーとも若干後悔。
やっぱり個人的には片桐くんが出ている公演に行きたいかなーなんて。

でもDVDが出たら迷わず買うので、今から楽しみに待つばかりです。
進化と変化を遂げていく、今後の小林賢太郎の活動が楽しみです。
あと、「ラーメンズサントラVol.2」も本当に頼む!Vol.3もな!



PS. ずっと「キクハシ」だと思ってた片桐さんの役名は、「低橋」と書いて「ヒクハシ」の模様。
「高橋」の逆の「低橋」かー、コバケンやるなぁ。キクハシでも良い苗字だったが、ヒクハシはヒクハシでコバケンらしい良い苗字。
スポンサーサイト

ワイドナ片桐

片桐くんがワイドナショーに出た。
少なくとも、去年の今頃ならば有り得ない夢物語だっただろうな。

ほんと、「99.9」が大きなターニングポイントになったんだな。
個性派俳優として多くの人に認知してもらって、一応“有名人”というものに片足ぐらいは突っ込むことができたのでは…と。

“自分が好きなものが有名になる”という事に対して、自分は抵抗が無い。
よく言うじゃないですか、「あの人メジャーになっちゃったな」とかって。
自分は、好きなものはとことんメジャーになってほしいタイプなので、今の片桐仁の状況は本当に嬉しいし、今後はさらに突っ込まれてエレ片でよく出す面も出してほしい。

そういう意味では、この前のA-studio良かったね。
ラーメンズの話もしっかりとした上に、エレキコミックの証言で片桐さんの正体を暴いていく光景はとても愉快だった。

今までのテレビ出演で、一番評判良かったんじゃないかなぁ。
ラーメンズファンにとっても、エレ片ファンにとっても最高だったと思う。カジャラの写真も出たしなー、DVD化待ち遠しいよ。


さて、気付いたら話がA-studio出演に逸れてしまいましたが、今回言いたかったのはワイドナショー出演ですよ。

先週、起きたらTwitterでそれを知ってビックリ。
録画したワイドナショーを観たら、本当に最後に“片桐仁”の名前が出てやっぱりビックリ。
そして一週間、今日の放送が始まるに至るまで全く信じられなかった。

信じられなかった理由は、ダウンタウンとラーメンズの無縁さに尽きる。

いや、小川菜摘がコバケン好きで、浜ちゃんから花が来てた?的な話は聞いたことあるので、完全なる無縁ではないけどさ。
でも、松ちゃんとラーメンズに関しては関係性が皆無というか。
唯一の関連は、放送室で高須がラーメンズの名前を出した時に松ちゃんが「ラーメンズはあんま知らんけど」と言ったぐらいだ。

いや、正直もしかしたら、片桐さんがプチブレイクしたことでダウンタウンとの共演もあるかな、とは思った。
でも、それは例えばダウンタウンDXとか…そういう番組だと思ったんだよ。
ワイドナショーは管轄外だった。毎週観てるけど、出るとは思ってもみなかった。

だって、片桐さんとコメンテーターという存在が無縁だから。
世間知らずで流行りのニュースも知らないような片桐さんが、タイムリーなニュースばかりを取り上げてわいわい喋る番組に出るなんて。


とにかく色々と信じられなかったが、信じられないうちに今日が来た。

楽しみにしてたんだろうか、いつもならエレ片聴いてから3時に寝て11時ぐらい起きるのに、今日は9時半にスッと起きた。
とにかく眠かったので、きっかり10時まで布団の中で目を瞑った。

そして10時。
ワイドナショーがいつものようにスタートした。

松本人志の横に片桐仁がいた。
夢なのかと思った。10時まで寝ようと思って、気付いたら夢を見てたのかと。
でも現実だった。頬をつねらずとも、はっきりと現実だということはわかる。

そして1時間15分、片桐仁はずーっと居た。

ワイプに映る、ポカンとしないように口をしっかり閉じる片桐さんが滑稽だった。
そしてそれなりに喋った。嫁さんのことも喋ったし、鯛Phoneもややあざとめに登場した。

そして、ジミー・ペイジのニュースでしっかり「エレ片in両国国技館」のことも喋ってて、しかもちゃんと放送されていて嬉しかった。
やついさんの名前も出て、しっかりとやついさんの写真が出た。
「ガラガラの写真を見せられて震え上がった」って話、このライブの写真の話だったのか。


そんなわけで、良かった。うん、良かった。
ラーメンズのことや俳優業のことが触れられなかったのはいささか残念だったが、エレ片の話題が微量ながら出たことが幸甚。
今度はダウンタウン二人との共演があれば良いな、と思った。

秋元アナは本当に離婚協議中なんだなと思った。

カジャラ#1『大人たるもの』感想

カジャラによるコントライブ、『大人たるもの』。
神奈川公演8月20日昼の部見てまいりました。

とうとう、小林賢太郎と片桐仁が同じ舞台に立つ日を拝むことが出来ました。
もしかしたら一生ないかも、と思っていただけに感動も一入です。

久しぶりの舞台共演はラーメンズという形ではありません。
「カジャラ」という五人の変な大人によるコント集団。
「GOLDEN BALLS LIVE」と同じような位置づけと考えれば良いでしょう。


とにかく、賢太郎氏のコント!って感じのコントを見るのは、僕はコレが初めて。
しかも片桐もいるし!さらには三人の精鋭もいて、もう大変です。

どうしても見たかったため、倍率の低い東京公演を諦め神奈川公演を選択。
無事チケットをゲット。そして、とうとう今日がやってきたというわけです。
果たしてどんなことになってるのか?期待と不安入り混じりますね。


というわけで、追記にて感想です。
ネタバレが含まれるため、未見の方は絶対に見ない方がいいシステムになっているので、見ない方がいいと思います。






続きを読む »

カジャラ当選

カジャラ。
二次プレオーダー、当たったー!!!


そういえばカジャラの話をブログではしてなかったね。
改めて、色々と書きます。

カジャラとは。
小林賢太郎が立ち上げた謎のコント集団。
そのメンバーの一人に、なんとあの片桐仁が!

ここ7年なりを潜めていたラーメンズがここで揃うという事で、ラーメンズ好き、略してラーメン好き(意味が変わるし略せてない)達は騒然。


そんなカジャラの第一回公演『大人たるもの』が夏に開催。
というわけで僕は一次プレオーダーで東京公演を予約。
しかし!完全に落ちてしまったのだった!

小林賢太郎が絡むと、こんなにチケット争奪戦になってしまうのか!?

「果たしてチケットは取れるのか?」という一抹の不安が頭をよぎる中、色々と情報を調べていると…
なんと、東京公演は皆落ちまくってるのに、横浜公演は皆当選してるではないか!

いったい何が起こってるんだ!?僕は情報を調べる
すると驚愕の事実が大発覚!

なんと、横浜公演が行われる劇場「KAAT神奈川芸術劇場」のキャパは、東京公演の劇場「東京グローブ座」の2倍!
しかも、横浜公演の公演数も東京公演の2倍!
つまり、横浜公演は東京公演の4倍もの人を集約できるのだ!

横浜公演は全くの盲点!
そっかー、皆東京公演だけじゃなく横浜公演も取ってるんだな~。

いやいや、感心してる場合じゃない!というわけで、二次プレオーダーは横浜公演を取る事に。
東京公演は当たらないだろうけど、もし当たっちゃったらという恐怖から取らない事に。
横浜公演が確実に当たる前提の考えだけど、その考えは正しかったはずです


そんなわけで、二次プレオーダーはなんとか当たったわけです。

神奈川ちょっと遠いけど、終盤だから東京より出来上がってると思う!
ちょっと遠いと言っても二時間ぐらいで行けるだろうし。

席は、一次の際はS席のみだったのですが、二次ではA席も売り出していたのでそっちに。
どこから見ても良いものは良いもの。
それなら安いほうがええやん!というケチ魂。

因みに今回、高校生以下チケットという高校生の自分にうってつけのチケットもあったんですが、それは取りませんでした。
理由は色々あるんですけども、面倒なので書きません。


何はともあれカジャラを観劇できます。
いやぁ、初めてラーメンズが舞台上で揃うのを生で目撃できる。
今週は小林賢太郎テレビ8もあるし、あー楽しみ

46

そういえば書いてなかったですが前回のTV Bros.はあの後普通に届きましたよ。

「なんで届かないんだ!」とかめちゃめちゃ書いてましたが
その次の日に普通に届いたので、後ろめたさに包まれました。

素晴らしい特集を組んでくれたTV Bros.さんアリガトウ!


そして、今日のTV Bros.にも特集が。
前回の続きが載ってるという事で今日のも買いました。

前回の反省を踏まえ、母親に買ってきてもらう事にしました。

で、TV Bros.の公式サイトを何の気なしに見たら、メンテナンスか何かで3日ほど開いてないらしかった。
明日からリニューアルオープン?するんだって。

これが先週だったら良かったなー。

これが先週だったら、はなから通販使えなかったわけだし。
通販で買わずに母親に買ってきてもらえば良かったんだよなー。
そしたら発売当日に、しかも送料の100円も払わず買えたんだなー。

結局、未だにちょっと引きずってるという。
100円って、案外大きいものなんですよ…


今週号のは、小林賢太郎テレビ特集は2Pだったんですが…
なんと、やつい氏とカリスマドットコムの対談が載ってました。
偶然です。知らなかった。

なんだか得した気分になりました。
この得した気分に100円を払ったと思えばいっかー。

100円の請い

TV bros.の今回号の表紙が、ラーメンズと大泉さん。
これは手に入れるしかない!と、僕は思った

最近、近くのスーパーにTV bros.がない。
そして、近くにあった本屋も最近になって潰れてしまった。

もしかして、近くでTV bros.を手に入れるのは不可能なのでは?と、不安がよぎった。


そこで、早めに手を打つことにした。

東京ニュース通信社のネット通販を利用して買う事にしたのだ。
送料も100円と比較的安めで、誰も立ち読みしていない新品の綺麗な雑誌が手に入るならコレのほうがいいんじゃね?と思い、通販を利用。
売り切れが怖かったので0時になってすぐに買った。

そしたら、まさかの近くのスーパーにTV bros.置いてた、っていう。
母親が買い物に行くときに見たら、普通に三冊ぐらいあったらしい。

よく考えたら僕はスーパーなんて土日しか行かない。
雑誌発売の水曜日当日に行った事がないので、てっきり仕入れてないもんだと思ってたら、単に土日に売り切れて無くなってただけの話だったらしい。

なんだよ、普通に近場で320円で買えたんじゃん!
無いだろうと思ってもう420円払って通販で買っちゃったよ。

…まぁいい。
100円を“誰の手垢もついていない雑誌を買う”代だと思えば!
言ったって潔癖症だし、やっぱ綺麗な雑誌欲しいしな!

あー早く届かないかなー!


…しかし、今現在、届いていない状況。
「送ってます」的なメールも来ていない模様。

え?いや、頼んでから2、3日で送れよ、とは言わないけど。
「送ってます」的なメールも来てないし、いつ届くんだ?
で、調べたら、なんと5~7日かかると判明。

めっちゃかかるやんけ!

予想以上にかかるんですよ、発送。

これだったら、多少誰かが触ってようがスーパーで買ってきてもらえばよかった!
潔癖症だっつったって、一時期ほどじゃないし、触れるし。

100円多めに払って、正規の値段で購入した人より遅く読まなきゃいけないっていう。

安いと思っていた100円が、急に高く思われてきました。
“誰の手垢もついていない雑誌を買う”代だっつったって、遅いからプラマイゼロだよ、バカ野郎この野郎。


というわけで、ひそかに憤慨しているわけですが。

今、文字にして書いていたら、「俺はなんでこんな小さい事で文句垂れてるんだ?」と悲しくなってきました。

東京ニュース通信社は何にも悪くないですよ。
俺の心がちっちゃいのが悪いので。

でも、早く送ってください。
待ちきれません。あと、100円多く払ってるし。

7年振りのラーメンズ

6月26日・小林賢太郎テレビ8。
なんとあの男が登場する。

モーストやらかシャス芸人・片桐仁!!!!!


とうとう、ラーメンズが揃うようです。“再結成”ですね。
実に7年振りの再結成という事で、Twitterはとんでもないお祭りムードになっております。
今日は東京五輪エンブレムの事もあった中、トレンドにてそれらの言葉と肩を並べるなど、ラーメンズがどれだけ待ち望みにされていたかが分かりますね。

さらに小林賢太郎テレビ5に登場した大泉洋さん、KKPでは常連だけどKKTVは初登場の久ヶ沢徹さんなど素晴らしきメンバーが勢揃い。
そして今回のKKTVの副題は「wonderland」。初の英語の上、比較的シンプルな副題だったのでびっくり。
小林賢太郎が今回はどんなものを作ってしまうのか。期待。

「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」感想

「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」の感想を。

小林賢太郎のソロパフォーマンス「ポツネン」。
その10年の集大成として産み落とされた作品が、「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」。

まず、今回の作品は今までの作品と決定的に異なる点が一つ。

今までのポツネンは、幾つかのコント群で構成された舞台だった。
そして、それが最後のコントでまとめていられたり…と。

今作は、そうではないのです。
今作は、ポツネン氏の日常をえがいた一本の劇。
一つ一つ自体はコントなのですが、それぞれすべてが一つの話として繋がっています。
初期の小林賢太郎テレビに近いかもしれませんね。


話をざっくりと説明すると、
左官工事を行っていたポツネン氏が蝶を見つけ、捕まえるべく画策する。
しかし蝶が全く捕まらないそんな中、昆虫ではない何かを見つけます。
その昆虫ではない何かと、奇妙で平凡な日々を過ごす…という物語。

昆虫ではない何かは劇中で成長し、球根のような可愛らしい生物になります。目が鼻兎に似ています。
初代ポツネンでの「ジョンと私」のジョンのポジションなのかな。

10年の集大成と銘打っただけに、これまでに小林賢太郎が培ってきた様々なテクニックがフルに活かされています。
パントマイムや手品は勿論のこと、映像を使った表現もたくさん。
P+でのネタや過去のネタも多く入っています。
小林賢太郎の絵も素晴らしく、作品の輪郭をはっきりさせています。

さらに今作では黒子(モンブランズ南大介)が登場。
球根ちゃんを操ったり、小林賢太郎とミニコントを演じたり大活躍。
まぁ、ソロパフォーマンスという文言から外れた感はありますが。笑


全体的な感想としては、良かった部分と悪かった部分があったと。

悪かった部分というのは、10年の集大成であるがために、過去の作品の焼き回し感が高いこと。
P+での仕掛けも多く、「手の冒険」は過去のhandmimeシリーズの総集編。
全体的に既視感を覚えるため、少々満足感に欠けます。

黒子とのコントは新鮮で面白かったです。
だけど、「ラーメンズをやってほしい」という気持ちがそれを上回ってしまう…。
勿論、南くんには南くんの良さがあるんですが。
ラーメンズのコントを見たいというのが、大多数のファンの本音じゃないかな。

でも悪かった部分というのはそれぐらいです。
焼き回し感が高いとはいえ物語自体が面白いので、スッと入れます。
クライマックスでは、感動と、それを上回る衝撃を受け手に与え、小林賢太郎らしく作品を締めています。
綺麗で不思議だけど、綺麗すぎず不思議すぎずといったような小林賢太郎らしさ。

小林賢太郎の絵は見ているだけで楽しいし、劇中の音楽も幾つかは新作があり、いわゆる「俺得」も多かったです。
最高傑作とは言えませんが、かなり質の高い作品に仕上がっています。


今回はあくまでも「10年の集大成」という位置づけだったので、
次は新たにやる事多めの作品になると思います。
今後の「ポツネン」に期待です。
あと、ラーメンズ第18回公演も、近々どうか…お願いします。サントラvol2もどうか。

小林賢太郎 42th Birthday

小林賢太郎氏の42回目の誕生日ですね。
厄年。さらに言うなら本厄。

気付けば小林賢太郎もそんな年なんだな。
ここ最近の写真とか見ても、「あ、オジサンだな」って。
思う時があるのは僕だけじゃないはず。

いや、仕方ないけどね。
老化は片桐仁よりはまだマシだと思うし。
あ、最初から酷いぶん片桐の老化の方がマシなんだろうか。

と、まぁ。悪口をちょいと吐いたところで。

次の小林賢太郎テレビ7も楽しみだね。
テレビもそうだけど、いくつになっても舞台に立ってほしいね。
そろそろラーメンズもやってほしいね。
「片桐さんが死ぬまでやり続ける」とか言ってたのを思い出してけろ。


小林賢太郎さん、誕生日おめでとうございます。

片桐仁、四十一。

今日、11月27日はラーメンズ片桐仁の誕生日でした。
……ええと、はっきり言って忘れてた。17時半に気づいた。

まぁ、オメデトウ!


特に言う事はなし。
強いていうなら、片桐前厄やね。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE